Aethosがロードバイクの頂点に!日本バイシクル オブ・ザ・イヤー2021受賞!

2020/12/25

Aethosがロードバイクの頂点に!日本バイシクル オブ・ザ・イヤー2021受賞!

レーシングバイク一辺倒のハイエンドバイクの世界に一石を投じたAethos(エートス)が日本バイシクル オブ・ザ・イヤー2021を受賞しました。

日本バイシクル オブ・ザ・イヤーとは?

2018年から開催され、今年で4度目となった日本バイシクル オブ・ザ・イヤー。日本においてその年を代表するロードバイクを選ぶというコンセプトで、自転車業界から熱い注目を集める年末の一大イベントとっていいでしょう。2019年はエアロロードの未来を示したVengeが受賞したアワードとしても記憶に新しい。
2021年モデルの評価を下すのは様々なバックグラウンドを持った日本バイシクル・オブ・ザ・イヤー2021選考委員会の10名。自身の好きなバイクを選ぶのではなく、テクノロジー、時代性、コストパフォーマンス、その他あらゆる要素を総合して、もっともすぐれた一台を選ぶという権威あるアワードです。

選考方法
2020年1月号から12月号までのバイシクルクラブに掲載されたロードバイクの2021年モデルのなかで、フルモデルチェンジしたモデル、ブランニューモデルを中心にリストアップ。各選考委員の持ち点は10点で、それぞれ10モデルに投票する。持ち点をいくつのモデルに分配しても構わないが、1モデルへの配点は最高3点とした。各モデルの得点を集計し、最高得点を得たモデルを日本バイシクル・オブ・ザ・イヤー2021とする。

出典:バイシクルクラブHPより

スペシャライズドからは、満を持してモデルチェンジしたTarmac SL7とAethos(エートス)の2台がノミネートされました。


『あらゆるしきたりを破る』Aethosについてもっと詳しく>


『すべてを征す一台』Tarmac SL7についてもっと詳しく>

最高得点を獲得したAethosがロードバイクの頂点に!

Aethosのコンセプトは、勝つためのバイクではなく、純粋にライドそのものを楽しむこと。あらゆるしきたりに縛られず、最高のライドクオリティを追求してAethosが開発されました。

開発コンセプトとその圧倒的な軽量性、そしてトータルのバランスから、ハイエンドバイクの中に新しい価値観をもたらした革新的モデルとして多くの審査員から評価され、最高得点の20点を獲得。見事2021年バイシクル・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。評価された内容はぜひバイシクルクラブの誌面、Webサイトでご確認ください。

レースではない新しい価値観を与える

レースにおけるスタートラインに立つよりも、目の前にある道をただ走りたい熱望にかられるライダーもいます。優れたハンドリング性能はもちろんのこと、クオリティー、パフォーマンス、スタイルの三拍子が揃ったAethosは人生最高のライド体験を可能にします。

スーパーコンピュータなど最新のテクノロジーを集約

何十億と繰り返された計算のすべては、最高のライドのため。10万種類以上のフレーム形状をスーパーコンピュータを活用して設計し、余分なカーボンレイヤーを排除した結果、意図せずUCIの車重規定を大幅に下回ることに。その圧倒的な軽さと最高のライドクオリティ、そして最適な剛性の完璧なバランスを実現しています。

走ることを純粋に楽しめるバイク

上り坂で夢中になってダンシングし、コーナーを平然と切り裂くように曲がり、日常から心と体を切り離して己を開放し、時を忘れて走り続ける。あらゆるしきたりに縛られず、最高のライディングクオリティーを体感できます。

ハイエンドバイクの中に新しい価値観をもたらしたAethos


バイシクルクラブ編集長 岩田 淳雄さんよりスペシャライズド・ジャパン代表 小松にトロフィーが授与された。

バイシクルオブザイヤーという権威ある賞をいただき、光栄です。今までのスペシャライズドの新型バイクに初めて試乗した際は、「速いっ!」 という驚きでしたが、今年の2月に本社のMorgan HillでAethosを試乗したときは「この自転車楽しい!」と久しぶりに感動しました。自転車の可能性を広げるバイクだと思います。今後試乗できる機会を増やしていきますので、ぜひAethosで風をきってみてください。
スペシャライズド・ジャパン代表 小松 亮

