ライドを快適にするスペシャライズドの2018秋冬アパレル

2018/10/14

ライドを快適にするスペシャライズドの2018秋冬アパレル

秋のライドを快適にするTHERMINAL LONG SLEEVE JERSEY & THERMINAL CYCLING BIB TIGHTをご紹介します。

秋は1日の中で、そして日によっても気温差が大きな季節。
肌寒さと温かさが同居する――そんな秋には、保温性をもちつつも暑くなりすぎず快適さを保つ「THERMINAL LONG SLEEVE JERSEY(サーミナル ロングスリーブ ジャージ)」と「THERMINAL CYCLING BIB TIGHT(サーミナル サイクリング ビブタイツ)がおすすめです。ロードバイクの秋の服装に悩むあなたに、ジャストフィット間違いなし!
2018年秋冬アパレルをオンラインストアでチェックする>

秋のライドを快適にしてくれる魔法の素材「THERMINAL」
THERMINAL LONG SLEEVE JERSEY

THERMINAL LONG SLEEVE JERSEYをオンラインストアでチェックする>
THERMINAL JERSEY LONG SLEEVE WOMENをオンラインストアでチェックする>


モデルは身長173センチ、体重66キロ、ジャージSサイズ、タイツはMサイズを着用。

「THERMINAL LONG SLEEVE JERSEY」と「THERMINAL CYCLING BIB TIGHT」は、肌寒さを感じるようになった季節に着る、ジャージ&ビブショーツ。
秋のサイクリングというと、アームウォーマーやレッグウォーマー、そしてウィンドブレーカーを使用してこまめに調整するという人が多いでしょう。ただ、少しずつ秋が深まってくると結局のところ、ずっとウォーマーやウィンドブレーカーを着用していることもあります。であれば、なるべく少ない着用枚数で済ませたいところ。

今回紹介するジャージとビブショーツには、製品名にも冠されている「THERMINAL」という素材が使われています。

実際にTHERMINAL LONG SLEEVE JERSEYを手にとってみると、比較的薄手に感じるロングスリーブながら裏地は起毛フリースになっていることがわかります。この生地が、ウェアと肌の間にあたたかい空気を閉じ込めて、保温性を発揮します。

しかし、運動強度が上がれば汗をかきますし、そのとき暑すぎると感じるウェアではいけません。その点THERMINALは、繊維が水分を吸い上げて発散させるという、すばらしい機能をもっており、ウェアと肌の間を快適に保ってくれるのが特徴です。

フロントジッパーは身体に当たらず不快に感じることがないだけでなく、引き手が上を向いた状態では、グローブをした状態でも片手でスムーズに動かすことができます。暑さを感じるようであれば、ジッパーを下げて空気を取り入れることで、温度を調整しましょう。ジッパーの引き手が下を向いているときはロックがかかるので、勝手に開いてしまうことがありません。また、フロントジッパーをいちばん上までしっかり上げれば襟が立つので、肌寒いときは、冷たい空気が侵入するのを防ぎます。

 

ウォーマーやウィンドブレーカーなしに、これ1枚で秋特有の環境に対応できるのが、THERMINAL LONG SLEEVE JERSEYなのです。スペシャライズドのジャージとしては、ピチピチすぎない標準的な「スタンダードフィット」を採用し、伸縮性に優れているので、ライド中の身体の動きを妨げることはありません。物の出し入れがしやすいバックポケットも備えており、実用性も十分です。

2018年秋冬アパレルをオンラインストアでチェックする>

THERMINAL CYCLING BIB TIGHT
もうひとつのアイテム、ボトムスのTHERMINAL CYCLING BIB TIGHTは、膝など肉付きの薄い部分にTHERMINALを重点的に使用しているのがポイントです。


THERMINAL CYCLING BIB TIGHTをオンラインストアでチェックする>
THERMINAL CYCLING TIGHT WOMENをオンラインストアでチェックする>

保温しつつ水分は発散させるTHERMINALを適材適所で用い、さらには前面には「Deflect」という防風パネルも用いることで「あたたかい」けれど「暑すぎない」というバランスを実現しました。

