スペシャライズド銀座 4月28日グランドオープン

2018/04/28

スペシャライズド銀座 4月28日グランドオープン

2018年4月28日(土)、スペシャライズドの新しい直営店「スペシャライズド銀座」がオープン。銀座から始まる「ライダージャーニー」とは?

●スペシャライズド銀座から始まる「ライダージャーニー」
銀座エリアにオープンするスペシャライズド銀座は、スペシャライズド新宿(以前の店舗名は「スペシャライズド東京」)に続き、東京で2店舗目のスペシャライズド直営店。東京の中でももっとも上質でセンスあふれる銀座エリアとスポーツバイクショップという組み合わせは、あまり聞いたことがありません。

スペシャライズド銀座のHPhttps://specialized-store.jp/store/ginza/)を見ると、冒頭に「銀座からはじまる至高のライダージャーニー」というフレーズが目に入ります。
スポーツバイクが欲しいと思ってから、いろいろと情報収集をして、ショップへ足を運びスタッフとコミュニケーションをして、実際にバイクを購入する。そして、乗り方を教わり、少しずつ距離を伸ばし、ライダーとしての経験値をアップさせ、乗るたびに喜びが増していく――その過程を、スペシャライズドは「ライダージャーニー」と名付けました。

はじめてスポーツバイクを買うときは、知らないことばかり。それは誰でも同じことです。そこでスペシャライズド銀座では、スポーツバイクを購入する前の不安を取り除き、ひとりひとりのニーズに最適なバイク選びを手伝い、ばっちりとセッティングされたバイクでライダージャーニーをスタートできます。

バイクを購入したあとも、フィッティングによる最適な乗車ポジション(これは、乗っていくうちに変わるのです)の提供や、イベントライド、パーソナルトレーニングなど、ひとりひとりの楽しみたい方向性に合わせて、スペシャライズド銀座がライダージャーニーを一緒に歩んでいきます。

スタッフは全員がライダーであり、高い専門性をもっています。だから、スペシャライズド銀座がライダージャーニーの出発に最適だからと言って、それは決して「初心者向け」という意味ではありません。スタッフやスペシャライズドのアンバサダーとともにトレーニングに取り組み、スキルアップはもちろん、レースやイベントライドでの目標達成をサポートする、心強い存在なのです。

●一足早くスペシャライズド銀座をチェック!
そんなスペシャライズド銀座は、地下鉄銀座線・京橋駅や浅草線・宝町駅から徒歩2〜3分ほど、有楽町線の銀座一丁目からも徒歩5分ほどという立地。実際にお店に入ってみると手前にはスペシャライズドのロードバイク完成車、そして右手の壁面にはS-Works TarmacやShivなどのフレームが各種展示されています。

取り扱うバイクは、ロードバイクとトライアスロンバイクに特化しています。展示台数は完成車が6台、フレームが7~9台程度と、多いわけではありません。これについて店長の高橋貴美江さんは「ただ在庫をたくさん並べるのではなく、スペシャライズドのロードバイクやトライアスロンバイクを、スタッフの説明を聞きながらじっくり選んでいただける空間にしました」と話します。

このスペースには、自分にあったバイクを選ぶことを手助けしてくれる最新のデジタルサイジングツール「Match(マッチ)」を配備。コンポーネントやパーツも揃え、カスタマイズにも対応します。バーテープやサドルバッグなどのアクセサリーは、機能だけでなくカラーコディネートを考えて選ぶこともできますよ。

フロアの中ほどに進めば、右手にはアパレルやヘルメット、シューズなどの身に着けるライダーギアが並びます。アパレルは、きれいなフィッティングルームで試着可能。スペシャライズド銀座限定のアパレルもあるので、ぜひ手にとってみてください。また、シューズを選ぶ際には、カスタムフットベッドの相談・オーダーもできます。
左手にはカウンターあり、コミュニティスペースとして利用されます。壁面にはRovalのホイールが展示されるほか、メカニックスペースも隣接し、プロによる整備を垣間見ることもできるでしょう(時間を要する修理等については、預かりとなります)。

そしていちばん奥には、RETÜL(リトゥール)Fit Studioが設置されています。RETÜLとは、3Dモーションキャプチャーを用いることでライダーの姿勢や動きを可視化・数値化し、より精度を高めるもの。自分のカラダに合った完璧なバイクを手に入れるためには、ぜひ利用したいサービスです。
「RETÜL」Fitとは?>

