ITU ワールドトライアスロンシリーズで男女ともに世界チャンピオンの座を獲得!

2019/09/05

ITU ワールドトライアスロンシリーズで男女ともに世界チャンピオンの座を獲得!

スイス・ローザンヌで行われたITU ワールドトライアスロンシリーズ最終戦、バンサン・ルイとケイティ・ザフィアレスが世界チャンピオンの座を獲得しました。

Men’s Elite

フランス出身で2度のオリンピック出場経験を持つバンサン・ルイは、Roval CLX ホイールにTurbo Cotton タイヤを履かせたスペシャルペイントのS-Works Vengeに乗り、今シーズンすばらしい成績を残して世界王者の座を手にしました。

2019ワールド・トライアスロン・シリーズ ランキングトップをVenge(ヴェンジ)と共に快走中!バンサン・ルイ選手の強さの秘密に迫る>

新しいVengeについて詳しく>
Vengeをオンラインストアでチェック>
Vengeが最も優れたエアロロードバイクとして認定!サイクルスポーツ『エアロロード大研究2019』はこちらから>

「信じられない気持ちです。最高の結果を手にでき、とても幸せです。ジョエル・フィリオール監督率いるチームには、昨年チャンピオンのマリオをはじめとした素晴らしい選手たちがいます。マリオとはいつも一緒にトレーニングをし、レースを共に戦っていたので、彼がタイトルを失ってしまったのは残念ですが、マリオは偉大な選手であり、彼からタイトルを奪うのはそう簡単なことではありませんでした。結果にはとても満足していて、ハビエル・ゴメスやマリオ・モーラと世界チャンピオンの仲間入りができて嬉しいです」。- バンサン・ルイ

クリスティアン・ブルンメンフェルトは、このローザンヌのWTSで初優勝を飾りました。この勝利はノルウェー出身の彼がここ2年間、求め続けてきたものでした。クリスティアンは、Tarmac DBにRoval CLX32 ホイールとTurbo RapidAir タイヤを履いてレースに臨みました。

Tarmac Discについて>
Tarmac Discをオンラインストアでチェックする>
乗って実感!やっぱり“S-Works” Tarmac Discはスゴかった!>

RapidAir Tireについて詳しく>
※発売は2019年秋を予定しております。

ローザンヌのレースは、まず美しいジュネーヴ湖を1500m泳ぎ、次に最大勾配13%の上りを2箇所含む過酷な40kmのバイクコースを走りました。最初の登りを約1分、次の登りを約90秒で走り切り、脚力のある選手が有利となりました。約20人の先頭集団の選手たちは互いに協力し、追い上げてくる選手や速いランナーたちを優勝争いに寄せ付けませんでした。

ルイとクリスティアンは、他の有力選手全員と共にバイクからランへと移り、集団はその後すぐに数を減らし、少数精鋭のみが残りました。

ブルンメンフェルトは圧倒的な走りを見せ、2位以下に大差をつけゴール。6位以内が世界王者獲得の条件であるバンサン・ルイは、残り数kmで粘り強い走りを見せ、5位でゴールしました。

Results:
1.Kristian Blummenfelt - Specialized
2.Mario Mola
3.Fernando Alarza
4.Gustav Iden - Specialized
5.Vincent Luis – Specialized
6.Javier Gomez - Specialized

 

「ローザンヌのこの難しいコースで、Turbo RapidAir タイヤが助けてくれました。CLX 32を装着したバイクはとても軽快に走り、コーナーを安心して曲がれました」。- クリスティアン・ブルンメンフェルト

RapidAir Tireについて詳しく>
※発売は2019年秋を予定しております。

世界ランキングでは、バンサン・ルイが1位に輝き、ハビエル・ゴメスが3位として表彰台に昇りました。

帰ってきたレジェンド ハビエル・ゴメスが語る東京2020への想い Vol1>
帰ってきたレジェンド ハビエル・ゴメスが語る東京2020への想い Vol2>

++++++++++++++++++++++

Women’s Elite

アメリカ出身のケイティ・ザフィアレスは、最終戦であるローザンヌでの優勝以外にも今シーズン中、終始安定した結果を残し、世界チャンピオンの座を獲得してシーズンを締めくくりました。今シーズンすでに5勝を挙げている彼女は、最終戦を前に2位に十分な差をつけており、世界王者のタイトル獲得には12位以内のゴールが条件でした。それでもザフィアレスは、最終戦もレースに勝ち、世界王者に輝くという目標のためだけにレースに挑みました。