2021選考委員会:インプレッションライダーの声

リムブレーキ信奉者を黙らせるコンセプトと軽快さが高評価
ラ・ルート 安井行生さん


ラ・ルート 安井行生さん

軽さを追求しながらすべて満たし抜群のライドフィールを実現
サイクリスト 松尾修作さん


サイクリスト 松尾修作さん

Aethos 開発主任 エンジニア:ピーター・デンク
Aethosはフライブルクのテストラボで生まれました。Aethosの主任エンジニアであるピーター・デンクは、そのフレームをペダリング用試験装置に取り付け、加重した状態でのカーボンのたわみや変形に思いを巡らせていました。すると、各ファイバーはその荷重を受け、次のファイバーに広げていました。この瞬間、Aethosのコンセプトが姿を現したのです。

「最初の試作フレーム重量は545g。テストすると、すばらしい安定性を示しました。もう10g追加するだけで、そのフレームに実際に乗ってテストすることができたのです。この瞬間、とんでもないことを達成したのだと気がつきました」
AETHOS 主任エンジニア Peter Denk ピーター・デンク

 

PR担当佐々木より


会場ではコンセプトが全く異なる2台についてプレゼンテーションをしましたが、この2台を産み出した技術は、今までスペシャライズドが培ってきた開発手法の集大成であるという意味で非常に似ているものでした。今まで多くのエポックメイキングなバイクを産み出した技術の多くがこの2台の開発を支えており、さらにスーパーコンピュータでの開発を多用したことがイノベーションを起こした大きな要因であると思います。
その点はAETHOSの開発者ピーター・デンクが動画でも語っており、プレゼンテーションのMVPは彼かもしれないですね笑

AethosもTarmac SL7も目指したコンセプトの中では最高のバイクになっていると自信をもって言えますが、今回は今までになかった「最高のライド」というコンセプトに共感してもらい、実際の試乗でコンセプト通りの乗り味を感じてもらえたことでAethosに多くの票が集まったのだと思います。

これから全国で試乗できるタイミングも増えると思いますので、ぜひ多くのライダーに体験してみてほしいです。

 

Aethosラインナップ

S-Works Aethos - SRAM Red eTap AXS

S-Works Aethos - SRAM Red eTap AXS

S-Works Aethos Frameset (4色)


グロスクレイ/フレークシルバー


サテンカーボン/ジェットフュエル


サテンカーボン/レッドゴールドカメレオン/ブロンズフォイル


サテンフレークシルバー/レッドゴールドカメレオンティント/ブラッシュドクローム

S-BuildでもAethosが利用可能に!

スペシャライズドのフレームにお好みのパーツを組み合わせることが可能なセミカスタムオーダーシステム「S-Build」でAethosがご利用いただけるようになりました。

S-Buildは、完成車という枠にとらわれず、フレームセットで購入してイチからパーツを選択するよりもスムーズに、自分のサイズに合った、自分好みの1台を創ることが可能。そのシンプルなオーダーステップについてはこちらの記事をご覧ください。


ノミネートされながらも話題性の高いAethosに受賞を譲ってしまったTarmac SL7ですが、ビッグレースで勝利を量産し続ける最強のレーシングバイクという高評価を受けております。

2020年のロード世界選手権はTarmacSL7に乗ったジュリアン・アラフィリップとアンナ・ファン・デル・ブレッヘンが圧倒的な速さで男女ともに独走勝利を収めました。エアロ、軽量性、ライドクオリティを兼ね備え、すべてを征す一台としてグランツールでのスプリントステージ、山岳ステージで輝かしい成績を刻みました。

※Tarmac SL7の品薄状態が続いており、ご迷惑をお掛けしております。モデルやサイズによっては正規販売店に在庫があるものもございます。各店舗へお問い合わせください。

スペシャライズド正規販売店検索はこちら>

 

関連記事:
BREAK THE RULES すべては走る楽しみのために。 Aethos(エートス)デビュー(2020年10月9日)

乗り始めから完璧にフィットするあなただけの特別な一台を!セミカスタムオーダーシステム「S-Build」(2020年8月18日)
新型Tarmac SL7に関するFAQ(2020年7月29日)
すべてを征す一台 All New Tarmac SL7が登場(2020年7月29日)

2020/12/25

Aethosがロードバイクの頂点に!日本バイシクル オブ・ザ・イヤー2021受賞!

