2019XTERRA世界選手権でダブルヴィクトリー!

2019/10/30

2019XTERRA世界選手権でダブルヴィクトリー!

マウイで毎年開催されているXTERRA世界選手権。スペシャライズドがサポートするフローラ・ダフィとブラッドリー・ワイスが男女共に優勝を飾りました。

今年のXTERRA世界選手権で、新たな歴史が生まれました。フローラ・ダフィーがEpic HTで史上初となる5度目のXTERRAチャンピオンを記録したのです。また、南アフリカ出身のブラッドリー・ワイスは、2017年に獲得した王座を今回奪還する形で、このオフロード版トライアスロンでも世界トップレベルのアスリートであることを証明しました。

脚の故障により約1年間にわたって戦線離脱していたダフィーは、2019年後半にレースへ復帰。ブランクを感じさせない力強さでスタートからゴールまでレースをリードしました。

XTERRAでの第1種目は、男女同時スタートのスイム。ここで彼女は、エリート男子と一緒に入水しました。最速スイマーの1人として知られるバミューダ諸島出身のダフィ―は、数名のエリート男子に追い越されるまで、バイクの最初の数キロを男女総合3位で走りました。

ダフィーはマウイの起伏に富んだコースに、S-Works Fast Trackをフロントに、S-Works Renegadeをリアに履かせたS-Works Epic HTを選択。

コースはレース本番の1週間前から土埃が舞うほど乾いていましたが、スタートのわずか60分前に突如大雨が降り、滑りやすいテクニカルな路面へと変わりました。彼女はバイクでTOPをキープし、エリート女子2位の選手に十分な差をつけ、ランに突入しました。

Epic HTについて>
Epic HTをオンラインストアでチェックする>

2位に15分程の圧倒的なリードを保ち1位でゴールしたダフィーは、XTERRAの世界チャンピオンに5度輝いた史上初のアスリートとなり、世界チャンピオン獲得は通算で9回目となりました。

フローラ・ダフィ使用機材
Bike:Epic HT
Helmet:S-Works Prevail II with ANGI MIPS
Shoes:Trivent Terra shoes(日本未展開)
Tire:Front S-Works Fast Track / Rear S-Works Renegade

++++++++++++++++

 

そしてエリート男子では、南アフリカ出身のブラッドリー・ワイスが自身2度目となるXTERRAの世界チャンピオンを獲得しました。

2017年にも世界王者に輝いているワイスですが、2018年は僅差で優勝を逃し、今年こそは優勝を誓っていました。ダフィーと頻繁にトレーニングをこなすワイスは、ダフィーの真後ろで泳ぎ終え、急いでバイクパートへと突入。

最初の登りでペースを上げたワイスは、後続選手を引き離し、リードを保ちました。昨年度王者のルーベン・ルサファがワイスとの差を詰めたのは驚きではありませんが、ワイスはバイクに定評のあるルサファに食らいつき、両選手は同時にバイクを走り終えてランへと移りました。

ワイスは今大会前から好調であったにも関わらず、優勝できたことに驚いた様子。

「また勝てるとは思ってもいなかったので、今日優勝できて最高の気分です」と、メディアへコメント。「XTERRAは他のレースとは異なり、数多くのアスリートが時間と労力を割いて練習に励むため、優勝に重みがあるのです」

The Magic of Maui - 2019 XTERRA World Championship Highlights動画

参照:https://www.XTERRAplanet.com/worldchampionship
Photo:©backlightphoto

Epic HTについて>
Epic HTをオンラインストアでチェックする>

関連記事
アンバサダー松葉桂二さん、スイスXTERRAに挑戦(2019年8月12日)
アンバサダー松葉さん、デュアスロンに続きEpic(エピック)でのクロストライアスロン世界選手権3位入賞!(2019年6月27日)
アンバサダー松葉さん、最も優れたエアロロードバイクVenge(ヴェンジ)で世界を制す!(2019年5月23日)

2019/10/30

2019XTERRA世界選手権でダブルヴィクトリー!