ジェス・ラーモンスとヴィットリア・ロペスは、ハイペースで泳いで他の選手を引き離し、過酷なバイク区間を第2集団に20秒の差をつけてスタート。怪我による長期休養から復帰したフローラ・ダフィーは、出身のバミューダ諸島からインスパイアされた美しいパステルカラーのVengeとRoval CLX50 ホイールで速いペースを保ったまま走りました。サドルはミミックテクノロジーを採用したPowerサドルを使用しています。

新しいVengeについて詳しく>
Vengeが最も優れたエアロロードバイクとして認定!サイクルスポーツ『エアロロード大研究2019』はこちらから>

 

ウィメンズPowerサドルについて>
ウィメンズPowerサドルをオンラインストアでチェックする>
痛みとは無縁のライドを。スペシャライズドから女性用サドル『ウィメンズPOWER』が新登場>

また、Tarmac DiscにRoval CLX32ホイールを装着したザフィアレスもアタックを巧みに仕掛け、後続集団を引き離したため、勝者がこの先頭集団から生まれるのは必至でした。

ダフィーがアタックを仕掛けてから、集団はさらに縮小し、最終的には5人の優勝争いが展開されました。ザフィアレスはこの時点で世界王者のタイトルを確実なものにしていましたが、脚を休めることはありませんでした。

Tarmac Discについて>
Tarmac Discをオンラインストアでチェックする>
乗って実感!やっぱり“S-Works” Tarmac Discはスゴかった!>

 

バイクからランへと移るT2では、ラーモンスが勢いよく飛び出し、ザフィアレスとジョージア・テイラー・ブラウンがすぐさまその後を追いました。

ダフィーは数kmの間、何とか粘りましたが、長期休養の影響が響き後退。先頭を走る3名の誰かが勝利を掴むことになりました。ザフィアレスはラーモンスと残り300mまでデットヒートを繰り広げ、その後猛攻を仕掛けて彼女を引き離し、劇的な勝利を手にしました。

先日、お台場で行われたオリンピックのテストイベントで鼻を骨折し、口の中を23針縫ったザフィアレスですが、驚異的な回復力でローザンヌに復帰し、見事世界王者のタイトルを獲得しました。

 

「一喜一憂し、自分を信じられませんでしたが、今はとても幸せです。東京での落車の後、体が大丈夫なのはわかっていましたが、気持ちを取り戻すのに苦労しました。調子が良ければこのコースなら勝てると信じていたので、実現することができ嬉しいです!」- ケイティ・ザフィアレス

WTS開幕戦から横浜まで3連勝!隙のないレースぶりでシリーズリーダーの地位を固めつつあるケイティ・ザフィアレス>

Results:
1.Katie Zaferes - Specialized
2.Jessica Learmonth
3.Georgia Taylor Brown
4.Rachel Klamer
5.Flora Duffy - Specialized
8.Alice Betto - Specialized
10. Nicola Spirig - Specialized
12. Vittoria Lopez - Specialized

 

U23女子クラスでは、フランス人のエミリー・モーリアが初の世界王者に輝いています。コースの特性に合わせた最適なバイク、そして最適なホイールを選択し、スペシャライズドは今回のレースで世界一のタイトルを3つ獲得することができました。

―TK’s SHIVOOT CAMP― トライアスロンバイクShivオーナーのためのトレーニングキャンプ参加者募集中>

Images by Glen Murray and Tommy Zaferes

関連記事
2019ワールド・トライアスロン・シリーズ ランキングトップをVenge(ヴェンジ)と共に快走中!バンサン・ルイ選手の強さの秘密に迫る。(2019年6月7日)
WTS開幕戦から横浜まで3連勝!隙のないレースぶりでシリーズリーダーの地位を固めつつあるケイティ・ザフィアレス(2019年06月24日)
帰ってきたレジェンド ハビエル・ゴメスが語る東京2020への想い Vol1(2019年7月23日)
帰ってきたレジェンド ハビエル・ゴメスが語る東京2020への想い Vol2(2019年8月22日)

2019/09/05

ITU ワールドトライアスロンシリーズで男女ともに世界チャンピオンの座を獲得!

