スペシャライズ道〜ロード用アパレル・前編〜こだわりぬいたジャージで快適なライドを!

2016/05/20

スペシャライズ道〜ロード用アパレル・前編〜こだわりぬいたジャージで快適なライドを!

スペシャライズドのロード用アパレルはとても機能的。自転車業界初心者のモモヨが丁寧にご紹介します。

皆さまこんにちは。
自転車業界初心者のモモヨが、一人前のスペシャライズド社員になるまでの道をお送りする「スペシャライズ道」。スペシャライズド製品について勉強しながら皆さまにご紹介できればと思います。

今回はロード用アパレルについて勉強しました。スペシャライズドの春夏アパレルはもうチェックされましたか?
豊富なカラー展開だけではなく、よく見るとたくさんの種類がありどれを選んだらいいのか解らない…といった方もいらっしゃるかもしれません。一つ一つご紹介します!

まずは、メンズのロード用アパレルについて。スペシャライズドでは以下の4モデルを展開しています。

@SL PRO JERSEY SHORT SLEEVE (税込み価格:16,200円)
 SL PRO BIB SHORT(税込み価格:20,520円)

SL PRO JERSEY SHORT SLEEVE をチェック> 
SL PRO BIB SHORT をチェック > 

ASL EXPERT JERSEY SHORT SLEEVE(税込み価格:14,040円)
 SL EXPERT BIB SHORT(税込み価格:17,280円)

SL EXPERT JERSEY SHORT SLEEVEをチェック >
SL EXPERT BIB SHORT をチェック > 

BRBX PRO JERSEY SHORT SLEEVE(税込み価格:15,120円)
 RBX PRO BIB SHORT(税込み価格:18,360円)

RBX PRO JERSEY SHORT SLEEVEをチェック >
RBX PRO BIB SHORT をチェック >     

CRBX DRIRELEASE MERINO JERSEY(税込み価格:12,960円)

RBX DRIRELEASE MERINO JERSEY をチェック > 
(こちらのモデルはボトムの販売はありません。)

まず、大きく分けるとSLタイプRBXタイプに分けることができます。
SLタイプはフォームフィット。体にぴったりとフィットし、「まるでスキンスーツを着ているかのよう!」(愛用中の社員談。)1秒を争うレース志向の方にはSLタイプがおすすめです。
RBXタイプはスタンダードフィット。フォームフィットと比べるとゆったりとしたシルエットです。こちらは長時間・長距離のライドでの快適性を求めたデザイン。タイムを気にせず楽しむライドの際にしっかりとサポートが欲しいときに最適です。ちなみに、RBXとはバイクの名前にもなっているRoubaix(ルーベ)の略です。

それでは、詳しく見ていきましょう。今回はSLタイプをご紹介します。
SLタイプにはSL ProSL Expertがあり、それぞれジャージとBibショーツがあります。

まずはジャージから。

○生地

SL ProSL Expertの両方とも、VaporRize™(ヴェイポライズ)生地を採用。蒸れを逃がし、汗を素早く蒸発させます。また、肌触りもなめらかで軽量。長時間のライドにも快適な着心地です。
また、日焼け防止素材のDeflect®UV 30によって紫外線をカット。日焼けから来る疲れも軽減できます。
ジッパーは下まで下げることができますので、速度が落ちて暑さを感じやすい上り坂では全開にして空気を通し、風を受ける下り坂ではジッパーを上げて風を防止することが可能です。

さらに、SL ProはCold Fabric(コールドファブリック)テクノロジーにより濃い色のジャージでも表面温度が高くなりません。

○ポケット

SL Proはリアポケットが3つあります。さらにファスナーのついたポケットもあり、お金やカギなど貴重品を守ります。そしてこのファスナー付きポケットは背中からの汗を通さない生地を使用しているので、スマートフォンなどの電子機器を収納できます。

SL Expertも同じく3つのリアポケットと、防汗ポケットが1つ付いています。ファスナーはありません。

 

○袖口

SL Proの袖口処理は縫製ではなくシームレスとなっています。そのためライド中に縫い目が擦れることがなく快適で、袖のばたつきがなく空気抵抗も低減されます。またよく伸びますので二の腕を締め付けられることもありません。

SL Expertの袖口は縫製タイプです。こちらも柔らかい糸が使用されておりよく伸びます。縫い目が固く、肌に触れる際に痛むということはありません。


(上がSL Pro、下がSL Expertです。)

実際の着心地はどうでしょうか?スペシャライズドのジャージを愛してやまないマーケティング部のT郎さんにお聞きしました。T郎さん、スペシャライズドのアパレルのよいところはどこですか?

