CONTROL SL 29 TORQUE TUBE WHEELSET CARB/BLK

  • 商品番号 : 30117-2309
  • モデルイヤー : 2018

PRODUCT DESCRIPTION / 商品説明

現代のホイールは、Torque Tubeを備えた新しいControl SL 29のようでなければならないのです。
ライダーたちに、ロックショックス RS-1とペアを組む究極のクロスカントリーホイールを作れないかと聞かれた時、彼らが特定の特性を望んでいることがよくわかりました。そのホイールは軽量で低慣性で、トラベルの短いレースバイクで岩や木の根に当たっても耐えるくらい強度が高く、最適なトラクションと転がり抵抗が得られるタイヤ断面形状になるよう幅がワイドでなければなりません。そんなホイールを作るのはかなりの難題です。
求められる設計要件をすべてクリアするために、まずTraverse SLリムを参考にし、重量を先代モデルのControl SL――既存のベンチマーク――と同じかそれ以下に保ちながらワイドリムのメリットを引き出せるかどうかを検討しました。望みのライド特性を出すのに理想的と考える幅に基づいて、剛性と重量と全体の乗り味が最適になるようリムの形状を調整していきます――高すぎればホイールの乗り味が硬くなり、浅すぎればたわみが大きくなってしまいます。SPECIALIZEDのエンジニアたちは慎重にリム形状の開発に打ち込み、完璧なバランスを持つ最適なジオメトリーを見出しました。それからさまざまなレイアップの手法と手順を微調整し、ついに内幅が25mmで先代のControl SLとほぼ同じ重さのリムを作り出したのです。
重量を増やさずに素材と幅を(正確には3mm)増やすことができ、より強度の高いXCホイールになりましたが、単に強度が増しただけで満足するSPECIALIZEDではありません。目標は市販品で最速のレース用ホイールセットですから、私たちは新しいリムと前のリムに2.0 Fast Trakタイヤを取り付け、20 PSIと30 PSIで転がり抵抗試験を行いました。すると、どちらのタイヤ圧でも新しい幅広のリムの方が速いことがわかりました。幅が広い方が強度が高いだけでなく速度も増すという、ラインワイド仮説の正しさが立証されたことになります。
■リムタイプ:カーボンクリンチャー、2Bliss Ready、Zero Bead Hook設計。ブラックのグラフィックの上にクリアコート。
■リム素材:カーボンファイバー
■リム幅:内幅25mm
■フロントスポークパターン:2クロス
■リアスポークパターン:3クロス(1:1)
■スポーク数:フロント24穴、リア28穴
■スポークタイプ:DTスイス・コンペティション レース
■ニップルタイプ:DTスイス・プロ・ロック 六角
■フロントハブ:スラム・プレディクティブ・ステアリング・スルーアクスルハブ。ロックショックスRS-1フォーク用。Torque Tube設計。
■リアハブ:CNC加工のアルミ合金製ボディ、高品質のDTスイス240インターナルと54 tクイックエンゲージメント・ラチェットシステムカセット。11速のスラム XX1フリーハブと142エンドキャップが付属。
■10速フリーハブボディ用に142ドライブサイド・エンドキャップが付属。フリーハブは別売。
■ベアリングタイプ:シールドカートリッジ
■組み立て方法:手組み
■可能な限り軽量のチューブレスセットアップのためのRoval Tubeless Plugと、チューブレスのセットアップを容易にするチューブレスバルブステムが付属
■ホイールセット総重量:1371g

Recently Viewed Item / 最近見た商品

カラー・サイズを選択してください。

カラー選択
サテンカーボンリム/サテンブラックデカール
サイズ選択
29"
29"
在庫 : 3

¥248,400(税込)

  • お気に入りに追加
  • この商品について問い合わせ