THE ALL-NEW CRUX すべてを一新したCruX(クラックス)

2017/11/20

THE ALL-NEW CRUX すべてを一新したCruX(クラックス)

グングンと前へ突き進み、砂浜でドリフトを決め、観客が思わずビールを浴びせたくなるバイクをあなたにお届けします。それがこの新型CruXです。

THE ALL-NEW CruX 〜すべてを一新したCruX〜

楽しく、クレイジーで、苦しい。シクロクロスをどう定義しようと、長い冬が訪れる前に素晴らしい時間を過ごせるものであることに間違いありません。そしてスペシャライズドは今シーズン、グングンと前へ突き進み、砂浜でドリフトを決め、観客が思わずビールを浴びせたくなるバイクをあなたにお届けします。それがこの新型CruXです。

S-Works CruXをチェックする>

CruX ELITEをチェックする>


シクロクロスバイクと言えばCruX

シクロクロスバイクを新たにデザインするとなった時、スペシャライズドはタイヤクリアランスを広げただけの「アドベンチャー」バイクを作るつもりはみじんもありませんでした。その代わりに、どのシクロクロスバイクにもない速さ、自信、軽さを備えた真のレースバイクを作りたかったのです。すでにワールドカップで何勝も挙げることで名の知れたCruXは、装いも新たにその伝説をさらに塗り替えていくことでしょう。

優れた走りと軽さ:秘訣はライダーファースト・エンジニアード™にあり

スペシャライズドのライダーファースト・エンジニアード™ フレームは、McLarenとの密接な関係から誕生。これはつまり、データ重視のデザインが採用されていることを意味します。そして驚くなかれ、新型CruXも例外ではありません。

スペシャライズドのエンジニアは、小さいフレームに乗るライダーが大きいフレームに乗るライダーと反対の走行特性を感じるということ、そしてその逆も然りということに気がつきました。たとえば、小さいフレームが平坦路で固く、コーナーでアンダーステアの傾向にあると感じられると、大きいフレームではその逆が感じられます。この違いを修正するには、フレームに掛かる力を数値化する精巧な測定機器が必要でした。これら測定機器を用いてフォーク、ステム、サドルに伝わる力、つまり、ありとあらゆる入出力を実際に測定。エンジニアたちは膨大なデータを手に入れ、改善策を生み出しました。

各フレームサイズのパフォーマンスを均一化させるべく、特定の性能目標を個別に設定。すべてのチューブサイズやカーボンレイアップを、集めたデータに基づいて各サイズに合わせて選びました。その結果、剛性、軽さ、応答性のバランスが、すべてのフレームで最高となりました。

ここから得られるものとはずばり、61cmや49cmなどのサイズに関わらず、あなたのために用意された世界最高の走りです。これが、ライダーファースト・エンジニアード™なのです。

ライダーファースト・エンジニアード™について詳しく読む>

以上のメリットだけでなく、フレーム重量も大幅に削減されており、新型CruXの重量は56cmでたった900グラム弱しかありません。旧フレームセットから、400グラム以上ものダイエットを果たしたのです。


シクロクロス専用の特徴

ジオメトリー:シクロクロスレースでは、コーナリングやシケインで勝敗が決まることがあるため、新型CruXはそれらを行いやすいジオメトリーを採用しています。コーナーやオフキャンバーセクションでの安定性を高めるべく、ボトムブラケットハイトを下げ、ヘッドアングルを立たせ、すばやいラインチェンジやコーナリング中のドリフトに今まで以上に対応しやすくなりました。

泥対策:フレームと33mm幅のタイヤ(CLX50に装着した場合)とのクリアランスは両側で8mmずつ。マッドコンディションでも泥が詰まらない余裕の広さを誇ります。

肩に担ぎやすいトップチューブ:新型CruXのトップチューブは底部が平らで、フロントトライアングルは大きく開いているので、シケインを飛び越え、階段を駆け上がる時でも肩に簡単に担げます。

新しいTerra Pro2Bliss Ready 700×33mm:泥だらけのコンディションでもグリップとスピードが得られる設計です。新しいトレッドパターンに加えて、素材には気温が下がってもソフトでしなやかな状態を保つSPECIALIZEDオリジナルのGRIPTONコンパウンドが使われています。さらにこの2Bliss Readyバージョンはグリップ力を高めるためにタイヤ圧を下げることができ、リム打ちパンクの心配がありません。