「スペシャライズドのアパレルは本当にこだわって作られています。まず、布がとても柔らかくてよく伸びます。体にフィットしたサイズを選べばスキンスーツのような着心地です。また、長時間ライドをしても縫い目が食い込んだり、擦れたりせず不快に感じることはありません。」

「スペシャライズドに入社する前は、他社のジャージを着ていましたが、長時間のライドでは縫い目が擦れて肌が痛んだり、縫製が雑で糸が出ていたりしました。」

「また、肌に触れる箇所によって生地が異なっています。」

「背中や脇部分は汗を蒸発させる生地。ミクロのサイズで凹凸のある生地のため肌に触れる面積が少なく、汗で張り付くような不快感もありません。逆に前面は風を受け続けるので冷えすぎないようにあまり風を通さない生地です。ジッパーがフルレングスなので、本当に暑いときにはジッパー全開にすれば風が通ります。」

「そしてところどころに、光に反射するリフレクターがついています。これは車に存在をアピールする視認性という点で本当に重要です。バイク限らず、アパレルについてここまで細部にこだわっているのはスペシャライズドの特徴だといえます。」


(ファスナーポケットと、左右ポケットの端にリフレクターがついています)

次に、Bibショーツです。
Bibショーツもジャージと同じくSL ProSL Expertがあります。2つを比べてみましょう。

○生地

両方とも、ジャージと同じVaporRize™生地です。軽量でなめらかな生地で、蒸れにくく汗が素早く蒸発します。長時間のライドの際も快適です。
また、Deflect®UV 50+によって紫外線をカット。日焼けによる疲労も軽減できます。

SL ProはCold Fabric テクノロジーが採用されており、濃い色のジャージでも表面温度が上がりにくくなっています。

すそはシリコン加工された生地です。滑りづらく、ペダリングで何度も太ももを上下させても生地が上がってきません。また、レッグウォーマーを使用する際もレッグウォーマーが下がりづらく快適です。よく見ると、シリコン部分はあまり盛り上がっていません。擦れなどの心配もなさそうです。


(左がSL Pro、右がSL Expertです。)

○パッド

パッドは人間工学に基づいて開発された、Body Geometry(ボディージオメトリー)製品。男性の骨格を考えて作られた専用設計のパッドです。二つのパッドを比べてみましょう。


(左がSL Pro、右がSL Expertです。)

どちらもエラスティックインターフェイステクノロジーを使用したカーボン糸で作られており、@高い伸縮性、A快適な通気性、B吸水性、C熱調整機能、D摩擦の低減、E静電気を抑える、F抗菌作用、を持つスーパー高機能素材です!やわらかくて通気性がよく、さらに血流を確保します。

SL Proはマルチデンシティーパッドを使用しており、圧力がかかる場所によって厚みや密度が異なる三重構造です。これにより色々な角度からのサポートが受けられます。

SL Expertのパッドも、場所によって厚みが異なる二重構造の設計となっています。

○形状

両方とも「アーティキュレーテッドサイクリングフィット」です。これは、人体工学に基づいた立体縫製を意味しておりライディング姿勢に最適なパターンとなっています。
またインシーム(股下)はMサイズで大体29cmです。

Bibショーツのサスペンダー部分を比べてみましょう。

SL Proは生地をつなぎ合わせた縫い目が平らです。また、端の処理もジャージと同じく、縫製ではなくシームレスとなっていますので肌への摩擦がより低減されます。 


(左がSL Pro、右がSL Expertです。)

