SPECIALIZED TURBO HISTORY “NOW AND FUTURE”

2020/05/22

SPECIALIZED TURBO HISTORY “NOW AND FUTURE”

SPECIALIZED TURBO HISTORY “NOW AND FUTURE”

SPECIALIZEDは、未来のために今を生き、サイクリングに情熱をかけています。

サイクリングへの我々の愛情はプロダクトの開発に現れており、常識にとらわれず、変化を恐れない姿勢は、既成概念をアップデートし続けます。

スペシャライズドのイノベーションについてもっと詳しく>

我々は、社是であるInnovate or die(革新か、さもなくば死を)のもと、先駆的なプロダクトを産み出し続け、それはe-Bikeも例外ではありません。

実際、我々は2010年からe-Bikeの開発をスタートし、スイスの新たな開発センターからファーストプロダクトである“TURBO S”がリリースされたのは2012年のことでした。それから現在まで開発のトップを走り続けているのです。

e-Bike開発における我々の一番の強みは、モーターとバッテリー双方を自社で開発している点にあります。

当初、我々は競合他社と同じくアシストの出力を重視することでe-Bikeにも“FAST”(最速)” を求めていましたが、長く開発を続けライダーと真摯に向き合うことで様々なことがわかってきました。
ライダーは、強いだけのアシストではなく、サイクリング自体を楽しむための、より自然なアシストを求めていたのです。

そして2019年、競合他社の従来モーターよりも1s以上軽量で、より自然なアシストフィールの「SLモーター」 (ス―パーライトモーター)を発表しました。


 

e-Bikeはアシストがあってもなくても、我々が愛するサイクリングをそのまま楽しめるようになったのです。

市場にSLモーターが登場して以来、モーター付きだからといって重くなく、アシストが切れても楽しむことができることに加えて、見た目もスマートなルックスのe-Bikeが業界のベンチマークとなりました。

しかし、我々はすでに先を見据えています。

アプリと連携することでe-Bikeはさらなる進化を遂げることができるのです。実際TURBOシリーズには、アシスト比率やバッテリー容量をカスタムする機能や、ライダーの心拍数と連動したオートアシスト機能などが搭載されています。もしかしたらもうクレイジーに聞こえているかもしれませんが、これが既に私たちが発表しているe-Bike ”TURBO”なのです。

今後、TURBOシリーズはさらに想像もできない進化を遂げ、あなたの生活を変えていくでしょう。それどころか、この偉大な人力の機械は地球環境そのものを改善していくパワーを持っていると私たちは信じているのです。

サイクリングは人生を変える、私たちはそう信じています。
WE ARE SPECIALIZED


e-ロードバイク Turbo Creo SL(ターボクレオエスエル)について


e-マウンテンバイク Turbo Levo SL(ターボ リーヴォ エスエル)について


e-フィットネスバイク Turbo Vado SL(ターボ ヴァド エスエル)について

e-Bike Creo SLに乗ってみよう! TEST THE TURBO(テスト・ザ・ターボ)>

関連記事:
e-Bikeの未来が、今ここに。超軽量なe-Bike Turbo Vado SL(ターボ ヴァド エスエル)デビュー(2020年5月13日)
Turbo Vado SLに関するFAQ(2020年5月13日)
e-MTB Turbo Levo SL(ターボ リーヴォ エスエル)デビュー(2020年2月4日)
e-MTB Turbo Levo SL(ターボ リーヴォ エスエル)FAQ(2020年2月4日)
竹谷 賢二さんによるe-ロードバイクTurbo Creo(クレオ)SL Expert EVO試乗レポート(2019年12月6日)
e-ロードバイク【Turbo Creo SL】に関するFAQ(2019年12月5日)
スペシャライズドから待望のe-ロードバイク【Turbo Creo SL】2020年春発売開始! (2019年12月5日)

2020/05/22

SPECIALIZED TURBO HISTORY “NOW AND FUTURE”