Terra Pro2Bliss Ready 700×33mmをチェックする>


最新規格

12x100/142 スルーアクスル:この前後アクスルの最新規格は、剛性を高めてより確実なハンドリングを可能にし、さらにホイール交換も簡単です。

1xおよび2x ドライブトレイン対応:新型CruXをさらに多才なバイクとするべく、ドライブトレインを1xまたは2xに設定でき、どんなレースコースでも最適のギア比が得られます。

フラットマウントディスクブレーキ:コンディションがウェットでもドライでも、ディスクブレーキが優れた制動力を発揮するのは事実です。そのため、どのモデルもディスクブレーキを搭載しています。しかしこれだけにとどまらず、新たなフラットマウント規格を採用。末長くお乗りいただけるフレームとなっています。

S-Works CruXをチェックする>
CruX ELITEをチェックする>

+++++++++++++++++++++

『Rapha Super Cross Nobeyama』にてウォームアップサポートを実施します。
期間:11月25日(土)、26日(日)
時間:各クラススタートの60分前より15分前まで。
資格:スペシャライズドバイクでご参加の方
場所:大会会場内スペシャライズドブース
サービス内容:テント内でのローラー台利用(メカニックサポートはございません。)
定員:各クラス2名様まで
料金:3000円
お申し込みはこちらをクリック:
Day1
Day2
※ご利用はお一人様につき1日1回、2日間計2回までとさせていただきます。

お問い合わせ:スペシャライズド・ジャパン SBCU 佐藤 046-297-4370(代表) 営業時間:10:00〜17:00(月〜金)

詳しくはこちら>
 

関連記事:
2018年モデルCruXユーザーの方に朗報です!「Rapha Super Cross Nobeyama」にてウォームアップサポートを実施!(2017年11月10日)
地獄に、気軽に、出かけてみよう(2016年4月6日)

2017/11/20

THE ALL-NEW CRUX すべてを一新したCruX(クラックス)

グングンと前へ突き進み、砂浜でドリフトを決め、観客が思わずビールを浴びせたくなるバイクをあなたにお届けします。それがこの新型CruXです。

THE ALL-NEW CRUX すべてを一新したCruX(クラックス)

THE ALL-NEW CruX 〜すべてを一新したCruX〜

楽しく、クレイジーで、苦しい。シクロクロスをどう定義しようと、長い冬が訪れる前に素晴らしい時間を過ごせるものであることに間違いありません。そしてスペシャライズドは今シーズン、グングンと前へ突き進み、砂浜でドリフトを決め、観客が思わずビールを浴びせたくなるバイクをあなたにお届けします。それがこの新型CruXです。

S-Works CruXをチェックする>

CruX ELITEをチェックする>


シクロクロスバイクと言えばCruX

シクロクロスバイクを新たにデザインするとなった時、スペシャライズドはタイヤクリアランスを広げただけの「アドベンチャー」バイクを作るつもりはみじんもありませんでした。その代わりに、どのシクロクロスバイクにもない速さ、自信、軽さを備えた真のレースバイクを作りたかったのです。すでにワールドカップで何勝も挙げることで名の知れたCruXは、装いも新たにその伝説をさらに塗り替えていくことでしょう。

優れた走りと軽さ:秘訣はライダーファースト・エンジニアード™にあり

スペシャライズドのライダーファースト・エンジニアード™ フレームは、McLarenとの密接な関係から誕生。これはつまり、データ重視のデザインが採用されていることを意味します。そして驚くなかれ、新型CruXも例外ではありません。

スペシャライズドのエンジニアは、小さいフレームに乗るライダーが大きいフレームに乗るライダーと反対の走行特性を感じるということ、そしてその逆も然りということに気がつきました。たとえば、小さいフレームが平坦路で固く、コーナーでアンダーステアの傾向にあると感じられると、大きいフレームではその逆が感じられます。この違いを修正するには、フレームに掛かる力を数値化する精巧な測定機器が必要でした。これら測定機器を用いてフォーク、ステム、サドルに伝わる力、つまり、ありとあらゆる入出力を実際に測定。エンジニアたちは膨大なデータを手に入れ、改善策を生み出しました。