実際の着心地はどうでしょうか?同じくT郎さんにお聞きしました。

「何といっても生地がよく伸びます。着心地はもちろんのこと、ぐいっと前に下げることができるのでお手洗いの際にもとても便利です。ちなみに、好みによりますがBibショーツは下着を履かずに着用することが基本です。」

SL Proは背中が開いたデザインになっています。これはとても快適で、背中の蒸れが低減されますよ。」 


(左がSL Pro、右がSL Expertです。背中のパターンが異なりますね。)

「スペシャライズドのアパレルは見た目ではわからない部分にもきちんと技術を使い、こだわっていると感じます。たとえば、縫製。縫い目が当たって痛いとか、糸が固いなどと感じたことはありません。」

「もし、Bibタイプのショーツに抵抗があるという方がいらっしゃったら、ぜひ試してもらいたいですね。ずり下がってこないし、腹部の締め付けがありませんので快適ですよ。生地が柔らかいのでつられる感じも一切ありません。また、SLタイプのジャージは、1秒を争うレーサー向き。ぴったりしたサイズ選ぶことが重要です。」

T郎さん、ありがとうございました!

カラー展開はこちらをご確認ください。それぞれ3色展開となっています。

SL Proタイプ
SL PRO JERSEY SHORT SLEEVE >
SL PRO BIB SHORT >

SL Expertタイプ
SL EXPERT JERSEY SHORT SLEEVE >
SL EXPERT BIB SHORT > 

今回のスペシャライズ道〜ロード用アパレル・前編〜はここまでです。

実用的な機能がたくさんあり、開発者もライドが好きなんだと感じることができますね。
皆さまがアパレルを選ばれる際の参考になったら幸いです。気になった方はぜひ、スペシャライズド正規取扱店もしくはオンラインストアでお買い求めください。ライドがもっと快適に楽しくなりますよ!

次回はRBXシリーズとウィメンズアパレルについてご紹介します。

関連記事:
ウェアまでMTBに心の底まで本気、スペシャライズドの春夏(2016年4月27日)
最新の春夏アパレルを入荷しました! (2016年3月9日)

2016/05/20

スペシャライズ道〜ロード用アパレル・前編〜こだわりぬいたジャージで快適なライドを!

スペシャライズドのロード用アパレルはとても機能的。自転車業界初心者のモモヨが丁寧にご紹介します。

スペシャライズ道〜ロード用アパレル・前編〜こだわりぬいたジャージで快適なライドを!

皆さまこんにちは。
自転車業界初心者のモモヨが、一人前のスペシャライズド社員になるまでの道をお送りする「スペシャライズ道」。スペシャライズド製品について勉強しながら皆さまにご紹介できればと思います。

今回はロード用アパレルについて勉強しました。スペシャライズドの春夏アパレルはもうチェックされましたか?
豊富なカラー展開だけではなく、よく見るとたくさんの種類がありどれを選んだらいいのか解らない…といった方もいらっしゃるかもしれません。一つ一つご紹介します!

まずは、メンズのロード用アパレルについて。スペシャライズドでは以下の4モデルを展開しています。

@SL PRO JERSEY SHORT SLEEVE (税込み価格:16,200円)
 SL PRO BIB SHORT(税込み価格:20,520円)

SL PRO JERSEY SHORT SLEEVE をチェック> 
SL PRO BIB SHORT をチェック > 

ASL EXPERT JERSEY SHORT SLEEVE(税込み価格:14,040円)
 SL EXPERT BIB SHORT(税込み価格:17,280円)

SL EXPERT JERSEY SHORT SLEEVEをチェック >
SL EXPERT BIB SHORT をチェック > 

BRBX PRO JERSEY SHORT SLEEVE(税込み価格:15,120円)
 RBX PRO BIB SHORT(税込み価格:18,360円)

RBX PRO JERSEY SHORT SLEEVEをチェック >
RBX PRO BIB SHORT をチェック >     

CRBX DRIRELEASE MERINO JERSEY(税込み価格:12,960円)

RBX DRIRELEASE MERINO JERSEY をチェック > 
(こちらのモデルはボトムの販売はありません。)

