ランを楽しむアクティブな女性にスペシャルなライド体験を! 『RunGirl★Night Vol.6』イベントレポート

2015/09/30

ランを楽しむアクティブな女性にスペシャルなライド体験を! 『RunGirl★Night Vol.6』イベントレポート

スペシャライズド・ジャパン ウィメンズチームがRunGirl★Night Vol.6にてロードバイクの体験イベントを行いました。

アクティブに体を動かす楽しさを、一人でも多くの女性に伝えていきたい。

そんな想いから、世界各国でウィメンズチームを結成しているスペシャライズド。各拠点で地域特性に合ったさまざまな活動を行っています。その一環として、スペシャライズド・ジャパンでは2015年9月12日に女性のためのランニングイベントRunGirl★Night Vol.6に協賛。ランニングを楽しんでいる女性にロードバイクの魅力を伝える試乗会を行いました。

「女性が本当に満足できるランニング大会を」と2010年にスタートしたRunGirl★Night。6回目を迎えた今回、約1200人のランナーが東京台場の東京都立潮風公園・太陽の広場に集まりました。会場には、ランを楽しむ女性向けに、スポーツやコスメブランドなどさまざまな団体がブースを出し、スポーツ好きを刺激するアイテムがいっぱい。14:00からの受付をすませ、カラフルなウェアに着替えたランナーたちが、「ロードバイクに乗れるの⁉」とスペシャライズドの特設ブースにうれしそうに足を運んでくれました。

「ランの次はバイクに挑戦したい。でもママチャリしか乗ったことないんです」

ブースを訪れた女性は、初めて乗るロードバイクに興味津々。スペシャライズド・ジャパン 女性チームスタッフが、バイクのサイズ選びから、サドルの位置調整、乗り方やハンドルの持ち方、ギアの変え方を丁寧にレクチャーしていきます。「登り坂では、ギアを軽くして、できるだけ負担なくペダルを回せるようにするんですよ」とギアを変えていくと「こんなに軽くなるんですか⁉」「ギアチェンジって簡単にできるんですね」と驚きの表情を浮かべていました。

(写真:ランスタートまでの2時間あまり、「一度乗ってみたかった」「乗っている姿を写真におさめたい!」など、女性ランナーが次々訪れ、ロードバイクが「かっこいい」存在として認知されていることを実感しました。)

ランスタートは、日焼けが気にならない16:30から。参加者みんなでウォームアップをしてから、夕焼けを眺めながら臨海副都心地区の海沿いを5キロまたは10キロ走ります。

フルマラソン経験者のスペシャライズド・ジャパン 女性チームスタッフとともに、普段まったく走らない筆者も10キロランに挑戦。都心の海に夕日が沈んでいく……そんな中走る機会はRunGirl★Night以外にないだろうとテンションは高まるも、のんびり自分のペースで一歩一歩足を前に進めます。沿道ではRunGirl★Nightのボランティアスタッフが「ナイスラン!」「ここは少しペースを落として!」「もうすぐ給水地点ですよ!」などと声をかけてくれ、その笑顔に励まされてなんとか完走。スタートから1時間後にゴールしたときには、すっかり日も落ちていました。

使う筋肉の異なるバイクとランですが、走り終えたあとの爽快感は同じ。芝生に寝転がってストレッチをする参加者の表情は、皆晴れ晴れしていました。

スポーツを楽しむ女性にロードバイクの魅力を伝える活動を行っているスペシャライズド・ジャパン ウィメンズチームでは、10月初旬にもビギナーを対象としたイベントを開催します。初めてロードバイクに乗る人には、正しい乗り方など基本のレクチャーから。その後、カフェまで数十キロ、1時間〜2時間かけてゆっくり走っていきます。

スポーツバイクの魅力は乗ってみないとなかなかわからないもの。ランニングでは感じられないスピード感、風をきって景色を楽しむ爽快感、そして少しずつ感じられる体の変化……。興味を持っていただいた方に少しでもその魅力を感じていただけるよう、女性向けイベントの詳細や報告レポートは、この公式ブログでもどんどん発信していきます。

【筆者紹介】

 田中瑠子

ライター・編集者。スポーツからビジネスまで人物インタビューを多く手がける。2014年、ホノルル100マイルを走って自転車の世界を知る。下り坂でブレーキをかけまくるのが昨今の課題。

関連記事

女性のためのライドイベントを開催します!@宇都宮森林公園&荒川彩湖公園(2015年9月18日)
RunGirlランナー限定!『はじめてのスポーツバイク、女性のためのやさしいライド』IN 明治神宮外苑(2015年10月29日)

