楽しいフィットネスライフを始めるためのクロスバイクの選び方

2018/11/26

楽しいフィットネスライフを始めるためのクロスバイクの選び方

最新のクロスバイクの選び方のポイントとスペシャライズドのおすすめの特徴をご紹介いたします。

オンロードを爽快なスピードで走ることが魅力のロードバイクと、林道や山道などのオフロードをダイナミックに走り抜けられるMTBの中間的な使い方が楽しめるクロスバイク。自転車通勤・通学にも使いやすく、休日サイクリングなどに出かけて身体をリフレッシュしたいというフィットネス目的の人にも最適なスポーツバイクです。

しかし、5万円ぐらいの入門モデルから30万円近くする高級モデルまで多くのモデルがラインナップされ、「どのクロスバイクを選べばいいの?」と悩んでいる人も多いはず。そこで、スペシャライズドの旗艦店である「スペシャライズド新宿」の清水店長に自分に合ったクロスバイクの選び方のポイントをレクチャーしてもらいました。さらに、スペシャライズドのクロスバイク“シラス”シリーズ全モデルのおすすめポイントも解説します! ※イメージ写真には日本未展開の商品も含まれます。予めご了承ください。

 INDEX

 気軽にスポーツライドを楽しめる! クロスバイクの特長
    握りやすく&操作しやすいフラットハンドル
    楽な姿勢で乗れるアップライトポジション
    段差もラクラク!太めのタイヤが快適

 ●はじめてのクロスバイクの選び方5ポイント
    @フレーム・フォーク素材
    Aブレーキタイプ
    Bコンポーネントグレード
    Cタイヤの太さ
    D快適性パーツ

 ●「スペシャライズド・クロスバイク」2019年モデルラインナップ
  男性モデル スペック比較表
    SIRRUS X COMP CARBON
    SIRRUS MEN ELITE CARBON
    SIRRUS MEN SPORT
    SIRRUS MEN

  女性モデル スペック比較表
    SIRRUS WOMEN ELITE CARBON
    SIRRUS WOMEN ELITE ALLOY
    SIRRUS WOMEN SPORT
    SIRRUS WOMEN

  

===================

●気軽にスポーツライドを楽しめる! クロスバイクの特長


握りやすく&操作しやすいフラットハンドル
ロードバイクと違い、直観的な操作ができる一本の棒形状をしたハンドル。これをフラットハンドルと呼びます。このハンドルタイプは両手の甲を上にした状態でハンドルを握ることができるので、ロードバイクに装着されているドロップハンドルより肩〜腕〜手がリラックスした状態で握りやすく、ブレーキレバーも引きやすいので、手の力が弱い女性でも操作しやすい点が魅力です。

楽な姿勢で乗れるアップライトポジション
ロードバイクよりも上体が起きたアップライトポジションに設計されているクロスバイク。「スポーツバイクは前傾姿勢が深くて怖い…」と思っている人は、まずはクロスバイクに乗ってみてください! ロードバイクよりも視線が高いので周囲の安全確認もしやすく、景色も楽しみながら走れます。街中を走る自転車通勤・通学にも休日ツーリングにも最適です。

段差もラクラク!太めのタイヤが快適
クロスバイクのタイヤは、ロードバイク以上マウンテンバイク未満の太さ。軽快さは持ちつつ、パンクしにくいバランスの取れた太さになっています。「太めのタイヤ=走りが重い」と考えている人も多いかもしれませんが、最近ではタイヤ製造の技術が向上し、太めのタイヤでも軽快に走ることができます。スペシャライズドのタイヤは、物が貫通しにくく、パンクしにくい仕様になっています。さらに太めのタイヤは段差なども越しやすく、エアボリュームによるクッション性の高さで、身体に伝わる衝撃を吸収してくれる点も〇です。
 

========

●はじめてのクロスバイクの選び方5ポイント

@フレーム・フォーク素材
スポーツバイクのフレーム・フォークに使用されている素材は、主に炭素素材のカーボンと鉄素材のアルミ、クロモリなど。カーボンは軽量で剛性が高く、中級〜高級モデルに使用されていることが多いのに対し、アルミなどは比較的低価格で製造できるため、入門用モデルに採用されています。

「より軽快な走りを楽しみたい人は、フレーム・フォークにカーボン素材を使ったものを選ぶのがおすすめです。しかし、アルミフレームが決して悪いわけではありません。自転車通勤・通学や休日サイクリングで十分軽快な走りを楽しむ性能を持っています!」(清水)