スイス・ローザンヌで行われたITU ワールドトライアスロンシリーズ最終戦、バンサン・ルイとケイティ・ザフィアレスが世界チャンピオンの座を獲得しました。

ITU ワールドトライアスロンシリーズで男女ともに世界チャンピオンの座を獲得!

Men’s Elite

フランス出身で2度のオリンピック出場経験を持つバンサン・ルイは、Roval CLX ホイールにTurbo Cotton タイヤを履かせたスペシャルペイントのS-Works Vengeに乗り、今シーズンすばらしい成績を残して世界王者の座を手にしました。

2019ワールド・トライアスロン・シリーズ ランキングトップをVenge(ヴェンジ)と共に快走中!バンサン・ルイ選手の強さの秘密に迫る>

新しいVengeについて詳しく>
Vengeをオンラインストアでチェック>
Vengeが最も優れたエアロロードバイクとして認定!サイクルスポーツ『エアロロード大研究2019』はこちらから>

「信じられない気持ちです。最高の結果を手にでき、とても幸せです。ジョエル・フィリオール監督率いるチームには、昨年チャンピオンのマリオをはじめとした素晴らしい選手たちがいます。マリオとはいつも一緒にトレーニングをし、レースを共に戦っていたので、彼がタイトルを失ってしまったのは残念ですが、マリオは偉大な選手であり、彼からタイトルを奪うのはそう簡単なことではありませんでした。結果にはとても満足していて、ハビエル・ゴメスやマリオ・モーラと世界チャンピオンの仲間入りができて嬉しいです」。- バンサン・ルイ

クリスティアン・ブルンメンフェルトは、このローザンヌのWTSで初優勝を飾りました。この勝利はノルウェー出身の彼がここ2年間、求め続けてきたものでした。クリスティアンは、Tarmac DBにRoval CLX32 ホイールとTurbo RapidAir タイヤを履いてレースに臨みました。

Tarmac Discについて>
Tarmac Discをオンラインストアでチェックする>
乗って実感!やっぱり“S-Works” Tarmac Discはスゴかった!>

RapidAir Tireについて詳しく>
※発売は2019年秋を予定しております。

ローザンヌのレースは、まず美しいジュネーヴ湖を1500m泳ぎ、次に最大勾配13%の上りを2箇所含む過酷な40kmのバイクコースを走りました。最初の登りを約1分、次の登りを約90秒で走り切り、脚力のある選手が有利となりました。約20人の先頭集団の選手たちは互いに協力し、追い上げてくる選手や速いランナーたちを優勝争いに寄せ付けませんでした。

ルイとクリスティアンは、他の有力選手全員と共にバイクからランへと移り、集団はその後すぐに数を減らし、少数精鋭のみが残りました。

ブルンメンフェルトは圧倒的な走りを見せ、2位以下に大差をつけゴール。6位以内が世界王者獲得の条件であるバンサン・ルイは、残り数kmで粘り強い走りを見せ、5位でゴールしました。

Results:
1.Kristian Blummenfelt - Specialized
2.Mario Mola
3.Fernando Alarza
4.Gustav Iden - Specialized
5.Vincent Luis – Specialized
6.Javier Gomez - Specialized

 

「ローザンヌのこの難しいコースで、Turbo RapidAir タイヤが助けてくれました。CLX 32を装着したバイクはとても軽快に走り、コーナーを安心して曲がれました」。- クリスティアン・ブルンメンフェルト

RapidAir Tireについて詳しく>
※発売は2019年秋を予定しております。

世界ランキングでは、バンサン・ルイが1位に輝き、ハビエル・ゴメスが3位として表彰台に昇りました。

帰ってきたレジェンド ハビエル・ゴメスが語る東京2020への想い Vol1>
帰ってきたレジェンド ハビエル・ゴメスが語る東京2020への想い Vol2>

++++++++++++++++++++++

Women’s Elite

アメリカ出身のケイティ・ザフィアレスは、最終戦であるローザンヌでの優勝以外にも今シーズン中、終始安定した結果を残し、世界チャンピオンの座を獲得してシーズンを締めくくりました。今シーズンすでに5勝を挙げている彼女は、最終戦を前に2位に十分な差をつけており、世界王者のタイトル獲得には12位以内のゴールが条件でした。それでもザフィアレスは、最終戦もレースに勝ち、世界王者に輝くという目標のためだけにレースに挑みました。