まず、大きく分けるとSLタイプRBXタイプに分けることができます。
SLタイプはフォームフィット。体にぴったりとフィットし、「まるでスキンスーツを着ているかのよう!」(愛用中の社員談。)1秒を争うレース志向の方にはSLタイプがおすすめです。
RBXタイプはスタンダードフィット。フォームフィットと比べるとゆったりとしたシルエットです。こちらは長時間・長距離のライドでの快適性を求めたデザイン。タイムを気にせず楽しむライドの際にしっかりとサポートが欲しいときに最適です。ちなみに、RBXとはバイクの名前にもなっているRoubaix(ルーベ)の略です。

それでは、詳しく見ていきましょう。今回はSLタイプをご紹介します。
SLタイプにはSL ProSL Expertがあり、それぞれジャージとBibショーツがあります。

まずはジャージから。

○生地

SL ProSL Expertの両方とも、VaporRize™(ヴェイポライズ)生地を採用。蒸れを逃がし、汗を素早く蒸発させます。また、肌触りもなめらかで軽量。長時間のライドにも快適な着心地です。
また、日焼け防止素材のDeflect®UV 30によって紫外線をカット。日焼けから来る疲れも軽減できます。
ジッパーは下まで下げることができますので、速度が落ちて暑さを感じやすい上り坂では全開にして空気を通し、風を受ける下り坂ではジッパーを上げて風を防止することが可能です。

さらに、SL ProはCold Fabric(コールドファブリック)テクノロジーにより濃い色のジャージでも表面温度が高くなりません。

○ポケット

SL Proはリアポケットが3つあります。さらにファスナーのついたポケットもあり、お金やカギなど貴重品を守ります。そしてこのファスナー付きポケットは背中からの汗を通さない生地を使用しているので、スマートフォンなどの電子機器を収納できます。

SL Expertも同じく3つのリアポケットと、防汗ポケットが1つ付いています。ファスナーはありません。

 

○袖口

SL Proの袖口処理は縫製ではなくシームレスとなっています。そのためライド中に縫い目が擦れることがなく快適で、袖のばたつきがなく空気抵抗も低減されます。またよく伸びますので二の腕を締め付けられることもありません。

SL Expertの袖口は縫製タイプです。こちらも柔らかい糸が使用されておりよく伸びます。縫い目が固く、肌に触れる際に痛むということはありません。


(上がSL Pro、下がSL Expertです。)

実際の着心地はどうでしょうか?スペシャライズドのジャージを愛してやまないマーケティング部のT郎さんにお聞きしました。T郎さん、スペシャライズドのアパレルのよいところはどこですか?

「スペシャライズドのアパレルは本当にこだわって作られています。まず、布がとても柔らかくてよく伸びます。体にフィットしたサイズを選べばスキンスーツのような着心地です。また、長時間ライドをしても縫い目が食い込んだり、擦れたりせず不快に感じることはありません。」

「スペシャライズドに入社する前は、他社のジャージを着ていましたが、長時間のライドでは縫い目が擦れて肌が痛んだり、縫製が雑で糸が出ていたりしました。」

「また、肌に触れる箇所によって生地が異なっています。」

「背中や脇部分は汗を蒸発させる生地。ミクロのサイズで凹凸のある生地のため肌に触れる面積が少なく、汗で張り付くような不快感もありません。逆に前面は風を受け続けるので冷えすぎないようにあまり風を通さない生地です。ジッパーがフルレングスなので、本当に暑いときにはジッパー全開にすれば風が通ります。」

「そしてところどころに、光に反射するリフレクターがついています。これは車に存在をアピールする視認性という点で本当に重要です。バイク限らず、アパレルについてここまで細部にこだわっているのはスペシャライズドの特徴だといえます。」


(ファスナーポケットと、左右ポケットの端にリフレクターがついています)

次に、Bibショーツです。
Bibショーツもジャージと同じくSL ProSL Expertがあります。2つを比べてみましょう。

○生地

両方とも、ジャージと同じVaporRize™生地です。軽量でなめらかな生地で、蒸れにくく汗が素早く蒸発します。長時間のライドの際も快適です。
また、Deflect®UV 50+によって紫外線をカット。日焼けによる疲労も軽減できます。