Aブレーキタイプ
数年前までクロスバイクのブレーキは、ホイールのリム部分にゴム素材などでできたブレーキシューを当てて減速するVブレーキやキャリパーブレーキと呼ばれるシステムが主流でしたが、最近ではロード・クロスバイク用に開発されたディスクブレーキを装備したモデルが増えてきています。

「ワイヤーを引く力で減速するブレーキタイプと異なり、油圧式のディスクブレーキは少ない力でブレーキが効くので、手の力が弱い女性などにはとくにおすすめです。雨の日でも制動力が落ちることがないので、安全性が高い点も魅力ですね。一方、10万円以下のモデルに採用されていることの多いVブレーキは、町の一般的な自転車屋さんでも修理してもらえるメンテナンス性の高さが特徴です」(清水)

Bコンポーネントグレード
変速機や駆動・制動系部品などをまとめてコンポーネントと呼びます。スペシャライズドのクロスバイクにはロードバイク用のコンポーネントが装着されているモデルが多いですが、最新モデル“シラスX COMPカーボン”にはMTB用コンポーネントが採用されています。

「高級モデルになるほどグレードの高いコンポーネントが装着されていることが多く、変速・ブレーキの精度が高くなります。また、“シラスX COMPカーボン”のようにMTB用コンポーネントを採用しているモデルは、林道や河川敷などの軽いオフロードでの走行も考えて設計されています。装着されているコンポーネントの種類で、どんな路面を走行できるかの目安にもなります」(清水)

Cタイヤの太さ
ロード・クロスバイクのタイヤのサイズは23Cや32Cなど、Cの前の数字が大きいほど太いタイヤを表します。ロードバイクには23C・26Cなどの細めのタイヤが装着されているのに対し、クロスバイクには32C前後の太めのタイヤが採用されています。

「クロスバイクに乗り始めてしばらくして「もう少しスピードを出したい」と感じた人は28Cなど少し細めに交換し、「パンクが心配」という人はより太い35Cに交換するのがおすすめ。太すぎるタイヤは装着できないこともあるので、お店で相談してから交換するようにしましょう」(清水)

D快適性パーツ
手がしびれてしまったりお尻が痛くなったりしてしまうと、せっかくのクロスバイクの楽しさが半減してしまいます。スペシャライズドのクロスバイクのグリップには、人間工学に基づいたBody Geometry グリップを採用しています。手の解剖学的構造に合わせて設計されていますので、握りやすさはもちろんのこと、圧迫による手の痛みやしびれなど、疲労の原因を軽減します。そして、サドルにも人間工学に基づいた快適性の高いフィットネスや通勤通学に最適なサドルを採用しています。軽量でサポート力の高いポリウレタンフォームにより、パット付きのウエアを着用しなくても長時間のライドが快適に行えます。

さらに、ハンドルとフレームがつながる場所にFuture Shockと呼ばれるサスペンションが装備されているモデルも登場しました。

「サスペンションと言うと『オフロードを走るMTB用』と思う人もいるかもしれませんが、オンロードにも細かい凸凹があり、その細かい衝撃が身体に伝わってきてしまいます。Future Shockは路面からの衝撃を吸収し、常にタイヤが路面と接することになるので、滑らかな走りを手にすることができます」(清水)

==========

●「スペシャライズド・クロスバイク」2019年モデルラインナップ
男性モデル スペック比較表
ラインアップのスペックなどをわかりやすく比較できるようにまとめたものがこちら。予算や用途、希望のグレードに合わせて選ぼう。

SIRRUS X COMP CARBON
価格/ 194,400円
@フレーム・フォーク素材/カーボン
Aブレーキタイプ/ディスクブレーキ
Bコンポーネントグレード/SRAM NX
Cタイヤの太さ/700×38mm
D快適性パーツ/新型Future Shock サスペンションシステム、厚めのクッションで体をしっかり支えるCanopy Comp サドル

最初に注目してもらいたいのが、前のギヤはシングル(1速)という点。細かく11段変速できる後ろ変速器だけのシンプルなシステムなので、変速トラブルが少ないのが魅力です。

また、F1マシン開発で培った技術を使って様々な分野で最新アイテムを生み出すマクラーレン・アプライドテクノロジーズの協力でスペシャライズドが開発したFuture Shock サスペンションシステムを採用しているので、オフ・オンロードともに快適に走り続けることができるでしょう。
さらに38Cという太めのタイヤに油圧ディスクブレーキ、MTB用のコンポーネントを採用し、これまでのクロスバイクでは走ることが難しかった悪路も楽しめます。平日は自転車通勤・通学に使い、休日はサイクリングロードから少し脇に入ってオフロードを走るなどちょっとした冒険に出るのも最適な一台です!