●朝活やイベントライド、新たなチャレンジ――バイクを通じて人生を豊かにしよう
スペシャライズド銀座は、バイクを買うためだけの場所ではありません。店長の高橋さんは、バイクを購入した人がその後のバイクライフ、もっといえば人生を楽しめるよに、プランを練りに練っています。

「始めてロードバイクを買った方は、どんなふうに乗ったら良いのか、不安に思うことも多いでしょう。スペシャライズド銀座では、ビギナー向けのライドイベントなどで、しっかりサポートします。そしてビギナー向けにとどまらず、みなさんのチャレンジをサポートしていきます。朝活や週末のイベントなどをどんどん企画していくので、ぜひ参加していただきたいです」(高橋店長:写真右)

ただバイクを購入して、乗るだけでなく、ライダージャーニーを通じて成長し、心が豊かになる。そんなことを、スペシャライズド銀座は考えています。

「バイクに乗ることで健康を維持したりフィットネスレベルを上げたりできるだけでなく、イベントなどを通じて新たな出会いもあるでしょう。仕事や年齢といった壁を超えた仲間ができ、より充実した時間をすごせる――そのお手伝いをしたいと思います」(高橋店長)

スペシャライズド銀座は、2018年4月28日(土)オープン。銀座にお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

【スペシャライズド銀座】
〒104-0031 東京都 中央区京橋 3-7-5 京橋スクエア 1F  京橋駅より徒歩1分
Tel:03-6263-2405
スペシャライズド銀座HP
FaceBook
Instagram

Photo:RYUTA IWASAKI

筆者紹介:須貝弦
万年ビギナー状態だが、それでも自転車で地元の里山をめぐることを心のヨリドコロとするフリーライター。年に1度だけ、レースにも出ます。

関連記事:
スポーツバイクの楽しさを伝える、スペシャライズドアンバサダーを一挙公開!(2018年2月6日)
教えてSBCU先生! BODY GEOMETRY FITの公認フィットツール「RETUL」って何ですか?(2017年1月17日)

2018/04/28

スペシャライズド銀座 4月28日グランドオープン

2018年4月28日(土)、スペシャライズドの新しい直営店「スペシャライズド銀座」がオープン。銀座から始まる「ライダージャーニー」とは?

スペシャライズド銀座 4月28日グランドオープン

●スペシャライズド銀座から始まる「ライダージャーニー」
銀座エリアにオープンするスペシャライズド銀座は、スペシャライズド新宿(以前の店舗名は「スペシャライズド東京」)に続き、東京で2店舗目のスペシャライズド直営店。東京の中でももっとも上質でセンスあふれる銀座エリアとスポーツバイクショップという組み合わせは、あまり聞いたことがありません。

スペシャライズド銀座のHPhttps://specialized-store.jp/store/ginza/)を見ると、冒頭に「銀座からはじまる至高のライダージャーニー」というフレーズが目に入ります。
スポーツバイクが欲しいと思ってから、いろいろと情報収集をして、ショップへ足を運びスタッフとコミュニケーションをして、実際にバイクを購入する。そして、乗り方を教わり、少しずつ距離を伸ばし、ライダーとしての経験値をアップさせ、乗るたびに喜びが増していく――その過程を、スペシャライズドは「ライダージャーニー」と名付けました。

はじめてスポーツバイクを買うときは、知らないことばかり。それは誰でも同じことです。そこでスペシャライズド銀座では、スポーツバイクを購入する前の不安を取り除き、ひとりひとりのニーズに最適なバイク選びを手伝い、ばっちりとセッティングされたバイクでライダージャーニーをスタートできます。

バイクを購入したあとも、フィッティングによる最適な乗車ポジション(これは、乗っていくうちに変わるのです)の提供や、イベントライド、パーソナルトレーニングなど、ひとりひとりの楽しみたい方向性に合わせて、スペシャライズド銀座がライダージャーニーを一緒に歩んでいきます。

スタッフは全員がライダーであり、高い専門性をもっています。だから、スペシャライズド銀座がライダージャーニーの出発に最適だからと言って、それは決して「初心者向け」という意味ではありません。スタッフやスペシャライズドのアンバサダーとともにトレーニングに取り組み、スキルアップはもちろん、レースやイベントライドでの目標達成をサポートする、心強い存在なのです。

