2016夏の自転車旅。皆さまにお聞きした夏のおすすめライドスポット 東日本編

2016/07/26

2016夏の自転車旅。皆さまにお聞きした夏のおすすめライドスポット 東日本編

夏本番。先月、皆さまにお聞きした、夏にこそ行きたいおすすめスポットをご紹介します!今回は、東日本編。皆さまはどこへ乗りにいきますか?

夏、真っ只中。「#この夏はどこで乗ろう」ということで、夏のおすすめライドスポットを皆さまにお聞きしました!アンケートに寄せられた魅力的なロケーションの一部を、今回は「東日本編」として、栃木から愛知までの4か所をご紹介します!

那須高原(栃木県):「関東とは思えないロケーション」


Photo by bluXgraphics(motorcycle design Japan)=Midorikawa - itamuro onsen spa 板室温泉 那須

サイクリストにとって栃木県はなじみ深い地域かもしれません。そして、こと那須高原はライドには最適。人気イベント「那須高原ロングライド」が行われ、またプロロードレースチーム「那須ブラーゼン」の活動拠点である那須。ホテルや飲食店などの多くにバイクスタンドが設置され、地域全体でサイクリストを歓迎する那須は、まさに夏に訪れたいポイント。

雄大な「那須連山」や「沼ッ原湿原」、「駒止の滝」といった自然を求めて、高原特有の爽やかな環境でのライドが楽しめそう。また温泉も多く、日帰り・宿泊どちらも満喫できるでしょう。

アクセスやライドコースなどは以下リンク先が役立ちます:
那須町観光ガイド アクセス: http://www.nasukogen.org
栃ナビ!「栃木を走ろう!」: http://www.tochinavi.net
ポタ日和: http://www.potabiyori.com

鴨川〜南房総(千葉県):「海沿い、山岳といろいろ楽しめる」


Photo by snotch - _DSC5465.jpg

「千葉県は、地理的に高低差も少なく、気候も温暖で、冬でも暖かいため、一年中サイクリングが楽しめます」
まるごとeちば

都心からもアクセスが良く、気軽に出向ける千葉。特に海岸線を快走するコースが夏にはうれしいですね。平地だけでなく、丘陵地帯もありパンチのあるコース取りも可能。「日本の道100選」に選定される「房総フラワーライン」、房総半島最南端に立つ「野島崎灯台」からの絶景パノラマビューなど見所も多く、また地元で獲れる新鮮な海産物も魅力的。

千葉県観光物産協会が運営するサイト「まるごとeちば」には複数のおすすめコースが掲載されています。ルートラボ、あるいはPDF形式のサイクルマップも載っているので安心して走れるルートが簡単に把握できるのありがたいですね。

まるごとeちば: http://maruchiba.jp/osusume/cycle-tourism/
 

三浦半島(神奈川県):「景色がよく、三崎のマグロをはじめ海産物や野菜が美味しい」。


Photo by A_Curve - @三浦半島

昨今、サイクリストの誘致を強力に推進している三浦半島。

「三浦半島は変化に富んだ地形で、海岸や程よい高さの眺めのよい丘が連続するコースはサイクリストたちの人気となっています。また、のんびりとおしゃれなカフェをめぐる街乗りツーリングなど、多彩なサイクリングが楽しめるのも三浦半島の魅力です」
LAUMI

三浦半島観光連絡協議会が運営するウェブサイト「LAUMI」にはおすすめルートに観光スポット、それらの写真を集めたフォトアルバムなどが掲載され、充実しています。

「観光地なので車や大型二輪の交通量が多いので自転車が気を付けていても事故には充分注意を払ったほうが良いかと思います」とのコメントもいただいています。

道が狭いところも多いので、十分に気をつけて走行しましょう。また、特に都内からのアクセスは電車のほうがスムーズとも聞きます。輪行ができると良さそうですね。

LAUMI: http://www.laumi.jp/cycling/

三河湾〜知多半島(愛知県):「海の幸を堪能できる」


Photo by bizmac

縦長で、緩い丘陵が多い知多半島。起伏がありパンチーな半島縦断ルートや、「南知多温泉郷」をめぐる伊勢湾サイドを北上するのも良いですが、三河湾を眺めながらのコーストラインを走るのものまた爽快。

「先に伊良湖岬へ船で渡り、三河湾を回ってくる反時計回りのコース・・・ 宿泊を想定するなど、時間に余裕があれば、海の幸を堪能できる」というコメントをいただきました。

伊良湖岬から知多半島の先端、師崎まではルートによりますが120kmから150kmで回れるようで、確かに一日で走ります。ただルート内には、蒲郡温泉、三谷温泉や西浦温泉など海を見ながら温泉に入れるスポットがあるのでぜひ宿泊も考えたいところです。

ライドだけではない、景色や食べ物、宿泊施設に迷いながら計画を立てること自体も、夏の贅沢。皆さまはこの夏、どこでライドしますか?

関連記事:
中級者によるSPECIALIZED 製品レビュー Vol.3 AUDAX(2016年1月7日)
スペシャライズ道〜ライド中も冷たくておいしい水を!ボトル編〜(2016年2月12日)

2016/07/26

2016夏の自転車旅。皆さまにお聞きした夏のおすすめライドスポット 東日本編

夏本番。先月、皆さまにお聞きした、夏にこそ行きたいおすすめスポットをご紹介します!今回は、東日本編。皆さまはどこへ乗りにいきますか?