厚手すぎず、関節を曲げやすいパターンにより、ペダリングもしやすくなっています。また、裾とシューズまたはシューズカバーの間のすきまをなくすアンクルゲイターを採用しているので、「足首から寒い風がスース―入ってくる」なんてこともありません。
Deflectシリーズについて>

 

温暖な地域であれば、トレーニングからサイクリングまで幅広く、そして冬物のヘビーデューティーなジャケットやビブタイツよりも長い期間活躍する、THERMINALを使用したアイテムたち。
「THERMINAL LONG SLEEVE JERSEY」は、メンズとウィメンズが用意されており、ボトムスはメンズ向けに「THERMINAL CYCLING BIB TIGHT」、そしてウィメンズ向けにはビブではない「THERMINAL CYCLING TIGHT WOMEN」が用意されています。
季節の変わり目を快適に過ごすための、マストアイテムです!


モデルは身長161センチ、ジャージ・タイツ共にXSサイズを着用。

メンズ
THERMINAL LONG SLEEVE JERSEYをオンラインストアでチェックする>
THERMINAL CYCLING BIB TIGHTをオンラインストアでチェックする>

 

ウィメンズ
THERMINAL JERSEY LONG SLEEVE WOMENをオンラインストアでチェックする>
THERMINAL CYCLING TIGHT WOMENをオンラインストアでチェックする>

2018年秋冬アパレルをオンラインストアでチェックする>

Photo:🄫Ryuta Iwasaki

【筆者紹介】:須貝弦
万年ビギナー状態だが、それでも自転車で地元の里山をめぐることを心のヨリドコロとするフリーライター。「年に1度だけ、レースにも出ます」と書いていたが、今年は目標としていたレースが台風で中止になり残念。

関連記事:
2017年 秋冬アパレル入荷!! SBCU先生が語る「秋には秋のジャージが有効である理由」
(2017年10月13日)
なぜスペシャライズドがサイクルジャージを作るのか(2017年03月07日)

2018/10/14

ライドを快適にするスペシャライズドの2018秋冬アパレル

秋のライドを快適にするTHERMINAL LONG SLEEVE JERSEY & THERMINAL CYCLING BIB TIGHTをご紹介します。

ライドを快適にするスペシャライズドの2018秋冬アパレル

秋は1日の中で、そして日によっても気温差が大きな季節。
肌寒さと温かさが同居する――そんな秋には、保温性をもちつつも暑くなりすぎず快適さを保つ「THERMINAL LONG SLEEVE JERSEY(サーミナル ロングスリーブ ジャージ)」と「THERMINAL CYCLING BIB TIGHT(サーミナル サイクリング ビブタイツ)がおすすめです。ロードバイクの秋の服装に悩むあなたに、ジャストフィット間違いなし!
2018年秋冬アパレルをオンラインストアでチェックする>

秋のライドを快適にしてくれる魔法の素材「THERMINAL」
THERMINAL LONG SLEEVE JERSEY

THERMINAL LONG SLEEVE JERSEYをオンラインストアでチェックする>
THERMINAL JERSEY LONG SLEEVE WOMENをオンラインストアでチェックする>


モデルは身長173センチ、体重66キロ、ジャージSサイズ、タイツはMサイズを着用。

「THERMINAL LONG SLEEVE JERSEY」と「THERMINAL CYCLING BIB TIGHT」は、肌寒さを感じるようになった季節に着る、ジャージ&ビブショーツ。
秋のサイクリングというと、アームウォーマーやレッグウォーマー、そしてウィンドブレーカーを使用してこまめに調整するという人が多いでしょう。ただ、少しずつ秋が深まってくると結局のところ、ずっとウォーマーやウィンドブレーカーを着用していることもあります。であれば、なるべく少ない着用枚数で済ませたいところ。

今回紹介するジャージとビブショーツには、製品名にも冠されている「THERMINAL」という素材が使われています。

実際にTHERMINAL LONG SLEEVE JERSEYを手にとってみると、比較的薄手に感じるロングスリーブながら裏地は起毛フリースになっていることがわかります。この生地が、ウェアと肌の間にあたたかい空気を閉じ込めて、保温性を発揮します。