高品質のカーボン素材を使用したフレーム・フォークは、流れるような美しいデザインに仕上がっている


前の変速がないフロントシングルは見た目もシンプルで、街中で走っていても違和感のないデザイン


MTBコンポーネントの“SRAM NX”を装備。軽い〜重い11段変速で、オフロード走行にも対応する


上体に伝わる衝撃を吸収し、滑らかで快適な走りを実現してくれるFuture Shock サスペンションシステム

==

 

SIRRUS MEN ELITE CARBON(3色展開)
価格/151,200円
@フレーム・フォーク素材/カーボン
Aブレーキタイプ/ディスクブレーキ
Bコンポーネントグレード/Shimano Tiagra
Cタイヤの太さ/700×30mm
D快適性パーツ/厚めのクッションで体をしっかり支えるCanopy Comp サドル


フレーム・フォークにカーボン素材を採用し、油圧ディスクブレーキを装備して、価格167,400円を実現したコストパフォーマンスに優れたモデルです。30Cの太めのタイヤに加え、サドルとハンドルグリップにスペシャライズドが独自開発した快適性の高いパーツを配し、長時間のライドも楽しむことができます。

2019年新色 サテンキャストバトルシップ/ハイパー/ブラックリフレクティブ
ターマックブラック/ロケットレッドアシッドブルーフェード/チャコールリフレクティブ
ティールティント/ブラック/ブラックリフレクティブ


2019年新色 サテンキャストバトルシップ/ハイパー/ブラックリフレクティブ


SIRRUS MEN SPORT(4色展開)
価格/82,080円
@フレーム・フォーク素材/フレーム:アルミ、フォーク:カーボン
Aブレーキタイプ/ディスクブレーキ
Bコンポーネントグレード/Shimano Sora
Cタイヤの太さ/700×32mm
D快適性パーツ/厚めのクッションで体をしっかり支えるCanopy Comp サドル


フレームにアルミ素材、フォークにカーボンを使用した油圧ディスクブレーキ搭載のクロスバイクです。ロード用のエントリーグレードコンポーネントが装備され、初めてスポーツバイクに乗る人におすすめしたい一台。
スペシャライズドの“シラス”シリーズは全モデル、泥除けやキャリアなどを取り付けやすいダボ穴が付いているので、雨の日も乗る機会もある自転車通勤・通学にも使いやすいですね。

2019年新色 サテンキャストバトルシップ/ハイパー/ブラックリフレクティブ
2019年新色 グロスフローレッド/ブラック/ブラックリフレクティブ
ブラッククローム/クローム
キャストブルー/ロケットレッド/ブラックリフレクティブ
 

2019年新色 サテンキャストバトルシップ/ハイパー/ブラックリフレクティブ

SIRRUS MEN(4色展開)
価格/59,400円
@フレーム・フォーク素材/フレーム:アルミ、フォーク:スチール
Aブレーキタイプ/Vブレーキ
Bコンポーネントグレード/Shimano Tourney
Cタイヤの太さ/700×32C
D快適性パーツ/高いグリップ力を発揮するスペシャライズドXCTロックオングリップ、厚めのクッションで体をしっかり支えるCanopy Comp サドル


“シラス”シリーズの入門用モデル。アルミフレーム+スチールフォークにVブレーキを装備して60,000円を切る価格を実現しています。ハンドルグリップやサドルにスペシャライズド独自開発の快適性の高いアイテムが採用されている点も注目です。

2019年新色 グロスアシッドキウィ/ブラックリフレクティブ>
ロケットレッド/ブラック/ブラックリフレクティブ>
トロピカルティール/アシッドミント/キャストブルーリフレクティブ>
ブラック/グロスブラック/ブラックリフレクティブ>