2016夏の自転車旅。皆さまにお聞きした夏のおすすめライドスポット 東日本編

夏、真っ只中。「#この夏はどこで乗ろう」ということで、夏のおすすめライドスポットを皆さまにお聞きしました!アンケートに寄せられた魅力的なロケーションの一部を、今回は「東日本編」として、栃木から愛知までの4か所をご紹介します!

那須高原(栃木県):「関東とは思えないロケーション」


Photo by bluXgraphics(motorcycle design Japan)=Midorikawa - itamuro onsen spa 板室温泉 那須

サイクリストにとって栃木県はなじみ深い地域かもしれません。そして、こと那須高原はライドには最適。人気イベント「那須高原ロングライド」が行われ、またプロロードレースチーム「那須ブラーゼン」の活動拠点である那須。ホテルや飲食店などの多くにバイクスタンドが設置され、地域全体でサイクリストを歓迎する那須は、まさに夏に訪れたいポイント。

雄大な「那須連山」や「沼ッ原湿原」、「駒止の滝」といった自然を求めて、高原特有の爽やかな環境でのライドが楽しめそう。また温泉も多く、日帰り・宿泊どちらも満喫できるでしょう。

アクセスやライドコースなどは以下リンク先が役立ちます:
那須町観光ガイド アクセス: http://www.nasukogen.org
栃ナビ!「栃木を走ろう!」: http://www.tochinavi.net
ポタ日和: http://www.potabiyori.com

鴨川〜南房総(千葉県):「海沿い、山岳といろいろ楽しめる」


Photo by snotch - _DSC5465.jpg

「千葉県は、地理的に高低差も少なく、気候も温暖で、冬でも暖かいため、一年中サイクリングが楽しめます」
まるごとeちば

都心からもアクセスが良く、気軽に出向ける千葉。特に海岸線を快走するコースが夏にはうれしいですね。平地だけでなく、丘陵地帯もありパンチのあるコース取りも可能。「日本の道100選」に選定される「房総フラワーライン」、房総半島最南端に立つ「野島崎灯台」からの絶景パノラマビューなど見所も多く、また地元で獲れる新鮮な海産物も魅力的。

千葉県観光物産協会が運営するサイト「まるごとeちば」には複数のおすすめコースが掲載されています。ルートラボ、あるいはPDF形式のサイクルマップも載っているので安心して走れるルートが簡単に把握できるのありがたいですね。

まるごとeちば: http://maruchiba.jp/osusume/cycle-tourism/
 

三浦半島(神奈川県):「景色がよく、三崎のマグロをはじめ海産物や野菜が美味しい」。


Photo by A_Curve - @三浦半島

昨今、サイクリストの誘致を強力に推進している三浦半島。

「三浦半島は変化に富んだ地形で、海岸や程よい高さの眺めのよい丘が連続するコースはサイクリストたちの人気となっています。また、のんびりとおしゃれなカフェをめぐる街乗りツーリングなど、多彩なサイクリングが楽しめるのも三浦半島の魅力です」
LAUMI

三浦半島観光連絡協議会が運営するウェブサイト「LAUMI」にはおすすめルートに観光スポット、それらの写真を集めたフォトアルバムなどが掲載され、充実しています。

「観光地なので車や大型二輪の交通量が多いので自転車が気を付けていても事故には充分注意を払ったほうが良いかと思います」とのコメントもいただいています。

道が狭いところも多いので、十分に気をつけて走行しましょう。また、特に都内からのアクセスは電車のほうがスムーズとも聞きます。輪行ができると良さそうですね。

LAUMI: http://www.laumi.jp/cycling/

三河湾〜知多半島(愛知県):「海の幸を堪能できる」


Photo by bizmac

縦長で、緩い丘陵が多い知多半島。起伏がありパンチーな半島縦断ルートや、「南知多温泉郷」をめぐる伊勢湾サイドを北上するのも良いですが、三河湾を眺めながらのコーストラインを走るのものまた爽快。

「先に伊良湖岬へ船で渡り、三河湾を回ってくる反時計回りのコース・・・ 宿泊を想定するなど、時間に余裕があれば、海の幸を堪能できる」というコメントをいただきました。

伊良湖岬から知多半島の先端、師崎まではルートによりますが120kmから150kmで回れるようで、確かに一日で走ります。ただルート内には、蒲郡温泉、三谷温泉や西浦温泉など海を見ながら温泉に入れるスポットがあるのでぜひ宿泊も考えたいところです。

ライドだけではない、景色や食べ物、宿泊施設に迷いながら計画を立てること自体も、夏の贅沢。皆さまはこの夏、どこでライドしますか?

関連記事:
中級者によるSPECIALIZED 製品レビュー Vol.3 AUDAX(2016年1月7日)
スペシャライズ道〜ライド中も冷たくておいしい水を!ボトル編〜(2016年2月12日)

CALENDAR/カレンダー

<< 2019年11月 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

TAG/タグ

TAG/タグ