FULL-GAS. FULL-FAST. 全開で駆け抜けろ! 新型Demoデビュー

2020/06/10

FULL-GAS. FULL-FAST. 全開で駆け抜けろ! 新型Demoデビュー

スペシャライズドのグラビティチームと同じ前後異径のホイールを新たに採用し、勝つために必要な圧倒的な速さをもつ新型Demoがついに登場!

新型Demoラインナップはこちら>

Full-gas. Full-fast.

勝つために必要なのは、ズバリ速さ。すでに最速のバイクをさらに速くするのは、そう簡単なことではありません。フレーム、ジオメトリー、そしてダウンヒルレース界を一変させたサスペンションキネマティクスを新たに登場したDemoは、勝利に勝利を重ねています。実際、2019年のワールドカップでは最多勝利数を収めたバイクであり、ロイック・ブルーニのダウンヒル世界選手権優勝に大きく貢献しました。そしてこの新型Demoから、フロント29インチ、リア27.5インチという前後異径のホイールサイズを採用します。

 

2019年ロイック・ブルーニ、世界王者とワールドカップ総合優勝の両方を獲得!

 

世界最速のライダーが開発に協力

2019年、UCIが前後異なるホイールサイズの使用を認可すると、スペシャライズドのグラビティチーム(マウンテンバイク ダウンヒル チーム)は即座にこの新ルールを導入。するとあっという間に、この前後異径の新しいセットアップは各地のワールドカップで次々と勝利を収め、スペシャライズドはレース中に貴重なデータを集めていきました。そしてワールドカップで集めたデータをもとに、オフシーズン中にプロトタイプをすばやく作製し、この前後異径のジオメトリーを完成させました。R&Dチームに世界最速のライダーが所属しているがゆえに、「速さとは何か」を知っている彼らの意見を取り入れることができ、新型Demoは生まれました。

 

突き詰めて生まれたジオメトリー

新型Demoのジオメトリーは、速さと取り回しの良さの両方を発揮するよう設計されています。新しく調整機能を搭載したホルストリンクはショート、ミッド、ロングポジションの3段階を備え、チェーンステー長とBB高を変更できます。2019年にグラビティチームが輝かしい成績を納めたことから、Demoはフロントに29インチ、リアに27.5インチホイールを標準装備しますが、その調整機能を利用することで、あなたの走り方にもっとも適したリアホイールサイズを選べます。

調整可能なジオメトリー

ショート
タイトでテクニカルなレースコースに合わせてバイクの操作性を最大限に高めた、27.5インチのリアホイール専用セッティング。

ロング
直線的でハイスピードのレースコースに求められる安定性を最大限に高めた、29インチのリアホイール専用セッティング。

ミドル
27.5インチと29インチのどちらかを選べるセッティング。27.5インチホイールと組み合わせれば、ショートセッティングよりもホイールベースが長いため安定性が高くなり、29インチホイールと組み合わせれば、ロングセッティングよりも短いチェーンステーでより機敏な走りが可能になります。

障害物を驚異のスムーズさで通過

スペシャライズドが最初に掲げた目標は、サスペンションが障害物を通過する際のパフォーマンスの向上でした。この手の衝撃は、実に厄介だからです。リアホイールが岩などを乗り越える際に引っかかりが生じると、サスペンションが本来吸収するべき衝撃がライダーの体やフレームに伝わり疲労や減速につながります。新型Demoでは、適切なトラベル域でのリアアクスルの軌道をより後方に逃がすことで、その引っかかりを最小限に抑えています。したがって、障害物への衝突エネルギーはライダーではなくサスペンションに伝わり、テクニカルなレースコースでもより速く走れるようになるのです。

ブレーキング中のコントロール性が向上

ブレーキをかけると、バイクは急に減速して重心がバイクの前方に移ります。このとき起こっていることは、姿勢を低くして重心をバイクのセンターに持っていきたいにもかかわらず、リアサスペンションが伸び、バイクが上に押し上げられ、リアホイールがトラクションを失うということです。この現象はブレーキジャックやライズなど、さまざまな名前で呼ばれており、意味はどれも同じです。新型Demoは、そのリンク構造からブレーキング時のサスペンションの伸びを抑えるように設計されています。したがって、あるセクションへの進入速度が速過ぎてブレーキをかけなければならない状況でも、リアタイヤは路面を確実に捉えたまま。つまり、バイクを確実にコントロールしながら、より速く走れるようになったのです。

