Back to the pack−ヴァコッチのレース復帰への道のりと、ライドのリスクに備えるANGi搭載ヘルメット

2019/02/05

Back to the pack−ヴァコッチのレース復帰への道のりと、ライドのリスクに備えるANGi搭載ヘルメット

1年ぶりの「ウルフパック」への復帰。トレーニングキャンプ中の事故による大怪我からの復活を果たしたペトル・ヴァコッチにフォーカスします。

プロ選手でなくとも、自転車に乗る限り私たちは事故に遭うリスクを常に抱え、いかに注意しようとも、ペトル・ヴァコッチ(ドゥクーニンク・クイックステップ/チェコ)のように予期せぬ不幸な事故に巻き込まれてしまう可能性がある。重要なのは万が一の時のために備えておくことだ。
ANGiセンサー搭載のヘルメットについてはこちら>

++++++++++

■働き者の「ドメスティーク」
アルゼンチンで開催されたブエルタ・ア・サンフアン。ワールドツアー開幕戦であるツアー・ダウンアンダーと同じくこのレースがシーズン初戦という選手は多い。フェルナンド・ガビリア(UAEチーム・エミレーツ/コロンビア)、マーク・カヴェンディッシュ(ディメンション・データ/イギリス)、サム・ベネット(ボーラ・ハンスグローエ/アイルランド)といった有力スプリンター勢に加えて、ジュリアン・アラフィリップ(ドゥクーニンク・クイックステップ/フランス)やナイロ・キンタナ(モビスター・チーム/コロンビア)といった総合系の選手達も揃う。

このレースにヴァコッチはアシストとして参戦。所属するドゥクーニンク・クイックステップのエースはアラフィリップと、プロ2年目のコロンビアンスプリンター・ホッジ。2人をゴール手前まで安全に牽引する、その役割をヴァコッチはきっちりと果たしてみせた。


レース後にリラックスした姿を見せるヴァコッチ(右)。
ホッジ(左)のリードアウトトレインは重要な仕事の一つ。© Sigfrid Eggers

現在26歳。2016年ラ・ブラバンツペイユ・ラ・フレッシュ・ブラバコンで勝利するなどワンデーレースを得意とするクラシックライダーだが、グランツールをはじめステージレースのアシストとして走ることが多い。力強く集団の先頭を牽く姿はまさにスーパードメスティーク(アシスト選手の別称。フランス語で「下僕」の意)。働き者のヴァコッチがチームで果たす役割は小さくない。


特に平坦ステージでは大活躍。向かい風にも負けないパワフルな走りが持ち味だ。
© Sigfrid Eggers

■Back to the Pack
ヴァコッチにとって、ブエルタ・ア・サンフアンは1年ぶりの復帰レースだった。というのも、彼は2018年、ただの1つもレースを走っていない。

2017年シーズンを終えたヴァコッチは、2018年シーズンに向けて南アフリカでトレーニングキャンプを行っていた。キャンプ休息日、チームメイトとのライド中に事故は起きた。後ろから走ってきたトラックにはねられ、脊椎を複数箇所骨折する大怪我を負ったのだ。2018年1月25日のことだった。

Brothers in arms❤️

A post shared by bobjungels (@bobjungels) on

この時一緒だったのがボブ・ユンゲルス(ドゥクーニンク・クイックステップ/ルクセンブルク)とローレンス・デプルス(2019年よりチームユンボ・ヴィズマ/ベルギー)。ユンゲルスは難を逃れたが、デプルスは肺と肝臓を損傷、ヴァコッチは3人の中で最も重傷だった。

「何が起きたのかわからなかった」と後にヴァコッチは語る。「息をするのが苦しくて、脚の感覚がなかった。ただ生きて、日常に戻りたい。そう強く思ったんだ。」

Reunited we are!! #thebig5

A post shared by bobjungels (@bobjungels) on

事故直後のヴァコッチ。ベッドから立ち上がることができない彼のもとに、チームメイト達がお見舞いに訪れた。

「また歩くことができるのか、普通の生活に戻れるのかもわからなかった。3回の手術を経て、長く厳しいリハビリが始まったんだ」

ヴァコッチの治療を担当した理学療法士達と。3月には退院し、ヨーロッパの自宅へ戻れることになったがリハビリは続く。この頃からSNSで#backtothepackというハッシュタグを使うようになった。