マウイで毎年開催されているXTERRA世界選手権。スペシャライズドがサポートするフローラ・ダフィとブラッドリー・ワイスが男女共に優勝を飾りました。

2019XTERRA世界選手権でダブルヴィクトリー!

今年のXTERRA世界選手権で、新たな歴史が生まれました。フローラ・ダフィーがEpic HTで史上初となる5度目のXTERRAチャンピオンを記録したのです。また、南アフリカ出身のブラッドリー・ワイスは、2017年に獲得した王座を今回奪還する形で、このオフロード版トライアスロンでも世界トップレベルのアスリートであることを証明しました。

脚の故障により約1年間にわたって戦線離脱していたダフィーは、2019年後半にレースへ復帰。ブランクを感じさせない力強さでスタートからゴールまでレースをリードしました。

XTERRAでの第1種目は、男女同時スタートのスイム。ここで彼女は、エリート男子と一緒に入水しました。最速スイマーの1人として知られるバミューダ諸島出身のダフィ―は、数名のエリート男子に追い越されるまで、バイクの最初の数キロを男女総合3位で走りました。

ダフィーはマウイの起伏に富んだコースに、S-Works Fast Trackをフロントに、S-Works Renegadeをリアに履かせたS-Works Epic HTを選択。

コースはレース本番の1週間前から土埃が舞うほど乾いていましたが、スタートのわずか60分前に突如大雨が降り、滑りやすいテクニカルな路面へと変わりました。彼女はバイクでTOPをキープし、エリート女子2位の選手に十分な差をつけ、ランに突入しました。

Epic HTについて>
Epic HTをオンラインストアでチェックする>

2位に15分程の圧倒的なリードを保ち1位でゴールしたダフィーは、XTERRAの世界チャンピオンに5度輝いた史上初のアスリートとなり、世界チャンピオン獲得は通算で9回目となりました。

フローラ・ダフィ使用機材
Bike:Epic HT
Helmet:S-Works Prevail II with ANGI MIPS
Shoes:Trivent Terra shoes(日本未展開)
Tire:Front S-Works Fast Track / Rear S-Works Renegade

++++++++++++++++

 

そしてエリート男子では、南アフリカ出身のブラッドリー・ワイスが自身2度目となるXTERRAの世界チャンピオンを獲得しました。

2017年にも世界王者に輝いているワイスですが、2018年は僅差で優勝を逃し、今年こそは優勝を誓っていました。ダフィーと頻繁にトレーニングをこなすワイスは、ダフィーの真後ろで泳ぎ終え、急いでバイクパートへと突入。

最初の登りでペースを上げたワイスは、後続選手を引き離し、リードを保ちました。昨年度王者のルーベン・ルサファがワイスとの差を詰めたのは驚きではありませんが、ワイスはバイクに定評のあるルサファに食らいつき、両選手は同時にバイクを走り終えてランへと移りました。

ワイスは今大会前から好調であったにも関わらず、優勝できたことに驚いた様子。

「また勝てるとは思ってもいなかったので、今日優勝できて最高の気分です」と、メディアへコメント。「XTERRAは他のレースとは異なり、数多くのアスリートが時間と労力を割いて練習に励むため、優勝に重みがあるのです」

The Magic of Maui - 2019 XTERRA World Championship Highlights動画

参照:https://www.XTERRAplanet.com/worldchampionship
Photo:©backlightphoto

Epic HTについて>
Epic HTをオンラインストアでチェックする>

関連記事
アンバサダー松葉桂二さん、スイスXTERRAに挑戦(2019年8月12日)
アンバサダー松葉さん、デュアスロンに続きEpic(エピック)でのクロストライアスロン世界選手権3位入賞!(2019年6月27日)
アンバサダー松葉さん、最も優れたエアロロードバイクVenge(ヴェンジ)で世界を制す!(2019年5月23日)

CALENDAR/カレンダー

<< 2019年12月 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

TAG/タグ

TAG/タグ