しかし、運動強度が上がれば汗をかきますし、そのとき暑すぎると感じるウェアではいけません。その点THERMINALは、繊維が水分を吸い上げて発散させるという、すばらしい機能をもっており、ウェアと肌の間を快適に保ってくれるのが特徴です。

フロントジッパーは身体に当たらず不快に感じることがないだけでなく、引き手が上を向いた状態では、グローブをした状態でも片手でスムーズに動かすことができます。暑さを感じるようであれば、ジッパーを下げて空気を取り入れることで、温度を調整しましょう。ジッパーの引き手が下を向いているときはロックがかかるので、勝手に開いてしまうことがありません。また、フロントジッパーをいちばん上までしっかり上げれば襟が立つので、肌寒いときは、冷たい空気が侵入するのを防ぎます。

 

ウォーマーやウィンドブレーカーなしに、これ1枚で秋特有の環境に対応できるのが、THERMINAL LONG SLEEVE JERSEYなのです。スペシャライズドのジャージとしては、ピチピチすぎない標準的な「スタンダードフィット」を採用し、伸縮性に優れているので、ライド中の身体の動きを妨げることはありません。物の出し入れがしやすいバックポケットも備えており、実用性も十分です。

2018年秋冬アパレルをオンラインストアでチェックする>

THERMINAL CYCLING BIB TIGHT
もうひとつのアイテム、ボトムスのTHERMINAL CYCLING BIB TIGHTは、膝など肉付きの薄い部分にTHERMINALを重点的に使用しているのがポイントです。


THERMINAL CYCLING BIB TIGHTをオンラインストアでチェックする>
THERMINAL CYCLING TIGHT WOMENをオンラインストアでチェックする>

保温しつつ水分は発散させるTHERMINALを適材適所で用い、さらには前面には「Deflect」という防風パネルも用いることで「あたたかい」けれど「暑すぎない」というバランスを実現しました。

厚手すぎず、関節を曲げやすいパターンにより、ペダリングもしやすくなっています。また、裾とシューズまたはシューズカバーの間のすきまをなくすアンクルゲイターを採用しているので、「足首から寒い風がスース―入ってくる」なんてこともありません。
Deflectシリーズについて>

 

温暖な地域であれば、トレーニングからサイクリングまで幅広く、そして冬物のヘビーデューティーなジャケットやビブタイツよりも長い期間活躍する、THERMINALを使用したアイテムたち。
「THERMINAL LONG SLEEVE JERSEY」は、メンズとウィメンズが用意されており、ボトムスはメンズ向けに「THERMINAL CYCLING BIB TIGHT」、そしてウィメンズ向けにはビブではない「THERMINAL CYCLING TIGHT WOMEN」が用意されています。
季節の変わり目を快適に過ごすための、マストアイテムです!


モデルは身長161センチ、ジャージ・タイツ共にXSサイズを着用。

メンズ
THERMINAL LONG SLEEVE JERSEYをオンラインストアでチェックする>
THERMINAL CYCLING BIB TIGHTをオンラインストアでチェックする>

 

ウィメンズ
THERMINAL JERSEY LONG SLEEVE WOMENをオンラインストアでチェックする>
THERMINAL CYCLING TIGHT WOMENをオンラインストアでチェックする>

2018年秋冬アパレルをオンラインストアでチェックする>

Photo:🄫Ryuta Iwasaki

【筆者紹介】:須貝弦
万年ビギナー状態だが、それでも自転車で地元の里山をめぐることを心のヨリドコロとするフリーライター。「年に1度だけ、レースにも出ます」と書いていたが、今年は目標としていたレースが台風で中止になり残念。

関連記事:
2017年 秋冬アパレル入荷!! SBCU先生が語る「秋には秋のジャージが有効である理由」
(2017年10月13日)
なぜスペシャライズドがサイクルジャージを作るのか(2017年03月07日)

CALENDAR/カレンダー

<< 2018年11月 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

TAG/タグ

TAG/タグ