2015/09/30

ランを楽しむアクティブな女性にスペシャルなライド体験を! 『RunGirl★Night Vol.6』イベントレポート

スペシャライズド・ジャパン ウィメンズチームがRunGirl★Night Vol.6にてロードバイクの体験イベントを行いました。

ランを楽しむアクティブな女性にスペシャルなライド体験を! 『RunGirl★Night Vol.6』イベントレポート

アクティブに体を動かす楽しさを、一人でも多くの女性に伝えていきたい。

そんな想いから、世界各国でウィメンズチームを結成しているスペシャライズド。各拠点で地域特性に合ったさまざまな活動を行っています。その一環として、スペシャライズド・ジャパンでは2015年9月12日に女性のためのランニングイベントRunGirl★Night Vol.6に協賛。ランニングを楽しんでいる女性にロードバイクの魅力を伝える試乗会を行いました。

「女性が本当に満足できるランニング大会を」と2010年にスタートしたRunGirl★Night。6回目を迎えた今回、約1200人のランナーが東京台場の東京都立潮風公園・太陽の広場に集まりました。会場には、ランを楽しむ女性向けに、スポーツやコスメブランドなどさまざまな団体がブースを出し、スポーツ好きを刺激するアイテムがいっぱい。14:00からの受付をすませ、カラフルなウェアに着替えたランナーたちが、「ロードバイクに乗れるの⁉」とスペシャライズドの特設ブースにうれしそうに足を運んでくれました。

「ランの次はバイクに挑戦したい。でもママチャリしか乗ったことないんです」

ブースを訪れた女性は、初めて乗るロードバイクに興味津々。スペシャライズド・ジャパン 女性チームスタッフが、バイクのサイズ選びから、サドルの位置調整、乗り方やハンドルの持ち方、ギアの変え方を丁寧にレクチャーしていきます。「登り坂では、ギアを軽くして、できるだけ負担なくペダルを回せるようにするんですよ」とギアを変えていくと「こんなに軽くなるんですか⁉」「ギアチェンジって簡単にできるんですね」と驚きの表情を浮かべていました。

(写真:ランスタートまでの2時間あまり、「一度乗ってみたかった」「乗っている姿を写真におさめたい!」など、女性ランナーが次々訪れ、ロードバイクが「かっこいい」存在として認知されていることを実感しました。)

ランスタートは、日焼けが気にならない16:30から。参加者みんなでウォームアップをしてから、夕焼けを眺めながら臨海副都心地区の海沿いを5キロまたは10キロ走ります。

フルマラソン経験者のスペシャライズド・ジャパン 女性チームスタッフとともに、普段まったく走らない筆者も10キロランに挑戦。都心の海に夕日が沈んでいく……そんな中走る機会はRunGirl★Night以外にないだろうとテンションは高まるも、のんびり自分のペースで一歩一歩足を前に進めます。沿道ではRunGirl★Nightのボランティアスタッフが「ナイスラン!」「ここは少しペースを落として!」「もうすぐ給水地点ですよ!」などと声をかけてくれ、その笑顔に励まされてなんとか完走。スタートから1時間後にゴールしたときには、すっかり日も落ちていました。

使う筋肉の異なるバイクとランですが、走り終えたあとの爽快感は同じ。芝生に寝転がってストレッチをする参加者の表情は、皆晴れ晴れしていました。

スポーツを楽しむ女性にロードバイクの魅力を伝える活動を行っているスペシャライズド・ジャパン ウィメンズチームでは、10月初旬にもビギナーを対象としたイベントを開催します。初めてロードバイクに乗る人には、正しい乗り方など基本のレクチャーから。その後、カフェまで数十キロ、1時間〜2時間かけてゆっくり走っていきます。

スポーツバイクの魅力は乗ってみないとなかなかわからないもの。ランニングでは感じられないスピード感、風をきって景色を楽しむ爽快感、そして少しずつ感じられる体の変化……。興味を持っていただいた方に少しでもその魅力を感じていただけるよう、女性向けイベントの詳細や報告レポートは、この公式ブログでもどんどん発信していきます。

【筆者紹介】

 田中瑠子

ライター・編集者。スポーツからビジネスまで人物インタビューを多く手がける。2014年、ホノルル100マイルを走って自転車の世界を知る。下り坂でブレーキをかけまくるのが昨今の課題。

関連記事

女性のためのライドイベントを開催します!@宇都宮森林公園&荒川彩湖公園(2015年9月18日)
RunGirlランナー限定!『はじめてのスポーツバイク、女性のためのやさしいライド』IN 明治神宮外苑(2015年10月29日)

CALENDAR/カレンダー

<< 2019年11月 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

TAG/タグ

TAG/タグ