新型Tarmac SL7に関するFAQ

2020/07/29

新型Tarmac SL7に関するFAQ

新型Tarmac SL7に関するFAQをご紹介します。

Tarmac SL7のラインナップはこちら>

Tarmac SL6のラインナップはこちら>

FAQ

新しいTARMAC SL7 はRIDER-FIRST ENGINEERED™ を採用している?
はい。実走テストで得られた各部のデータに基づきカーボンレイアップをフレームサイズごとに設計しているため、スペシャライズドのパフォーマンスロードバイクで定評のある、上り坂で漕いだ瞬間に前に進む応答性や下りでの高い安定性とコーナリング性能を、どのフレームサイズでも同じように体感していただけます。

TARMAC SL7 の重量は?
S-Works Tarmac SL7は最上級グレードのFACT 12r カーボンとレイアップを使用し、最軽量のペイント込みで800gを達成しています。S-Works Di2 モデルは箱から取り出した 状態で、Carbon/Color Run Silver Greenカラーで6.7kgです。Tarmac SL7 ProおよびExpertは、FACT 10r カーボンとレイアップを使用し、フレーム重量は920gです。 Tarmac SL7 Pro UDi2の完成車は7.3kg、Tarmac SL7 Expert UDi2の完成車は7.65kgです。(すべてサイズ56での計測)

FACT 12Rと10R のフレームセットの違いは?
使用するカーボンレイアップと素材が主に異なります。どちらもフレームデザインは共通であるため、ハンドリング性能やライドクオリティーに違いはありません。

エアロ性能で見ると、新型TARMAC SL7は TARMAC SL6よりどれだけ速くなった?
新型Tarmac SL7は一切の妥協を排し、スピードを最重要視して開発されています。 エアロ性能で見ると、新型Tarmac SL7はTarmac SL6と比べ、距離40kmのコースで平均して45秒短縮します。フレームを改良し、一体型コックピット(Aeroflyおよび Tarmac ステム)とRoval Rapide CLX ホイールを搭載させたことで、このエアロ性能 によるタイム差が生まれました。

プロチームはTARMACの特別仕様でレースに参戦する?
Tarmacは、歴代のプロ選手のフィードバックうけながら開発されてきました。どなたでもお求めいただける新型のS-Works Tarmac SL7は、ペテル・サガン、ジュリアン・アラフィリップ、アンナ・ファン・デル・ブレッヘンといったプロたちが乗るバイクとまったく同じです。 TARMAC SL7のジオメトリーは? Tarmac SL7のフィットやジオメトリーは、現行のTarmac SL6およびVengeと同一です。各部の数値はジオメトリー表をご覧ください。

TARMACのスタックとリーチはどのように測定される?
スタックとリーチは、これまで通りヘッドチューブ上端中心で測定されます。これらの数値はTarmac SL6のものと異なりますが、Tarmac SL6、Tarmac SL7、Vengeのフィットは共通しています。ヘッドセットカバーを装着すると、すべてのモデルにおけるステムの最低位置が同じになります。

新しいTARMAC のステムのサイズは?
-6度と-12度の2種類の角度が用意されており、完成車に付属するのは‐6度です。-6度のステム長は70/80/90/100/110/120/130mmが用意され、-12度のステム長は110/120/130/140mmが用意されています。いずれもアフターマーケット製品としてお求めいただけます。※オンラインストアでの販売はございません。

S-Works Tarmac Stemをチェックする>

TARMACのステムに適合するハンドルバーは?
Tarmacのステムは、S-Works Aerofly II ハンドルバーを使用したときにケーブル類をもっともクリーンに配線できます。クランプ径は一般的な31.8mmですので、他の市販ハンドルバーもお使いいただけます。TARMAC のシートポストのオフセットは? S-Works Tarmac SL7のシートポストは、20mmと0mmのオフセットと300mmと380mmの長さが用意されています。(300mm x 20mmオフセットは日本未展開 ) 完成車とフレームセットには、20mmオフセットのシートポストが標準装備されます。 TARMAC SL7に適合するコンポーネントは? Tarmac SL7は、油圧ディスクブレーキのみ装着できます。ドライブトレインはすべてのモデルにおいて、電動および機械式に対応しています。全モデルに3種類のヘッドセットカバーが付属し、これらのヘッドセットキャップは3種類の異なる組み方に対応し、ケーブル配線用ホールで判別できます。
-Tarmac ステムと電動シフティングの組み合わせ
-Tarmac ステムと機械式シフティングの組み合わせ
-標準的なステム用のユニバーサルキャップとラウンドスペーサーと電動または機械式シフティングの組み合わせ