2019年新色 グロスアシッドキウィ/ブラックリフレクティブ

===================

女性モデル スペック比較表
ラインアップのスペックなどをわかりやすく比較できるようにまとめたものがこちら。予算や用途、希望のグレードに合わせて選ぼう。

SIRRUS WOMEN ELITE CARBON(2色展開)
価格/151,200円
@フレーム・フォーク素材/カーボン
Aブレーキタイプ/ディスクブレーキ
Bコンポーネントグレード/Shimano Tiagra
Cタイヤの太さ/700×30mm
D快適性パーツ/厚めのクッションで体をしっかり支えるAldia Compサドル


スペシャライズドの女性用モデルは、単にサイズが小さいというだけでなく、骨格や柔軟性の異なる女性に合ったフレーム設計がされ、女性の身体に合ったサドルなどが採用されています。
女性用最上位モデルは、フレーム・フォークにカーボン素材を使用し、ディスクブレーキとFuture Shock サスペンションシステムを装備。快適な乗り味でフィットネスライドを楽しむことができます。

2019年新色 グロスUVライラック/マリンブルー>
2019年新色 ターマックブラック/ブラック/カメレオン>


2019年新色 グロスUVライラック/マリンブルー

SIRRUS WOMEN ELITE ALLOY(1色展開)
価格/108,000円
@フレーム・フォーク素材/フレーム:アルミ、フォーク:カーボン
Aブレーキタイプ/ディスクブレーキ
Bコンポーネントグレード/Shimano Tiagra
Cタイヤの太さ/700×30mm
D快適性パーツ/厚めのクッションで体をしっかり支えるAldia Compサドル


スペシャライズドの女性用モデルは、単にサイズが小さいというだけでなく、骨格や柔軟性の異なる女性に合ったフレーム設計がされ、女性の身体に合ったサドルなどが採用されています。パワフルな油圧式ディスクブレーキはどんなコンディションでも短い制動距離で止まれます。さらに女性の小さい手でもブレーキングのしやすさが魅力。

アシッドブルー/ライトターコイズ/ブラック>


アシッドブルー/ライトターコイズ/ブラック

SIRRUS WOMEN SPORT(3色展開)
価格/82,080円
@フレーム・フォーク素材/フレーム:アルミ、フォーク:カーボン
Aブレーキタイプ/ディスクブレーキ
Bコンポーネントグレード/Shimano Sora
Cタイヤの太さ/700×32mm
D快適性パーツ/厚めのクッションで体をしっかり支えるAldia Sport サドル


アルミ素材を使用したフレームに油圧ディスクブレーキを装備して、10万円を切る価格を実現した女性用クロスバイク。油圧ディスクブレーキは少ない力でブレーキングできるので、女性にはとくにおすすめしたい装備。また、ダボ穴が付き、キャリア+バスケット(カゴ)を装着しやすいので、シティサイクルとしての使い勝手が高い点も魅力です。

2019年新色 グロスアシッドミント/アシッドキウィ>
キャストブルー/アシッドラヴァ/フローラル>
UVライラック/ブラック/レモン>


2019年新色 グロスアシッドミント/アシッドキウィ

SIRRUS WOMEN (3色展開)
価格/59,400円
@フレーム・フォーク素材/フレーム:アルミ、フォーク:スチール
Aブレーキタイプ/Vブレーキ
Bコンポーネントグレード/Shimano Tourney
Cタイヤの太さ/700×32C
D快適性パーツ/高いグリップ力を発揮するスペシャライズドXCTロックオングリップ、厚めのクッションで体をしっかり支えるAldia Sport サドル


スペシャライズド“シラス”女性用の入門用モデル。32Cの太めのタイヤと厚手のサドルで路面からの細かい衝撃を軽減。太めのタイヤは段差などでもパンクしにくいので、「細めのタイヤは不安」という人にもおすすめです。

メタリックホワイト/ターマックブラック/フローラル>
ミント/アシッドラヴァ/ブラック>
ターマックブラック/アシッドミント/アシッドピンク>


メタリックホワイト/ターマックブラック/フローラル

===================

【スペシャライズド新宿】
〒160-0023 東京都新宿区西新宿8-16-2 新宿グランドウィング1F
電話:03-5332-5900
メール:specialized.shinjuku@specialized.com
営業時間:平日:11-20時、土日祝:11-19時
定休日:水曜日 ※年末年始など不定休あり。
HPはこちら>

関連記事:
マイ スペシャライズド Vol.1 パンクしないクロスバイク『Alibi』(アリバイ)(2017年10月6日)
THE NEW SIRRUS クロスバイクの元祖”シラス"がモデルチェンジ(2017年9月6日)