SPECIALIZED TURBO HISTORY “NOW AND FUTURE”

SPECIALIZED TURBO HISTORY “NOW AND FUTURE”

SPECIALIZEDは、未来のために今を生き、サイクリングに情熱をかけています。

サイクリングへの我々の愛情はプロダクトの開発に現れており、常識にとらわれず、変化を恐れない姿勢は、既成概念をアップデートし続けます。

スペシャライズドのイノベーションについてもっと詳しく>

我々は、社是であるInnovate or die(革新か、さもなくば死を)のもと、先駆的なプロダクトを産み出し続け、それはe-Bikeも例外ではありません。

実際、我々は2010年からe-Bikeの開発をスタートし、スイスの新たな開発センターからファーストプロダクトである“TURBO S”がリリースされたのは2012年のことでした。それから現在まで開発のトップを走り続けているのです。

e-Bike開発における我々の一番の強みは、モーターとバッテリー双方を自社で開発している点にあります。

当初、我々は競合他社と同じくアシストの出力を重視することでe-Bikeにも“FAST”(最速)” を求めていましたが、長く開発を続けライダーと真摯に向き合うことで様々なことがわかってきました。
ライダーは、強いだけのアシストではなく、サイクリング自体を楽しむための、より自然なアシストを求めていたのです。

そして2019年、競合他社の従来モーターよりも1s以上軽量で、より自然なアシストフィールの「SLモーター」 (ス―パーライトモーター)を発表しました。


 

e-Bikeはアシストがあってもなくても、我々が愛するサイクリングをそのまま楽しめるようになったのです。

市場にSLモーターが登場して以来、モーター付きだからといって重くなく、アシストが切れても楽しむことができることに加えて、見た目もスマートなルックスのe-Bikeが業界のベンチマークとなりました。

しかし、我々はすでに先を見据えています。

アプリと連携することでe-Bikeはさらなる進化を遂げることができるのです。実際TURBOシリーズには、アシスト比率やバッテリー容量をカスタムする機能や、ライダーの心拍数と連動したオートアシスト機能などが搭載されています。もしかしたらもうクレイジーに聞こえているかもしれませんが、これが既に私たちが発表しているe-Bike ”TURBO”なのです。

今後、TURBOシリーズはさらに想像もできない進化を遂げ、あなたの生活を変えていくでしょう。それどころか、この偉大な人力の機械は地球環境そのものを改善していくパワーを持っていると私たちは信じているのです。

サイクリングは人生を変える、私たちはそう信じています。
WE ARE SPECIALIZED


e-ロードバイク Turbo Creo SL(ターボクレオエスエル)について


e-マウンテンバイク Turbo Levo SL(ターボ リーヴォ エスエル)について


e-フィットネスバイク Turbo Vado SL(ターボ ヴァド エスエル)について

e-Bike Creo SLに乗ってみよう! TEST THE TURBO(テスト・ザ・ターボ)>

関連記事:
e-Bikeの未来が、今ここに。超軽量なe-Bike Turbo Vado SL(ターボ ヴァド エスエル)デビュー(2020年5月13日)
Turbo Vado SLに関するFAQ(2020年5月13日)
e-MTB Turbo Levo SL(ターボ リーヴォ エスエル)デビュー(2020年2月4日)
e-MTB Turbo Levo SL(ターボ リーヴォ エスエル)FAQ(2020年2月4日)
竹谷 賢二さんによるe-ロードバイクTurbo Creo(クレオ)SL Expert EVO試乗レポート(2019年12月6日)
e-ロードバイク【Turbo Creo SL】に関するFAQ(2019年12月5日)
スペシャライズドから待望のe-ロードバイク【Turbo Creo SL】2020年春発売開始! (2019年12月5日)

CALENDAR/カレンダー

<< 2020年11月 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

TAG/タグ

TAG/タグ