S-Works Tarmac Carbon Postをチェックする>

内蔵式コックピットの組み立て方は?
ドライブトレインを選んだら、ブレーキホースおよびシフティングケーブルの通し方に合ったヘッドセットカバーを選びます。内蔵型スペーサーなら、スタック(最高35mmまで)を簡単に調整でき、ケーブル類を新しいTarmac ステム裏側に配線してクリーンな外観を保てます。組み立て方について詳しくは、マニュアルをご覧ください。Vengeと同様、ケーブル類の配線をし直さずに、着脱式スペーサーでポジションを調整したり、ケーブルの外装方式を変更したりできます。

コックピットにコンピュータマウントは取り付けられる?
新しいTarmac ステムには、Wahoo、Garmin、Polar、Cateye、Brytonのコンピュータに適合するマウントを取り付けることができます。さらに、GoPro カメラとスペシャライズド Flux ライト用マウント、Stix ライト用マウントも用意されています。

TARMAC SL7に装着できるタイヤの最大サイズは?
全モデルには700x26mmのタイヤが標準装備されますが、クリアランスはさらに太いタイヤを対象に設計されています。最大で32cのタイヤを21mmのリムに履かせることができ、各部のクリアランスは4mmです。ただし、ブランドによってタイヤにサイズ差があるため、これらの数字はタイヤとリムを統一させた場合のみ有効です。お乗りになる前に、タイヤのクリアランスをご確認ください。

フロントディレーラーハンガーは取り外せる?
はい。Tarmac SL7のフロントディレーラーハンガーは着脱式ですので、1x ドライブトレインを使用する場合は外して見た目をクリーンにできます。ハンガーを取り外す場合に備え、配線用ホールを隠すカバーが付属し、フレームに2箇所のボルト穴が空けられています。

SHIMANO DI2 のジャンクションAはどこにある?
新しいS-Works Tarmac カーボンシートポストには、Vengeのようにジャンクションを内蔵できるスペースが設けられています。この位置なら、充電ポートやボタンに簡単にアクセスできます。ワイヤレスドライブトレインを使用する場合に備え、シートポストポート用カバーが全モデルに付属します。また、お好みに合わせてジャンクションAをハンドルバーにも取り付けられます。

THE TARMAC SL7の他の技術仕様は?
全モデルは68mmのBSA ねじ切りボトムブラケットに対応します。Tarmac SL7はリア142x12mmおよびフロント 00x12mmスルーアクスルと、Shimanoのフラットマウントディスクブレーキ規格に適合します。

TARMACの他のモデルはまだ販売される?
21年モデルでは、Tarmac SL7の他、Tarmac SL6のモデルも発売します。
TarmacSL6 9rは他のモデルと同様、Rider First Engineered™ がもたらすパフォーマンスをすべて備えており、気の遠くなるような膨大な量のカーボンレイアップ、自社風洞施設WinTunnelで重量とエアロ性能のテストを繰り返したことで誕生しました。THE TARMAC SL6 9R フレームは、現在もレースバイクの基準を築くモデル。あらゆる面で他社のバイクを上回り、最速でゴールできます。

  • TARMAC SL6 COMP は、Shimano Ultegra 機械式シフティング、すばやく止まれる油圧ディスクブレーキ、丈夫なDT R470 Disc ホイール、定評のあるスペシャライズド Powerサドルといった、本気のスペックを搭載します。 重量: 7.9kg