各フレームサイズのパフォーマンスを均一化させるべく、特定の性能目標を個別に設定。すべてのチューブサイズやカーボンレイアップを、集めたデータに基づいて各サイズに合わせて選びました。その結果、剛性、軽さ、応答性のバランスが、すべてのフレームで最高となりました。

ここから得られるものとはずばり、61cmや49cmなどのサイズに関わらず、あなたのために用意された世界最高の走りです。これが、ライダーファースト・エンジニアード™なのです。

ライダーファースト・エンジニアード™について詳しく読む>

以上のメリットだけでなく、フレーム重量も大幅に削減されており、新型CruXの重量は56cmでたった900グラム弱しかありません。旧フレームセットから、400グラム以上ものダイエットを果たしたのです。


シクロクロス専用の特徴

ジオメトリー:シクロクロスレースでは、コーナリングやシケインで勝敗が決まることがあるため、新型CruXはそれらを行いやすいジオメトリーを採用しています。コーナーやオフキャンバーセクションでの安定性を高めるべく、ボトムブラケットハイトを下げ、ヘッドアングルを立たせ、すばやいラインチェンジやコーナリング中のドリフトに今まで以上に対応しやすくなりました。

泥対策:フレームと33mm幅のタイヤ(CLX50に装着した場合)とのクリアランスは両側で8mmずつ。マッドコンディションでも泥が詰まらない余裕の広さを誇ります。

肩に担ぎやすいトップチューブ:新型CruXのトップチューブは底部が平らで、フロントトライアングルは大きく開いているので、シケインを飛び越え、階段を駆け上がる時でも肩に簡単に担げます。

新しいTerra Pro2Bliss Ready 700×33mm:泥だらけのコンディションでもグリップとスピードが得られる設計です。新しいトレッドパターンに加えて、素材には気温が下がってもソフトでしなやかな状態を保つSPECIALIZEDオリジナルのGRIPTONコンパウンドが使われています。さらにこの2Bliss Readyバージョンはグリップ力を高めるためにタイヤ圧を下げることができ、リム打ちパンクの心配がありません。

Terra Pro2Bliss Ready 700×33mmをチェックする>


最新規格

12x100/142 スルーアクスル:この前後アクスルの最新規格は、剛性を高めてより確実なハンドリングを可能にし、さらにホイール交換も簡単です。

1xおよび2x ドライブトレイン対応:新型CruXをさらに多才なバイクとするべく、ドライブトレインを1xまたは2xに設定でき、どんなレースコースでも最適のギア比が得られます。

フラットマウントディスクブレーキ:コンディションがウェットでもドライでも、ディスクブレーキが優れた制動力を発揮するのは事実です。そのため、どのモデルもディスクブレーキを搭載しています。しかしこれだけにとどまらず、新たなフラットマウント規格を採用。末長くお乗りいただけるフレームとなっています。

S-Works CruXをチェックする>
CruX ELITEをチェックする>

+++++++++++++++++++++

『Rapha Super Cross Nobeyama』にてウォームアップサポートを実施します。
期間:11月25日(土)、26日(日)
時間:各クラススタートの60分前より15分前まで。
資格:スペシャライズドバイクでご参加の方
場所:大会会場内スペシャライズドブース
サービス内容:テント内でのローラー台利用(メカニックサポートはございません。)
定員:各クラス2名様まで
料金:3000円
お申し込みはこちらをクリック:
Day1
Day2
※ご利用はお一人様につき1日1回、2日間計2回までとさせていただきます。

お問い合わせ:スペシャライズド・ジャパン SBCU 佐藤 046-297-4370(代表) 営業時間:10:00〜17:00(月〜金)

詳しくはこちら>
 

関連記事:
2018年モデルCruXユーザーの方に朗報です!「Rapha Super Cross Nobeyama」にてウォームアップサポートを実施!(2017年11月10日)
地獄に、気軽に、出かけてみよう(2016年4月6日)

CALENDAR/カレンダー

<< 2017年12月 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

TAG/タグ

TAG/タグ