2018/11/26

楽しいフィットネスライフを始めるためのクロスバイクの選び方

最新のクロスバイクの選び方のポイントとスペシャライズドのおすすめの特徴をご紹介いたします。

楽しいフィットネスライフを始めるためのクロスバイクの選び方

オンロードを爽快なスピードで走ることが魅力のロードバイクと、林道や山道などのオフロードをダイナミックに走り抜けられるMTBの中間的な使い方が楽しめるクロスバイク。自転車通勤・通学にも使いやすく、休日サイクリングなどに出かけて身体をリフレッシュしたいというフィットネス目的の人にも最適なスポーツバイクです。

しかし、5万円ぐらいの入門モデルから30万円近くする高級モデルまで多くのモデルがラインナップされ、「どのクロスバイクを選べばいいの?」と悩んでいる人も多いはず。そこで、スペシャライズドの旗艦店である「スペシャライズド新宿」の清水店長に自分に合ったクロスバイクの選び方のポイントをレクチャーしてもらいました。さらに、スペシャライズドのクロスバイク“シラス”シリーズ全モデルのおすすめポイントも解説します! ※イメージ写真には日本未展開の商品も含まれます。予めご了承ください。

 INDEX

 気軽にスポーツライドを楽しめる! クロスバイクの特長
    握りやすく&操作しやすいフラットハンドル
    楽な姿勢で乗れるアップライトポジション
    段差もラクラク!太めのタイヤが快適

 ●はじめてのクロスバイクの選び方5ポイント
    @フレーム・フォーク素材
    Aブレーキタイプ
    Bコンポーネントグレード
    Cタイヤの太さ
    D快適性パーツ

 ●「スペシャライズド・クロスバイク」2019年モデルラインナップ
  男性モデル スペック比較表
    SIRRUS X COMP CARBON
    SIRRUS MEN ELITE CARBON
    SIRRUS MEN SPORT
    SIRRUS MEN

  女性モデル スペック比較表
    SIRRUS WOMEN ELITE CARBON
    SIRRUS WOMEN ELITE ALLOY
    SIRRUS WOMEN SPORT
    SIRRUS WOMEN

  

===================

●気軽にスポーツライドを楽しめる! クロスバイクの特長


握りやすく&操作しやすいフラットハンドル
ロードバイクと違い、直観的な操作ができる一本の棒形状をしたハンドル。これをフラットハンドルと呼びます。このハンドルタイプは両手の甲を上にした状態でハンドルを握ることができるので、ロードバイクに装着されているドロップハンドルより肩〜腕〜手がリラックスした状態で握りやすく、ブレーキレバーも引きやすいので、手の力が弱い女性でも操作しやすい点が魅力です。

楽な姿勢で乗れるアップライトポジション
ロードバイクよりも上体が起きたアップライトポジションに設計されているクロスバイク。「スポーツバイクは前傾姿勢が深くて怖い…」と思っている人は、まずはクロスバイクに乗ってみてください! ロードバイクよりも視線が高いので周囲の安全確認もしやすく、景色も楽しみながら走れます。街中を走る自転車通勤・通学にも休日ツーリングにも最適です。

段差もラクラク!太めのタイヤが快適
クロスバイクのタイヤは、ロードバイク以上マウンテンバイク未満の太さ。軽快さは持ちつつ、パンクしにくいバランスの取れた太さになっています。「太めのタイヤ=走りが重い」と考えている人も多いかもしれませんが、最近ではタイヤ製造の技術が向上し、太めのタイヤでも軽快に走ることができます。スペシャライズドのタイヤは、物が貫通しにくく、パンクしにくい仕様になっています。さらに太めのタイヤは段差なども越しやすく、エアボリュームによるクッション性の高さで、身体に伝わる衝撃を吸収してくれる点も〇です。
 

========

●はじめてのクロスバイクの選び方5ポイント

@フレーム・フォーク素材
スポーツバイクのフレーム・フォークに使用されている素材は、主に炭素素材のカーボンと鉄素材のアルミ、クロモリなど。カーボンは軽量で剛性が高く、中級〜高級モデルに使用されていることが多いのに対し、アルミなどは比較的低価格で製造できるため、入門用モデルに採用されています。

「より軽快な走りを楽しみたい人は、フレーム・フォークにカーボン素材を使ったものを選ぶのがおすすめです。しかし、アルミフレームが決して悪いわけではありません。自転車通勤・通学や休日サイクリングで十分軽快な走りを楽しむ性能を持っています!」(清水)