Sky/Blush/Tarmac Black/Dove Grey

  • TARMAC SL6 SPORT は、Shimano 105 機械式シフティング、すばやく止まれる油圧ディスクブレーキ、丈夫なDT R470 Disc ホイール、定評のあるスペシャライズド Powerサドルといった、信頼性の高いスペックを搭載します。 重量: 8.1kg

  • Oasis/Ice Yellow/Blush

Tarmac SL6のラインナップはこちらから>

●S-Works Tarmac SL7 - Dura Ace Di2(2色)


Flo Red/Red Tint/Tarmac Black/White


Carbon/Color Run Silver Green

 

●S-Works Tarmac SL7 - SRAM Red eTap AXS(2色)


Green Tint Fade over Spectraflair/Chrome


Carbon/Color Run Silver Green

●S-Works Tarmac SL7 Frameset(6色)


Blue Tint over Spectraflair/Brushed Chrome
Bora-hansgrohe
Deceuninck Quick-Step
Flo Red/Red Tint/Tarmac Black/White
Green Tint Fade over Spectraflair/Chrome
Snake Eye/Satin Black

Tarmac SL7 Pro - Ultegra Di2(2色)


Blue Tint Fade/Smoke/Metallic White Silver


Red Tint/Carbon

●Tarmac SL7 Pro - SRAM Force eTap AXS 1x(1色)


Abalone/Spectraflair

●Tarmac SL7 Expert - Ultegra Di2(2色)

Light Silver/Smoke Fade/Black


Ultra Turquoise/Red Gold Pearl/Black

●Tarmac SL6 Comp

Red Tint Fade/White with Gold Pearl


Sky/Blush/Tarmac Black/Dove Grey

●Tarmac SL6 Sport

Carbon/Smoke


Oasis/Ice Yellow/Blush


Cast Blue Metallic/Ice Blue/Flo Red

関連記事:
すべてを征す一台 All New Tarmac SL7が登場(2020年7月29日)
Winning is Everything -Tarmac/Venge 勝利の歴史(2020年7月28日)

カテゴリ:
ロード
キーワード:
Tarmac
Tarmacdisc

2020/07/29

新型Tarmac SL7に関するFAQ

新型Tarmac SL7に関するFAQをご紹介します。

新型Tarmac SL7に関するFAQ

Tarmac SL7のラインナップはこちら>

Tarmac SL6のラインナップはこちら>

FAQ

新しいTARMAC SL7 はRIDER-FIRST ENGINEERED™ を採用している?
はい。実走テストで得られた各部のデータに基づきカーボンレイアップをフレームサイズごとに設計しているため、スペシャライズドのパフォーマンスロードバイクで定評のある、上り坂で漕いだ瞬間に前に進む応答性や下りでの高い安定性とコーナリング性能を、どのフレームサイズでも同じように体感していただけます。

TARMAC SL7 の重量は?
S-Works Tarmac SL7は最上級グレードのFACT 12r カーボンとレイアップを使用し、最軽量のペイント込みで800gを達成しています。S-Works Di2 モデルは箱から取り出した 状態で、Carbon/Color Run Silver Greenカラーで6.7kgです。Tarmac SL7 ProおよびExpertは、FACT 10r カーボンとレイアップを使用し、フレーム重量は920gです。 Tarmac SL7 Pro UDi2の完成車は7.3kg、Tarmac SL7 Expert UDi2の完成車は7.65kgです。(すべてサイズ56での計測)

FACT 12Rと10R のフレームセットの違いは?
使用するカーボンレイアップと素材が主に異なります。どちらもフレームデザインは共通であるため、ハンドリング性能やライドクオリティーに違いはありません。

エアロ性能で見ると、新型TARMAC SL7は TARMAC SL6よりどれだけ速くなった?
新型Tarmac SL7は一切の妥協を排し、スピードを最重要視して開発されています。 エアロ性能で見ると、新型Tarmac SL7はTarmac SL6と比べ、距離40kmのコースで平均して45秒短縮します。フレームを改良し、一体型コックピット(Aeroflyおよび Tarmac ステム)とRoval Rapide CLX ホイールを搭載させたことで、このエアロ性能 によるタイム差が生まれました。

