浴びすぎ注意!サイクリストで美容のエキスパートが教える日焼けについて

2015/06/30

浴びすぎ注意!サイクリストで美容のエキスパートが教える日焼けについて

紫陽花が咲く彩良い季節を抜ければ、夏はすぐそこです。晴れわたる青空の下でのサイクリングは最高ですが、暑さと、そして日焼けにはぜひ気をつけたいもの。

 ※旧ブログ 2015年6月30日掲載分より転載

スペシャライズド・ジャパン本社のあるここ神奈川県も梅雨まっただ中。紫陽花が咲く彩良い季節を抜ければ、夏はすぐそこです。晴れわたる青空の下でのサイクリングは最高ですが、暑さと、そして日焼けにはぜひ気をつけたいもの。

そこで今回は「日焼け」について、専門家にお話しを伺いました。解説していただくのは情熱的なサイクリストであり、形成外科医師である島中弘輔(しまなか こうすけ)先生です。

たかが日焼けと、甘く見てはいけません。重度の日焼けは強い痛みを伴い、皮膚ガンの発症に影響することもあるそうです。また、シミの原因にもなります。楽しくライドするために、しっかりした日焼け対策を学んで、夏本番に備えましょう!女性はもちろん、メンズも必見です。

スペシャライズド・ジャパン(以下、SJ)― まずは自己紹介をお願いします。

島中弘輔(以下、島中)― わたしは形成外科医師とし て、海老名総合病院にて形成外科部長、そして海老名メディカルサポートセンター美容医療センター センター長を務めています。一般形成外科では、外傷(熱傷、手外科、顔面骨骨折など)、体表の良性・悪性腫瘍、皮膚潰瘍、足壊疽、ケロイド、先天奇形、そ してレーザー治療から若返り手術など、いわゆる美容医療全般を手がけています。日本形成外科学会専門医、日本抗加齢医会専門医でもあります。