Aブレーキタイプ
数年前までクロスバイクのブレーキは、ホイールのリム部分にゴム素材などでできたブレーキシューを当てて減速するVブレーキやキャリパーブレーキと呼ばれるシステムが主流でしたが、最近ではロード・クロスバイク用に開発されたディスクブレーキを装備したモデルが増えてきています。

「ワイヤーを引く力で減速するブレーキタイプと異なり、油圧式のディスクブレーキは少ない力でブレーキが効くので、手の力が弱い女性などにはとくにおすすめです。雨の日でも制動力が落ちることがないので、安全性が高い点も魅力ですね。一方、10万円以下のモデルに採用されていることの多いVブレーキは、町の一般的な自転車屋さんでも修理してもらえるメンテナンス性の高さが特徴です」(清水)

Bコンポーネントグレード
変速機や駆動・制動系部品などをまとめてコンポーネントと呼びます。スペシャライズドのクロスバイクにはロードバイク用のコンポーネントが装着されているモデルが多いですが、最新モデル“シラスX COMPカーボン”にはMTB用コンポーネントが採用されています。

「高級モデルになるほどグレードの高いコンポーネントが装着されていることが多く、変速・ブレーキの精度が高くなります。また、“シラスX COMPカーボン”のようにMTB用コンポーネントを採用しているモデルは、林道や河川敷などの軽いオフロードでの走行も考えて設計されています。装着されているコンポーネントの種類で、どんな路面を走行できるかの目安にもなります」(清水)

Cタイヤの太さ
ロード・クロスバイクのタイヤのサイズは23Cや32Cなど、Cの前の数字が大きいほど太いタイヤを表します。ロードバイクには23C・26Cなどの細めのタイヤが装着されているのに対し、クロスバイクには32C前後の太めのタイヤが採用されています。

「クロスバイクに乗り始めてしばらくして「もう少しスピードを出したい」と感じた人は28Cなど少し細めに交換し、「パンクが心配」という人はより太い35Cに交換するのがおすすめ。太すぎるタイヤは装着できないこともあるので、お店で相談してから交換するようにしましょう」(清水)

D快適性パーツ
手がしびれてしまったりお尻が痛くなったりしてしまうと、せっかくのクロスバイクの楽しさが半減してしまいます。スペシャライズドのクロスバイクのグリップには、人間工学に基づいたBody Geometry グリップを採用しています。手の解剖学的構造に合わせて設計されていますので、握りやすさはもちろんのこと、圧迫による手の痛みやしびれなど、疲労の原因を軽減します。そして、サドルにも人間工学に基づいた快適性の高いフィットネスや通勤通学に最適なサドルを採用しています。軽量でサポート力の高いポリウレタンフォームにより、パット付きのウエアを着用しなくても長時間のライドが快適に行えます。

さらに、ハンドルとフレームがつながる場所にFuture Shockと呼ばれるサスペンションが装備されているモデルも登場しました。

「サスペンションと言うと『オフロードを走るMTB用』と思う人もいるかもしれませんが、オンロードにも細かい凸凹があり、その細かい衝撃が身体に伝わってきてしまいます。Future Shockは路面からの衝撃を吸収し、常にタイヤが路面と接することになるので、滑らかな走りを手にすることができます」(清水)

==========

●「スペシャライズド・クロスバイク」2019年モデルラインナップ
男性モデル スペック比較表
ラインアップのスペックなどをわかりやすく比較できるようにまとめたものがこちら。予算や用途、希望のグレードに合わせて選ぼう。

SIRRUS X COMP CARBON
価格/ 194,400円
@フレーム・フォーク素材/カーボン
Aブレーキタイプ/ディスクブレーキ
Bコンポーネントグレード/SRAM NX
Cタイヤの太さ/700×38mm
D快適性パーツ/新型Future Shock サスペンションシステム、厚めのクッションで体をしっかり支えるCanopy Comp サドル

最初に注目してもらいたいのが、前のギヤはシングル(1速)という点。細かく11段変速できる後ろ変速器だけのシンプルなシステムなので、変速トラブルが少ないのが魅力です。

また、F1マシン開発で培った技術を使って様々な分野で最新アイテムを生み出すマクラーレン・アプライドテクノロジーズの協力でスペシャライズドが開発したFuture Shock サスペンションシステムを採用しているので、オフ・オンロードともに快適に走り続けることができるでしょう。
さらに38Cという太めのタイヤに油圧ディスクブレーキ、MTB用のコンポーネントを採用し、これまでのクロスバイクでは走ることが難しかった悪路も楽しめます。平日は自転車通勤・通学に使い、休日はサイクリングロードから少し脇に入ってオフロードを走るなどちょっとした冒険に出るのも最適な一台です!