プロチームはTARMACの特別仕様でレースに参戦する?
Tarmacは、歴代のプロ選手のフィードバックうけながら開発されてきました。どなたでもお求めいただける新型のS-Works Tarmac SL7は、ペテル・サガン、ジュリアン・アラフィリップ、アンナ・ファン・デル・ブレッヘンといったプロたちが乗るバイクとまったく同じです。 TARMAC SL7のジオメトリーは? Tarmac SL7のフィットやジオメトリーは、現行のTarmac SL6およびVengeと同一です。各部の数値はジオメトリー表をご覧ください。

TARMACのスタックとリーチはどのように測定される?
スタックとリーチは、これまで通りヘッドチューブ上端中心で測定されます。これらの数値はTarmac SL6のものと異なりますが、Tarmac SL6、Tarmac SL7、Vengeのフィットは共通しています。ヘッドセットカバーを装着すると、すべてのモデルにおけるステムの最低位置が同じになります。

新しいTARMAC のステムのサイズは?
-6度と-12度の2種類の角度が用意されており、完成車に付属するのは‐6度です。-6度のステム長は70/80/90/100/110/120/130mmが用意され、-12度のステム長は110/120/130/140mmが用意されています。いずれもアフターマーケット製品としてお求めいただけます。※オンラインストアでの販売はございません。

S-Works Tarmac Stemをチェックする>

TARMACのステムに適合するハンドルバーは?
Tarmacのステムは、S-Works Aerofly II ハンドルバーを使用したときにケーブル類をもっともクリーンに配線できます。クランプ径は一般的な31.8mmですので、他の市販ハンドルバーもお使いいただけます。TARMAC のシートポストのオフセットは? S-Works Tarmac SL7のシートポストは、20mmと0mmのオフセットと300mmと380mmの長さが用意されています。(300mm x 20mmオフセットは日本未展開 ) 完成車とフレームセットには、20mmオフセットのシートポストが標準装備されます。 TARMAC SL7に適合するコンポーネントは? Tarmac SL7は、油圧ディスクブレーキのみ装着できます。ドライブトレインはすべてのモデルにおいて、電動および機械式に対応しています。全モデルに3種類のヘッドセットカバーが付属し、これらのヘッドセットキャップは3種類の異なる組み方に対応し、ケーブル配線用ホールで判別できます。
-Tarmac ステムと電動シフティングの組み合わせ
-Tarmac ステムと機械式シフティングの組み合わせ
-標準的なステム用のユニバーサルキャップとラウンドスペーサーと電動または機械式シフティングの組み合わせ

S-Works Tarmac Carbon Postをチェックする>

内蔵式コックピットの組み立て方は?
ドライブトレインを選んだら、ブレーキホースおよびシフティングケーブルの通し方に合ったヘッドセットカバーを選びます。内蔵型スペーサーなら、スタック(最高35mmまで)を簡単に調整でき、ケーブル類を新しいTarmac ステム裏側に配線してクリーンな外観を保てます。組み立て方について詳しくは、マニュアルをご覧ください。Vengeと同様、ケーブル類の配線をし直さずに、着脱式スペーサーでポジションを調整したり、ケーブルの外装方式を変更したりできます。

コックピットにコンピュータマウントは取り付けられる?
新しいTarmac ステムには、Wahoo、Garmin、Polar、Cateye、Brytonのコンピュータに適合するマウントを取り付けることができます。さらに、GoPro カメラとスペシャライズド Flux ライト用マウント、Stix ライト用マウントも用意されています。

TARMAC SL7に装着できるタイヤの最大サイズは?
全モデルには700x26mmのタイヤが標準装備されますが、クリアランスはさらに太いタイヤを対象に設計されています。最大で32cのタイヤを21mmのリムに履かせることができ、各部のクリアランスは4mmです。ただし、ブランドによってタイヤにサイズ差があるため、これらの数字はタイヤとリムを統一させた場合のみ有効です。お乗りになる前に、タイヤのクリアランスをご確認ください。