ペダリング区間もさらに速く

新型Demoはすべてのペダリングパワーを推進力に変換します。新しいリンク構造がもつ適量のアンチスクワットは無駄な沈み込みを抑え、バイクを減速させません。ペダルに込めた力は即座に推進力へと変換され、漕いだ分だけ前に進むのです。

高い路面追従性と安心感

重心が低いと、高速域での安定性が高まります。新型Demoの新しいリンク構造は、リアショックをフレームのできる限り低くかつ前方に配置させ、リアアクスルの理想的な軌道や高い路面追従性と安心感を実現しています。

リアサスペンションの耐久性が最大限に向上

新型Demoの新しいリンク構造とリアショックは、フレームの重心を下げるだけでなく、リアショックに横方向の荷重がかかりにくく、リアショックの磨耗が軽減さます。さらにすばらしいことに、Trunnionマウントのショックはブッシュのカバー範囲が広く、耐久性を高めてくれます。

Demo Race


GLOSS BRUSHED / RED TINT / WHITE

Demo Race Frameset


GLOSS COBALT / BLUE TINT FADE / METALLIC WHITE SILVER

Demo Expert


GLOSS SMOKE / BLACK / COOL GREY

関連記事:
2019年ロイック・ブルーニ、世界王者とワールドカップ総合優勝の両方を獲得!(2019年9月9日)
マウンテンバイク初心者必見! マウンテンバイクの「いろは」(2020年5月更新)(2019年6月19日)
すべてのライダーにパフォーマンスを!新しいRockhopper(ロックホッパー)で山も街も楽しもう!(2020年5月13日)
初心者におすすめ!新型マウンテンバイク、Fuse登場!(2019年6月19日)
マウンテンバイクを思いっきり楽しもう!Trail Days 根ノ上高原レポート(2019年5月14日)
スタンプジャンパーは40年前からずっとスタンプジャンパーだった(2018年8月14日)

2020/06/10

FULL-GAS. FULL-FAST. 全開で駆け抜けろ! 新型Demoデビュー

スペシャライズドのグラビティチームと同じ前後異径のホイールを新たに採用し、勝つために必要な圧倒的な速さをもつ新型Demoがついに登場!

FULL-GAS. FULL-FAST. 全開で駆け抜けろ! 新型Demoデビュー

新型Demoラインナップはこちら>

Full-gas. Full-fast.

勝つために必要なのは、ズバリ速さ。すでに最速のバイクをさらに速くするのは、そう簡単なことではありません。フレーム、ジオメトリー、そしてダウンヒルレース界を一変させたサスペンションキネマティクスを新たに登場したDemoは、勝利に勝利を重ねています。実際、2019年のワールドカップでは最多勝利数を収めたバイクであり、ロイック・ブルーニのダウンヒル世界選手権優勝に大きく貢献しました。そしてこの新型Demoから、フロント29インチ、リア27.5インチという前後異径のホイールサイズを採用します。

 

2019年ロイック・ブルーニ、世界王者とワールドカップ総合優勝の両方を獲得!

 

世界最速のライダーが開発に協力

2019年、UCIが前後異なるホイールサイズの使用を認可すると、スペシャライズドのグラビティチーム(マウンテンバイク ダウンヒル チーム)は即座にこの新ルールを導入。するとあっという間に、この前後異径の新しいセットアップは各地のワールドカップで次々と勝利を収め、スペシャライズドはレース中に貴重なデータを集めていきました。そしてワールドカップで集めたデータをもとに、オフシーズン中にプロトタイプをすばやく作製し、この前後異径のジオメトリーを完成させました。R&Dチームに世界最速のライダーが所属しているがゆえに、「速さとは何か」を知っている彼らの意見を取り入れることができ、新型Demoは生まれました。

 

突き詰めて生まれたジオメトリー

新型Demoのジオメトリーは、速さと取り回しの良さの両方を発揮するよう設計されています。新しく調整機能を搭載したホルストリンクはショート、ミッド、ロングポジションの3段階を備え、チェーンステー長とBB高を変更できます。2019年にグラビティチームが輝かしい成績を納めたことから、Demoはフロントに29インチ、リアに27.5インチホイールを標準装備しますが、その調整機能を利用することで、あなたの走り方にもっとも適したリアホイールサイズを選べます。