高品質のカーボン素材を使用したフレーム・フォークは、流れるような美しいデザインに仕上がっている


前の変速がないフロントシングルは見た目もシンプルで、街中で走っていても違和感のないデザイン


MTBコンポーネントの“SRAM NX”を装備。軽い〜重い11段変速で、オフロード走行にも対応する


上体に伝わる衝撃を吸収し、滑らかで快適な走りを実現してくれるFuture Shock サスペンションシステム

==

 

SIRRUS MEN ELITE CARBON(3色展開)
価格/151,200円
@フレーム・フォーク素材/カーボン
Aブレーキタイプ/ディスクブレーキ
Bコンポーネントグレード/Shimano Tiagra
Cタイヤの太さ/700×30mm
D快適性パーツ/厚めのクッションで体をしっかり支えるCanopy Comp サドル


フレーム・フォークにカーボン素材を採用し、油圧ディスクブレーキを装備して、価格167,400円を実現したコストパフォーマンスに優れたモデルです。30Cの太めのタイヤに加え、サドルとハンドルグリップにスペシャライズドが独自開発した快適性の高いパーツを配し、長時間のライドも楽しむことができます。

2019年新色 サテンキャストバトルシップ/ハイパー/ブラックリフレクティブ
ターマックブラック/ロケットレッドアシッドブルーフェード/チャコールリフレクティブ
ティールティント/ブラック/ブラックリフレクティブ


2019年新色 サテンキャストバトルシップ/ハイパー/ブラックリフレクティブ


SIRRUS MEN SPORT(4色展開)
価格/82,080円
@フレーム・フォーク素材/フレーム:アルミ、フォーク:カーボン
Aブレーキタイプ/ディスクブレーキ
Bコンポーネントグレード/Shimano Sora
Cタイヤの太さ/700×32mm
D快適性パーツ/厚めのクッションで体をしっかり支えるCanopy Comp サドル


フレームにアルミ素材、フォークにカーボンを使用した油圧ディスクブレーキ搭載のクロスバイクです。ロード用のエントリーグレードコンポーネントが装備され、初めてスポーツバイクに乗る人におすすめしたい一台。
スペシャライズドの“シラス”シリーズは全モデル、泥除けやキャリアなどを取り付けやすいダボ穴が付いているので、雨の日も乗る機会もある自転車通勤・通学にも使いやすいですね。

2019年新色 サテンキャストバトルシップ/ハイパー/ブラックリフレクティブ
2019年新色 グロスフローレッド/ブラック/ブラックリフレクティブ
ブラッククローム/クローム
キャストブルー/ロケットレッド/ブラックリフレクティブ
 

2019年新色 サテンキャストバトルシップ/ハイパー/ブラックリフレクティブ

SIRRUS MEN(4色展開)
価格/59,400円
@フレーム・フォーク素材/フレーム:アルミ、フォーク:スチール
Aブレーキタイプ/Vブレーキ
Bコンポーネントグレード/Shimano Tourney
Cタイヤの太さ/700×32C
D快適性パーツ/高いグリップ力を発揮するスペシャライズドXCTロックオングリップ、厚めのクッションで体をしっかり支えるCanopy Comp サドル


“シラス”シリーズの入門用モデル。アルミフレーム+スチールフォークにVブレーキを装備して60,000円を切る価格を実現しています。ハンドルグリップやサドルにスペシャライズド独自開発の快適性の高いアイテムが採用されている点も注目です。

2019年新色 グロスアシッドキウィ/ブラックリフレクティブ>
ロケットレッド/ブラック/ブラックリフレクティブ>
トロピカルティール/アシッドミント/キャストブルーリフレクティブ>
ブラック/グロスブラック/ブラックリフレクティブ>


2019年新色 グロスアシッドキウィ/ブラックリフレクティブ

===================

女性モデル スペック比較表
ラインアップのスペックなどをわかりやすく比較できるようにまとめたものがこちら。予算や用途、希望のグレードに合わせて選ぼう。

SIRRUS WOMEN ELITE CARBON(2色展開)
価格/151,200円
@フレーム・フォーク素材/カーボン
Aブレーキタイプ/ディスクブレーキ
Bコンポーネントグレード/Shimano Tiagra
Cタイヤの太さ/700×30mm
D快適性パーツ/厚めのクッションで体をしっかり支えるAldia Compサドル