ジェス・ラーモンスとヴィットリア・ロペスは、ハイペースで泳いで他の選手を引き離し、過酷なバイク区間を第2集団に20秒の差をつけてスタート。怪我による長期休養から復帰したフローラ・ダフィーは、出身のバミューダ諸島からインスパイアされた美しいパステルカラーのVengeとRoval CLX50 ホイールで速いペースを保ったまま走りました。サドルはミミックテクノロジーを採用したPowerサドルを使用しています。

新しいVengeについて詳しく>
Vengeが最も優れたエアロロードバイクとして認定!サイクルスポーツ『エアロロード大研究2019』はこちらから>

 

ウィメンズPowerサドルについて>
ウィメンズPowerサドルをオンラインストアでチェックする>
痛みとは無縁のライドを。スペシャライズドから女性用サドル『ウィメンズPOWER』が新登場>

また、Tarmac DiscにRoval CLX32ホイールを装着したザフィアレスもアタックを巧みに仕掛け、後続集団を引き離したため、勝者がこの先頭集団から生まれるのは必至でした。

ダフィーがアタックを仕掛けてから、集団はさらに縮小し、最終的には5人の優勝争いが展開されました。ザフィアレスはこの時点で世界王者のタイトルを確実なものにしていましたが、脚を休めることはありませんでした。

Tarmac Discについて>
Tarmac Discをオンラインストアでチェックする>
乗って実感!やっぱり“S-Works” Tarmac Discはスゴかった!>

 

バイクからランへと移るT2では、ラーモンスが勢いよく飛び出し、ザフィアレスとジョージア・テイラー・ブラウンがすぐさまその後を追いました。

ダフィーは数kmの間、何とか粘りましたが、長期休養の影響が響き後退。先頭を走る3名の誰かが勝利を掴むことになりました。ザフィアレスはラーモンスと残り300mまでデットヒートを繰り広げ、その後猛攻を仕掛けて彼女を引き離し、劇的な勝利を手にしました。

先日、お台場で行われたオリンピックのテストイベントで鼻を骨折し、口の中を23針縫ったザフィアレスですが、驚異的な回復力でローザンヌに復帰し、見事世界王者のタイトルを獲得しました。

 

「一喜一憂し、自分を信じられませんでしたが、今はとても幸せです。東京での落車の後、体が大丈夫なのはわかっていましたが、気持ちを取り戻すのに苦労しました。調子が良ければこのコースなら勝てると信じていたので、実現することができ嬉しいです!」- ケイティ・ザフィアレス

WTS開幕戦から横浜まで3連勝!隙のないレースぶりでシリーズリーダーの地位を固めつつあるケイティ・ザフィアレス>

Results:
1.Katie Zaferes - Specialized
2.Jessica Learmonth
3.Georgia Taylor Brown
4.Rachel Klamer
5.Flora Duffy - Specialized
8.Alice Betto - Specialized
10. Nicola Spirig - Specialized
12. Vittoria Lopez - Specialized

 

U23女子クラスでは、フランス人のエミリー・モーリアが初の世界王者に輝いています。コースの特性に合わせた最適なバイク、そして最適なホイールを選択し、スペシャライズドは今回のレースで世界一のタイトルを3つ獲得することができました。

―TK’s SHIVOOT CAMP― トライアスロンバイクShivオーナーのためのトレーニングキャンプ参加者募集中>

Images by Glen Murray and Tommy Zaferes

関連記事
2019ワールド・トライアスロン・シリーズ ランキングトップをVenge(ヴェンジ)と共に快走中!バンサン・ルイ選手の強さの秘密に迫る。(2019年6月7日)
WTS開幕戦から横浜まで3連勝!隙のないレースぶりでシリーズリーダーの地位を固めつつあるケイティ・ザフィアレス(2019年06月24日)
帰ってきたレジェンド ハビエル・ゴメスが語る東京2020への想い Vol1(2019年7月23日)
帰ってきたレジェンド ハビエル・ゴメスが語る東京2020への想い Vol2(2019年8月22日)

CALENDAR/カレンダー

<< 2019年9月 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

TAG/タグ

TAG/タグ