フロントディレーラーハンガーは取り外せる?
はい。Tarmac SL7のフロントディレーラーハンガーは着脱式ですので、1x ドライブトレインを使用する場合は外して見た目をクリーンにできます。ハンガーを取り外す場合に備え、配線用ホールを隠すカバーが付属し、フレームに2箇所のボルト穴が空けられています。

SHIMANO DI2 のジャンクションAはどこにある?
新しいS-Works Tarmac カーボンシートポストには、Vengeのようにジャンクションを内蔵できるスペースが設けられています。この位置なら、充電ポートやボタンに簡単にアクセスできます。ワイヤレスドライブトレインを使用する場合に備え、シートポストポート用カバーが全モデルに付属します。また、お好みに合わせてジャンクションAをハンドルバーにも取り付けられます。

THE TARMAC SL7の他の技術仕様は?
全モデルは68mmのBSA ねじ切りボトムブラケットに対応します。Tarmac SL7はリア142x12mmおよびフロント 00x12mmスルーアクスルと、Shimanoのフラットマウントディスクブレーキ規格に適合します。

TARMACの他のモデルはまだ販売される?
21年モデルでは、Tarmac SL7の他、Tarmac SL6のモデルも発売します。
TarmacSL6 9rは他のモデルと同様、Rider First Engineered™ がもたらすパフォーマンスをすべて備えており、気の遠くなるような膨大な量のカーボンレイアップ、自社風洞施設WinTunnelで重量とエアロ性能のテストを繰り返したことで誕生しました。THE TARMAC SL6 9R フレームは、現在もレースバイクの基準を築くモデル。あらゆる面で他社のバイクを上回り、最速でゴールできます。

  • TARMAC SL6 COMP は、Shimano Ultegra 機械式シフティング、すばやく止まれる油圧ディスクブレーキ、丈夫なDT R470 Disc ホイール、定評のあるスペシャライズド Powerサドルといった、本気のスペックを搭載します。 重量: 7.9kg


Sky/Blush/Tarmac Black/Dove Grey

  • TARMAC SL6 SPORT は、Shimano 105 機械式シフティング、すばやく止まれる油圧ディスクブレーキ、丈夫なDT R470 Disc ホイール、定評のあるスペシャライズド Powerサドルといった、信頼性の高いスペックを搭載します。 重量: 8.1kg

  • Oasis/Ice Yellow/Blush

Tarmac SL6のラインナップはこちらから>

●S-Works Tarmac SL7 - Dura Ace Di2(2色)


Flo Red/Red Tint/Tarmac Black/White


Carbon/Color Run Silver Green

 

●S-Works Tarmac SL7 - SRAM Red eTap AXS(2色)


Green Tint Fade over Spectraflair/Chrome


Carbon/Color Run Silver Green

●S-Works Tarmac SL7 Frameset(6色)


Blue Tint over Spectraflair/Brushed Chrome
Bora-hansgrohe
Deceuninck Quick-Step
Flo Red/Red Tint/Tarmac Black/White
Green Tint Fade over Spectraflair/Chrome
Snake Eye/Satin Black

Tarmac SL7 Pro - Ultegra Di2(2色)


Blue Tint Fade/Smoke/Metallic White Silver


Red Tint/Carbon

●Tarmac SL7 Pro - SRAM Force eTap AXS 1x(1色)


Abalone/Spectraflair

●Tarmac SL7 Expert - Ultegra Di2(2色)

Light Silver/Smoke Fade/Black


Ultra Turquoise/Red Gold Pearl/Black

●Tarmac SL6 Comp

Red Tint Fade/White with Gold Pearl


Sky/Blush/Tarmac Black/Dove Grey

●Tarmac SL6 Sport

Carbon/Smoke


Oasis/Ice Yellow/Blush


Cast Blue Metallic/Ice Blue/Flo Red

関連記事:
すべてを征す一台 All New Tarmac SL7が登場(2020年7月29日)
Winning is Everything -Tarmac/Venge 勝利の歴史(2020年7月28日)

カテゴリ:
ロード
キーワード:
Tarmac
Tarmacdisc

CALENDAR/カレンダー

<< 2020年8月 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

TAG/タグ

TAG/タグ