スペシャライズドの女性用モデルは、単にサイズが小さいというだけでなく、骨格や柔軟性の異なる女性に合ったフレーム設計がされ、女性の身体に合ったサドルなどが採用されています。
女性用最上位モデルは、フレーム・フォークにカーボン素材を使用し、ディスクブレーキとFuture Shock サスペンションシステムを装備。快適な乗り味でフィットネスライドを楽しむことができます。

2019年新色 グロスUVライラック/マリンブルー>
2019年新色 ターマックブラック/ブラック/カメレオン>


2019年新色 グロスUVライラック/マリンブルー

SIRRUS WOMEN ELITE ALLOY(1色展開)
価格/108,000円
@フレーム・フォーク素材/フレーム:アルミ、フォーク:カーボン
Aブレーキタイプ/ディスクブレーキ
Bコンポーネントグレード/Shimano Tiagra
Cタイヤの太さ/700×30mm
D快適性パーツ/厚めのクッションで体をしっかり支えるAldia Compサドル


スペシャライズドの女性用モデルは、単にサイズが小さいというだけでなく、骨格や柔軟性の異なる女性に合ったフレーム設計がされ、女性の身体に合ったサドルなどが採用されています。パワフルな油圧式ディスクブレーキはどんなコンディションでも短い制動距離で止まれます。さらに女性の小さい手でもブレーキングのしやすさが魅力。

アシッドブルー/ライトターコイズ/ブラック>


アシッドブルー/ライトターコイズ/ブラック

SIRRUS WOMEN SPORT(3色展開)
価格/82,080円
@フレーム・フォーク素材/フレーム:アルミ、フォーク:カーボン
Aブレーキタイプ/ディスクブレーキ
Bコンポーネントグレード/Shimano Sora
Cタイヤの太さ/700×32mm
D快適性パーツ/厚めのクッションで体をしっかり支えるAldia Sport サドル


アルミ素材を使用したフレームに油圧ディスクブレーキを装備して、10万円を切る価格を実現した女性用クロスバイク。油圧ディスクブレーキは少ない力でブレーキングできるので、女性にはとくにおすすめしたい装備。また、ダボ穴が付き、キャリア+バスケット(カゴ)を装着しやすいので、シティサイクルとしての使い勝手が高い点も魅力です。

2019年新色 グロスアシッドミント/アシッドキウィ>
キャストブルー/アシッドラヴァ/フローラル>
UVライラック/ブラック/レモン>


2019年新色 グロスアシッドミント/アシッドキウィ

SIRRUS WOMEN (3色展開)
価格/59,400円
@フレーム・フォーク素材/フレーム:アルミ、フォーク:スチール
Aブレーキタイプ/Vブレーキ
Bコンポーネントグレード/Shimano Tourney
Cタイヤの太さ/700×32C
D快適性パーツ/高いグリップ力を発揮するスペシャライズドXCTロックオングリップ、厚めのクッションで体をしっかり支えるAldia Sport サドル


スペシャライズド“シラス”女性用の入門用モデル。32Cの太めのタイヤと厚手のサドルで路面からの細かい衝撃を軽減。太めのタイヤは段差などでもパンクしにくいので、「細めのタイヤは不安」という人にもおすすめです。

メタリックホワイト/ターマックブラック/フローラル>
ミント/アシッドラヴァ/ブラック>
ターマックブラック/アシッドミント/アシッドピンク>


メタリックホワイト/ターマックブラック/フローラル

===================

【スペシャライズド新宿】
〒160-0023 東京都新宿区西新宿8-16-2 新宿グランドウィング1F
電話:03-5332-5900
メール:specialized.shinjuku@specialized.com
営業時間:平日:11-20時、土日祝:11-19時
定休日:水曜日 ※年末年始など不定休あり。
HPはこちら>

関連記事:
マイ スペシャライズド Vol.1 パンクしないクロスバイク『Alibi』(アリバイ)(2017年10月6日)
THE NEW SIRRUS クロスバイクの元祖”シラス"がモデルチェンジ(2017年9月6日)

CALENDAR/カレンダー

<< 2018年12月 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

TAG/タグ

TAG/タグ