非日常へ導く究極のグラベルバイク 新型Divergeデビュー

2020/05/08

非日常へ導く究極のグラベルバイク 新型Divergeデビュー

自由、冒険、コミュニティー。舗装路の終点は旅の始まり。これぞ、グラベル。

その名を授かるはるか昔から、多くのライダーが楽しんできたジャンルです。全力で取り組むグラベルライド、名もなき土地へのライド、フローなシングルトラックライドのどれにもぴったりなバイクとギアを、スペシャライズドは用意しています。

新型Divergeラインナップはこちら>
新型Divergeスペック比較表>
新型Diverge FAQはこちら>

非日常へ導く究極のグラベルバイク

新型Divergeは、スペシャライズド史上もっとも走破性の高いグラベルバイクであるだけでなく、気ままな散策ライドにもぴったりの性能を持ち合わせています。勝利を追い求めるライダーたちから離れ、日々の単調な仕事から抜け出し、おきまりのルート以外に目を向けつつ、過酷な地形を速く、確実に、そして安心して走破できます。

FUTURE SHOCK 2.0

そもそも、Future Shockは石畳を走るために開発されましたが、荒れた道路、砂利に厚く覆われたグラベル、ガタガタのダートを走るのにもぴったりのテクノロジーであることは言うまでもありません。Future Shock 2.0は調整式の油圧ダンパーを備え、確実な操作を可能にしつつ、手、腕、肩を路面振動による疲労から守ります。

安心感の高さがさらなる速さへとつながる

求めるべきは、「グラベルバイクにふさわしいジオメトリー」ではなく「グラベルライダーに必要なもの」。他社の動向がどうであれ、スペシャライズドはシッティングポジションの多いグラベルライドにとても有効なプログレッシブなジオメトリーを開発しました。「ブレーキレバーから手を放そう。大丈夫だから」。そんな安心感を高めるジオメトリーです。

@ 長めで寝かせ気味
Epicを参考に、ヘッドアングルを寝かせてリーチを伸ばし、コックピットを縮めることによって新型Divergeの安定性を高めました。タイヤが沈んでしまうグラベルや轍だらけのダートでもバイクを確実に操作でき、ペダルをパワフルに踏み込めます。

Aオフセット

オフセットを増やした新型Divergeの新しいフォークなら、高速域でもハンドルバーを切りにくく、あるいはフロントホイールが安定性に欠くと感じることはありません。

BBBは高め、重心は低め

新型Divergeのボトムブラケットを6mm上げ、ペダルと路面とのクリアランスを広げてより機敏な走りを実現しました。さらに80mmのハンガー下がりはグラベルバイクとしてはもっとも低い部類に入り、安定性に優れています。

C優れた前後バランス

新型Divergeのチェーンステー長は425mm。ライダーの真下にリアホイールが位置し、すばやい加速と機敏なハンドリング性を発揮すると同時に、バイクの前後バランスに優れているため高い安心感が得られます。

INNOVATE OR DIE

革新か、さもなくば死を。スペシャライズドにはスーパーコンピュータも風洞実験施設もあり、最近では3Dプリントでサドルを製造しています。しかし、時として自らの手でモノを作ることも大切です。開発チームは新しいプログレッシブジオメトリーを考え出すと、計算式だけでは正しい答えが導き出せなかったため、フレームをノコギリで切断し、カーボンファイバーを付け足して加工しました。こうして実際に乗車できるテストバイクをカリフォルニア州モーガンヒル本社で完成させ、実世界で新たな風を巻き起こすジオメトリーを生み出したのです。

タイヤクリアランスで“ 広がる” 楽しさ


タイヤクリアランスほどライドのバリエーションを広げるものはありません。そこで、新型Divergeでは700c ホイールで47mm、650B ホイールで2.1インチ幅のタイヤを履けるようにしました。太すぎる、なんて声も聞こえてきそうですが、それだけ大ボリュームのタイヤで下り坂を走れるのだから、楽しいことに間違いはないでしょう。