調整可能なジオメトリー

ショート
タイトでテクニカルなレースコースに合わせてバイクの操作性を最大限に高めた、27.5インチのリアホイール専用セッティング。

ロング
直線的でハイスピードのレースコースに求められる安定性を最大限に高めた、29インチのリアホイール専用セッティング。

ミドル
27.5インチと29インチのどちらかを選べるセッティング。27.5インチホイールと組み合わせれば、ショートセッティングよりもホイールベースが長いため安定性が高くなり、29インチホイールと組み合わせれば、ロングセッティングよりも短いチェーンステーでより機敏な走りが可能になります。

障害物を驚異のスムーズさで通過

スペシャライズドが最初に掲げた目標は、サスペンションが障害物を通過する際のパフォーマンスの向上でした。この手の衝撃は、実に厄介だからです。リアホイールが岩などを乗り越える際に引っかかりが生じると、サスペンションが本来吸収するべき衝撃がライダーの体やフレームに伝わり疲労や減速につながります。新型Demoでは、適切なトラベル域でのリアアクスルの軌道をより後方に逃がすことで、その引っかかりを最小限に抑えています。したがって、障害物への衝突エネルギーはライダーではなくサスペンションに伝わり、テクニカルなレースコースでもより速く走れるようになるのです。

ブレーキング中のコントロール性が向上

ブレーキをかけると、バイクは急に減速して重心がバイクの前方に移ります。このとき起こっていることは、姿勢を低くして重心をバイクのセンターに持っていきたいにもかかわらず、リアサスペンションが伸び、バイクが上に押し上げられ、リアホイールがトラクションを失うということです。この現象はブレーキジャックやライズなど、さまざまな名前で呼ばれており、意味はどれも同じです。新型Demoは、そのリンク構造からブレーキング時のサスペンションの伸びを抑えるように設計されています。したがって、あるセクションへの進入速度が速過ぎてブレーキをかけなければならない状況でも、リアタイヤは路面を確実に捉えたまま。つまり、バイクを確実にコントロールしながら、より速く走れるようになったのです。

ペダリング区間もさらに速く

新型Demoはすべてのペダリングパワーを推進力に変換します。新しいリンク構造がもつ適量のアンチスクワットは無駄な沈み込みを抑え、バイクを減速させません。ペダルに込めた力は即座に推進力へと変換され、漕いだ分だけ前に進むのです。

高い路面追従性と安心感

重心が低いと、高速域での安定性が高まります。新型Demoの新しいリンク構造は、リアショックをフレームのできる限り低くかつ前方に配置させ、リアアクスルの理想的な軌道や高い路面追従性と安心感を実現しています。

リアサスペンションの耐久性が最大限に向上

新型Demoの新しいリンク構造とリアショックは、フレームの重心を下げるだけでなく、リアショックに横方向の荷重がかかりにくく、リアショックの磨耗が軽減さます。さらにすばらしいことに、Trunnionマウントのショックはブッシュのカバー範囲が広く、耐久性を高めてくれます。

Demo Race


GLOSS BRUSHED / RED TINT / WHITE

Demo Race Frameset


GLOSS COBALT / BLUE TINT FADE / METALLIC WHITE SILVER

Demo Expert


GLOSS SMOKE / BLACK / COOL GREY

関連記事:
2019年ロイック・ブルーニ、世界王者とワールドカップ総合優勝の両方を獲得!(2019年9月9日)
マウンテンバイク初心者必見! マウンテンバイクの「いろは」(2020年5月更新)(2019年6月19日)
すべてのライダーにパフォーマンスを!新しいRockhopper(ロックホッパー)で山も街も楽しもう!(2020年5月13日)
初心者におすすめ!新型マウンテンバイク、Fuse登場!(2019年6月19日)
マウンテンバイクを思いっきり楽しもう!Trail Days 根ノ上高原レポート(2019年5月14日)
スタンプジャンパーは40年前からずっとスタンプジャンパーだった(2018年8月14日)

CALENDAR/カレンダー

<< 2020年11月 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

TAG/タグ

TAG/タグ