SL ProはCold Fabric テクノロジーが採用されており、濃い色のジャージでも表面温度が上がりにくくなっています。

すそはシリコン加工された生地です。滑りづらく、ペダリングで何度も太ももを上下させても生地が上がってきません。また、レッグウォーマーを使用する際もレッグウォーマーが下がりづらく快適です。よく見ると、シリコン部分はあまり盛り上がっていません。擦れなどの心配もなさそうです。


(左がSL Pro、右がSL Expertです。)

○パッド

パッドは人間工学に基づいて開発された、Body Geometry(ボディージオメトリー)製品。男性の骨格を考えて作られた専用設計のパッドです。二つのパッドを比べてみましょう。


(左がSL Pro、右がSL Expertです。)

どちらもエラスティックインターフェイステクノロジーを使用したカーボン糸で作られており、@高い伸縮性、A快適な通気性、B吸水性、C熱調整機能、D摩擦の低減、E静電気を抑える、F抗菌作用、を持つスーパー高機能素材です!やわらかくて通気性がよく、さらに血流を確保します。

SL Proはマルチデンシティーパッドを使用しており、圧力がかかる場所によって厚みや密度が異なる三重構造です。これにより色々な角度からのサポートが受けられます。

SL Expertのパッドも、場所によって厚みが異なる二重構造の設計となっています。

○形状

両方とも「アーティキュレーテッドサイクリングフィット」です。これは、人体工学に基づいた立体縫製を意味しておりライディング姿勢に最適なパターンとなっています。
またインシーム(股下)はMサイズで大体29cmです。

Bibショーツのサスペンダー部分を比べてみましょう。

SL Proは生地をつなぎ合わせた縫い目が平らです。また、端の処理もジャージと同じく、縫製ではなくシームレスとなっていますので肌への摩擦がより低減されます。 


(左がSL Pro、右がSL Expertです。)

実際の着心地はどうでしょうか?同じくT郎さんにお聞きしました。

「何といっても生地がよく伸びます。着心地はもちろんのこと、ぐいっと前に下げることができるのでお手洗いの際にもとても便利です。ちなみに、好みによりますがBibショーツは下着を履かずに着用することが基本です。」

SL Proは背中が開いたデザインになっています。これはとても快適で、背中の蒸れが低減されますよ。」 


(左がSL Pro、右がSL Expertです。背中のパターンが異なりますね。)

「スペシャライズドのアパレルは見た目ではわからない部分にもきちんと技術を使い、こだわっていると感じます。たとえば、縫製。縫い目が当たって痛いとか、糸が固いなどと感じたことはありません。」

「もし、Bibタイプのショーツに抵抗があるという方がいらっしゃったら、ぜひ試してもらいたいですね。ずり下がってこないし、腹部の締め付けがありませんので快適ですよ。生地が柔らかいのでつられる感じも一切ありません。また、SLタイプのジャージは、1秒を争うレーサー向き。ぴったりしたサイズ選ぶことが重要です。」

T郎さん、ありがとうございました!

カラー展開はこちらをご確認ください。それぞれ3色展開となっています。

SL Proタイプ
SL PRO JERSEY SHORT SLEEVE >
SL PRO BIB SHORT >

SL Expertタイプ
SL EXPERT JERSEY SHORT SLEEVE >
SL EXPERT BIB SHORT > 

今回のスペシャライズ道〜ロード用アパレル・前編〜はここまでです。

実用的な機能がたくさんあり、開発者もライドが好きなんだと感じることができますね。
皆さまがアパレルを選ばれる際の参考になったら幸いです。気になった方はぜひ、スペシャライズド正規取扱店もしくはオンラインストアでお買い求めください。ライドがもっと快適に楽しくなりますよ!

次回はRBXシリーズとウィメンズアパレルについてご紹介します。

関連記事:
ウェアまでMTBに心の底まで本気、スペシャライズドの春夏(2016年4月27日)
最新の春夏アパレルを入荷しました! (2016年3月9日)

CALENDAR/カレンダー

<< 2019年12月 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

TAG/タグ

TAG/タグ