2019/02/05

Back to the pack−ヴァコッチのレース復帰への道のりと、ライドのリスクに備えるANGi搭載ヘルメット

1年ぶりの「ウルフパック」への復帰。トレーニングキャンプ中の事故による大怪我からの復活を果たしたペトル・ヴァコッチにフォーカスします。

Back to the pack−ヴァコッチのレース復帰への道のりと、ライドのリスクに備えるANGi搭載ヘルメット

プロ選手でなくとも、自転車に乗る限り私たちは事故に遭うリスクを常に抱え、いかに注意しようとも、ペトル・ヴァコッチ(ドゥクーニンク・クイックステップ/チェコ)のように予期せぬ不幸な事故に巻き込まれてしまう可能性がある。重要なのは万が一の時のために備えておくことだ。
ANGiセンサー搭載のヘルメットについてはこちら>

++++++++++

■働き者の「ドメスティーク」
アルゼンチンで開催されたブエルタ・ア・サンフアン。ワールドツアー開幕戦であるツアー・ダウンアンダーと同じくこのレースがシーズン初戦という選手は多い。フェルナンド・ガビリア(UAEチーム・エミレーツ/コロンビア)、マーク・カヴェンディッシュ(ディメンション・データ/イギリス)、サム・ベネット(ボーラ・ハンスグローエ/アイルランド)といった有力スプリンター勢に加えて、ジュリアン・アラフィリップ(ドゥクーニンク・クイックステップ/フランス)やナイロ・キンタナ(モビスター・チーム/コロンビア)といった総合系の選手達も揃う。

このレースにヴァコッチはアシストとして参戦。所属するドゥクーニンク・クイックステップのエースはアラフィリップと、プロ2年目のコロンビアンスプリンター・ホッジ。2人をゴール手前まで安全に牽引する、その役割をヴァコッチはきっちりと果たしてみせた。


レース後にリラックスした姿を見せるヴァコッチ(右)。
ホッジ(左)のリードアウトトレインは重要な仕事の一つ。© Sigfrid Eggers

現在26歳。2016年ラ・ブラバンツペイユ・ラ・フレッシュ・ブラバコンで勝利するなどワンデーレースを得意とするクラシックライダーだが、グランツールをはじめステージレースのアシストとして走ることが多い。力強く集団の先頭を牽く姿はまさにスーパードメスティーク(アシスト選手の別称。フランス語で「下僕」の意)。働き者のヴァコッチがチームで果たす役割は小さくない。


特に平坦ステージでは大活躍。向かい風にも負けないパワフルな走りが持ち味だ。
© Sigfrid Eggers

■Back to the Pack
ヴァコッチにとって、ブエルタ・ア・サンフアンは1年ぶりの復帰レースだった。というのも、彼は2018年、ただの1つもレースを走っていない。

2017年シーズンを終えたヴァコッチは、2018年シーズンに向けて南アフリカでトレーニングキャンプを行っていた。キャンプ休息日、チームメイトとのライド中に事故は起きた。後ろから走ってきたトラックにはねられ、脊椎を複数箇所骨折する大怪我を負ったのだ。2018年1月25日のことだった。

Brothers in arms❤️

A post shared by bobjungels (@bobjungels) on

この時一緒だったのがボブ・ユンゲルス(ドゥクーニンク・クイックステップ/ルクセンブルク)とローレンス・デプルス(2019年よりチームユンボ・ヴィズマ/ベルギー)。ユンゲルスは難を逃れたが、デプルスは肺と肝臓を損傷、ヴァコッチは3人の中で最も重傷だった。

「何が起きたのかわからなかった」と後にヴァコッチは語る。「息をするのが苦しくて、脚の感覚がなかった。ただ生きて、日常に戻りたい。そう強く思ったんだ。」

Reunited we are!! #thebig5

A post shared by bobjungels (@bobjungels) on

事故直後のヴァコッチ。ベッドから立ち上がることができない彼のもとに、チームメイト達がお見舞いに訪れた。

「また歩くことができるのか、普通の生活に戻れるのかもわからなかった。3回の手術を経て、長く厳しいリハビリが始まったんだ」

ヴァコッチの治療を担当した理学療法士達と。3月には退院し、ヨーロッパの自宅へ戻れることになったがリハビリは続く。この頃からSNSで#backtothepackというハッシュタグを使うようになった。

CALENDAR/カレンダー

<< 2019年11月 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

TAG/タグ

TAG/タグ