●一足早くスペシャライズド銀座をチェック!
そんなスペシャライズド銀座は、地下鉄銀座線・京橋駅や浅草線・宝町駅から徒歩2〜3分ほど、有楽町線の銀座一丁目からも徒歩5分ほどという立地。実際にお店に入ってみると手前にはスペシャライズドのロードバイク完成車、そして右手の壁面にはS-Works TarmacやShivなどのフレームが各種展示されています。

取り扱うバイクは、ロードバイクとトライアスロンバイクに特化しています。展示台数は完成車が6台、フレームが7~9台程度と、多いわけではありません。これについて店長の高橋貴美江さんは「ただ在庫をたくさん並べるのではなく、スペシャライズドのロードバイクやトライアスロンバイクを、スタッフの説明を聞きながらじっくり選んでいただける空間にしました」と話します。

このスペースには、自分にあったバイクを選ぶことを手助けしてくれる最新のデジタルサイジングツール「Match(マッチ)」を配備。コンポーネントやパーツも揃え、カスタマイズにも対応します。バーテープやサドルバッグなどのアクセサリーは、機能だけでなくカラーコディネートを考えて選ぶこともできますよ。

フロアの中ほどに進めば、右手にはアパレルやヘルメット、シューズなどの身に着けるライダーギアが並びます。アパレルは、きれいなフィッティングルームで試着可能。スペシャライズド銀座限定のアパレルもあるので、ぜひ手にとってみてください。また、シューズを選ぶ際には、カスタムフットベッドの相談・オーダーもできます。
左手にはカウンターあり、コミュニティスペースとして利用されます。壁面にはRovalのホイールが展示されるほか、メカニックスペースも隣接し、プロによる整備を垣間見ることもできるでしょう(時間を要する修理等については、預かりとなります)。

そしていちばん奥には、RETÜL(リトゥール)Fit Studioが設置されています。RETÜLとは、3Dモーションキャプチャーを用いることでライダーの姿勢や動きを可視化・数値化し、より精度を高めるもの。自分のカラダに合った完璧なバイクを手に入れるためには、ぜひ利用したいサービスです。
「RETÜL」Fitとは?>

●朝活やイベントライド、新たなチャレンジ――バイクを通じて人生を豊かにしよう
スペシャライズド銀座は、バイクを買うためだけの場所ではありません。店長の高橋さんは、バイクを購入した人がその後のバイクライフ、もっといえば人生を楽しめるよに、プランを練りに練っています。

「始めてロードバイクを買った方は、どんなふうに乗ったら良いのか、不安に思うことも多いでしょう。スペシャライズド銀座では、ビギナー向けのライドイベントなどで、しっかりサポートします。そしてビギナー向けにとどまらず、みなさんのチャレンジをサポートしていきます。朝活や週末のイベントなどをどんどん企画していくので、ぜひ参加していただきたいです」(高橋店長:写真右)

ただバイクを購入して、乗るだけでなく、ライダージャーニーを通じて成長し、心が豊かになる。そんなことを、スペシャライズド銀座は考えています。

「バイクに乗ることで健康を維持したりフィットネスレベルを上げたりできるだけでなく、イベントなどを通じて新たな出会いもあるでしょう。仕事や年齢といった壁を超えた仲間ができ、より充実した時間をすごせる――そのお手伝いをしたいと思います」(高橋店長)

スペシャライズド銀座は、2018年4月28日(土)オープン。銀座にお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

【スペシャライズド銀座】
〒104-0031 東京都 中央区京橋 3-7-5 京橋スクエア 1F  京橋駅より徒歩1分
Tel:03-6263-2405
スペシャライズド銀座HP
FaceBook
Instagram

Photo:RYUTA IWASAKI

筆者紹介:須貝弦
万年ビギナー状態だが、それでも自転車で地元の里山をめぐることを心のヨリドコロとするフリーライター。年に1度だけ、レースにも出ます。

関連記事:
スポーツバイクの楽しさを伝える、スペシャライズドアンバサダーを一挙公開!(2018年2月6日)
教えてSBCU先生! BODY GEOMETRY FITの公認フィットツール「RETUL」って何ですか?(2017年1月17日)

CALENDAR/カレンダー

<< 2018年5月 >>

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

TAG/タグ

TAG/タグ