レーシングバイク一辺倒のハイエンドバイクの世界に一石を投じたAethos(エートス)が日本バイシクル オブ・ザ・イヤー2021を受賞しました。

Aethosがロードバイクの頂点に!日本バイシクル オブ・ザ・イヤー2021受賞!

日本バイシクル オブ・ザ・イヤーとは?

2018年から開催され、今年で4度目となった日本バイシクル オブ・ザ・イヤー。日本においてその年を代表するロードバイクを選ぶというコンセプトで、自転車業界から熱い注目を集める年末の一大イベントとっていいでしょう。2019年はエアロロードの未来を示したVengeが受賞したアワードとしても記憶に新しい。
2021年モデルの評価を下すのは様々なバックグラウンドを持った日本バイシクル・オブ・ザ・イヤー2021選考委員会の10名。自身の好きなバイクを選ぶのではなく、テクノロジー、時代性、コストパフォーマンス、その他あらゆる要素を総合して、もっともすぐれた一台を選ぶという権威あるアワードです。

選考方法
2020年1月号から12月号までのバイシクルクラブに掲載されたロードバイクの2021年モデルのなかで、フルモデルチェンジしたモデル、ブランニューモデルを中心にリストアップ。各選考委員の持ち点は10点で、それぞれ10モデルに投票する。持ち点をいくつのモデルに分配しても構わないが、1モデルへの配点は最高3点とした。各モデルの得点を集計し、最高得点を得たモデルを日本バイシクル・オブ・ザ・イヤー2021とする。

出典:バイシクルクラブHPより

スペシャライズドからは、満を持してモデルチェンジしたTarmac SL7とAethos(エートス)の2台がノミネートされました。


『あらゆるしきたりを破る』Aethosについてもっと詳しく>


『すべてを征す一台』Tarmac SL7についてもっと詳しく>

最高得点を獲得したAethosがロードバイクの頂点に!

Aethosのコンセプトは、勝つためのバイクではなく、純粋にライドそのものを楽しむこと。あらゆるしきたりに縛られず、最高のライドクオリティを追求してAethosが開発されました。

開発コンセプトとその圧倒的な軽量性、そしてトータルのバランスから、ハイエンドバイクの中に新しい価値観をもたらした革新的モデルとして多くの審査員から評価され、最高得点の20点を獲得。見事2021年バイシクル・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。評価された内容はぜひバイシクルクラブの誌面、Webサイトでご確認ください。

レースではない新しい価値観を与える

レースにおけるスタートラインに立つよりも、目の前にある道をただ走りたい熱望にかられるライダーもいます。優れたハンドリング性能はもちろんのこと、クオリティー、パフォーマンス、スタイルの三拍子が揃ったAethosは人生最高のライド体験を可能にします。

スーパーコンピュータなど最新のテクノロジーを集約

何十億と繰り返された計算のすべては、最高のライドのため。10万種類以上のフレーム形状をスーパーコンピュータを活用して設計し、余分なカーボンレイヤーを排除した結果、意図せずUCIの車重規定を大幅に下回ることに。その圧倒的な軽さと最高のライドクオリティ、そして最適な剛性の完璧なバランスを実現しています。

走ることを純粋に楽しめるバイク

上り坂で夢中になってダンシングし、コーナーを平然と切り裂くように曲がり、日常から心と体を切り離して己を開放し、時を忘れて走り続ける。あらゆるしきたりに縛られず、最高のライディングクオリティーを体感できます。

ハイエンドバイクの中に新しい価値観をもたらしたAethos


バイシクルクラブ編集長 岩田 淳雄さんよりスペシャライズド・ジャパン代表 小松にトロフィーが授与された。

バイシクルオブザイヤーという権威ある賞をいただき、光栄です。今までのスペシャライズドの新型バイクに初めて試乗した際は、「速いっ!」 という驚きでしたが、今年の2月に本社のMorgan HillでAethosを試乗したときは「この自転車楽しい!」と久しぶりに感動しました。自転車の可能性を広げるバイクだと思います。今後試乗できる機会を増やしていきますので、ぜひAethosで風をきってみてください。
スペシャライズド・ジャパン代表 小松 亮

2021選考委員会:インプレッションライダーの声

リムブレーキ信奉者を黙らせるコンセプトと軽快さが高評価
ラ・ルート 安井行生さん


ラ・ルート 安井行生さん

軽さを追求しながらすべて満たし抜群のライドフィールを実現
サイクリスト 松尾修作さん


サイクリスト 松尾修作さん

Aethos 開発主任 エンジニア:ピーター・デンク
Aethosはフライブルクのテストラボで生まれました。Aethosの主任エンジニアであるピーター・デンクは、そのフレームをペダリング用試験装置に取り付け、加重した状態でのカーボンのたわみや変形に思いを巡らせていました。すると、各ファイバーはその荷重を受け、次のファイバーに広げていました。この瞬間、Aethosのコンセプトが姿を現したのです。

「最初の試作フレーム重量は545g。テストすると、すばらしい安定性を示しました。もう10g追加するだけで、そのフレームに実際に乗ってテストすることができたのです。この瞬間、とんでもないことを達成したのだと気がつきました」
AETHOS 主任エンジニア Peter Denk ピーター・デンク

 

PR担当佐々木より


会場ではコンセプトが全く異なる2台についてプレゼンテーションをしましたが、この2台を産み出した技術は、今までスペシャライズドが培ってきた開発手法の集大成であるという意味で非常に似ているものでした。今まで多くのエポックメイキングなバイクを産み出した技術の多くがこの2台の開発を支えており、さらにスーパーコンピュータでの開発を多用したことがイノベーションを起こした大きな要因であると思います。
その点はAETHOSの開発者ピーター・デンクが動画でも語っており、プレゼンテーションのMVPは彼かもしれないですね笑

AethosもTarmac SL7も目指したコンセプトの中では最高のバイクになっていると自信をもって言えますが、今回は今までになかった「最高のライド」というコンセプトに共感してもらい、実際の試乗でコンセプト通りの乗り味を感じてもらえたことでAethosに多くの票が集まったのだと思います。

これから全国で試乗できるタイミングも増えると思いますので、ぜひ多くのライダーに体験してみてほしいです。

 

Aethosラインナップ

S-Works Aethos - SRAM Red eTap AXS

S-Works Aethos - SRAM Red eTap AXS

S-Works Aethos Frameset (4色)


グロスクレイ/フレークシルバー


サテンカーボン/ジェットフュエル


サテンカーボン/レッドゴールドカメレオン/ブロンズフォイル


サテンフレークシルバー/レッドゴールドカメレオンティント/ブラッシュドクローム

S-BuildでもAethosが利用可能に!

スペシャライズドのフレームにお好みのパーツを組み合わせることが可能なセミカスタムオーダーシステム「S-Build」でAethosがご利用いただけるようになりました。

S-Buildは、完成車という枠にとらわれず、フレームセットで購入してイチからパーツを選択するよりもスムーズに、自分のサイズに合った、自分好みの1台を創ることが可能。そのシンプルなオーダーステップについてはこちらの記事をご覧ください。


ノミネートされながらも話題性の高いAethosに受賞を譲ってしまったTarmac SL7ですが、ビッグレースで勝利を量産し続ける最強のレーシングバイクという高評価を受けております。

2020年のロード世界選手権はTarmacSL7に乗ったジュリアン・アラフィリップとアンナ・ファン・デル・ブレッヘンが圧倒的な速さで男女ともに独走勝利を収めました。エアロ、軽量性、ライドクオリティを兼ね備え、すべてを征す一台としてグランツールでのスプリントステージ、山岳ステージで輝かしい成績を刻みました。

※Tarmac SL7の品薄状態が続いており、ご迷惑をお掛けしております。モデルやサイズによっては正規販売店に在庫があるものもございます。各店舗へお問い合わせください。

スペシャライズド正規販売店検索はこちら>

 

関連記事:
BREAK THE RULES すべては走る楽しみのために。 Aethos(エートス)デビュー(2020年10月9日)

乗り始めから完璧にフィットするあなただけの特別な一台を!セミカスタムオーダーシステム「S-Build」(2020年8月18日)
新型Tarmac SL7に関するFAQ(2020年7月29日)
すべてを征す一台 All New Tarmac SL7が登場(2020年7月29日)

CALENDAR/カレンダー

<< 2021年4月 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

TAG/タグ

TAG/タグ