イチから見直したチェーンステー

タイヤクリアランスは十分に確保したいけれど、チェーンステーを伸ばしたり、重たくてトレイル上の障害物にヒットして壊れやすいドロップド・チェーンステーを採用したりはしたくない。導き出された答えこそ、ドライブサイドのチェーンステーに細いカーボンビームを使うというものでした。こうして、相反する2つを同時に実現できたのです。

必要なものを、必要なときに

取り出せる場所に新型DivergeのSWAT ストレージなら、ポケット内のギアをフレームの下部に収納することができ、ハンドリング性と快適性の向上を見込めます。エイドステーションをそのまま過ぎ去る時でも、あるいは見知らぬ土地でのライドに持っていくギアを増やすことができます。SWATポッドにより、中身を濡らすことなく整理できます。

速さ、走破性、軽さのどれもが最高

わずか1000g以下の新型Divergeのフレーム(S-Worksモデル:サイズ56)は、クリアランスの狭い、余計なものを削ぎ落としたグラベルレースフレームよりも軽量でありながら、走破性に優れています。上り坂もレースも、あるいはパックとフェンダーを付けての長距離ライドも他のグラベルフレームより速くて軽い新型Divergeにおまかせください。

Turbo Creo SL EVOで体験するまったく新しいスポーツ

比類なき軽さ、パワー、航続距離、通信性を備えたTurbo Creo SLの革新的なパフォーマンスを用いて、Turbo Creo SL EVOを開発しました。今まで以上の速さでグラベルのロングライドに挑んでみませんか?

Turbo Creo SL EVOについて詳しく>

GRAVEL GOODS

ビブを履いたままストーリーを共有し、ビールを飲む。そんなライド後のお楽しみにたっぷり時間を費やすと、ストーリー以上にライダーが伝えるのが好きなものが見えてきました。そう、グラベルグッズのことです。

RECON SHOE

世界中で圧倒的な速さを見せつけているS-Works Reconシューズをベースに生まれたRecon 1.0、2.0、そして3.0シューズ。Body Geometryデザインによる快適さとSTRIDE Toe-Flex テクノロジーを備え、すべてのライダーにダートライドの楽しさを提供します。(日本ではS-WorksRecon 2.0を展開)

万人向けのオフロード性能 THE RECON FAMILYについて>


S-Works Reconシューズをチェック


Recon 2.0シューズをチェック

RHOMBUS PRO TIRE

新登場のRHOMBUS PRO TIREは、ガタガタの路面を攻めて走るのに適したアグレッシブなトレッドを備えたタイヤです。最新のグラベルバイクはタイヤクリアランスが広く、高い走破性で、これまで以上に激しく走ることができます。そんなグラベルバイクのライドクオリティーにとって欠かせないタイヤには、Rhombus Proを選べば間違いありません。他のタイヤとは比べものにならないほどトラクションに優れ、コーナーを安心して抜けることができ、シングルトラックに突入しても乗り心地は快適なまま。グラベルバイクで攻めるなら、迷わずRhombus Proを選びましょう。


RHOMBUS PRO TIREをチェック

DEFLECT JACKET WITH SWAT

通気性と耐風耐水性のジャケットで急な天候の変化に備えましょう。Men's Deflect™ Jacket w/ SWAT™はポケットにジャケット自体を畳んで入れ込むことができ、バイクのSWAT ストレージにすっぽり収まるサイズです。
Deflect(ディフレクト)シリーズについて>

Men's Deflect™ Jacket w/ SWAT™をチェック

S-Works

Pro Carbon

Expert Carbon

Comp Carbon

Sport Carbon

Comp E5

Elite E5

BaseE5


*E5 Baseのみ機械式。それ以外のモデルは油圧式

新型Divergeについて詳しく>
新型Diverge開発ストーリー>
スペシャライズドグラベルバイクをチェック>

関連記事
新型Divergeに関するFAQ(2020年5月8日)
Divergeで日本一周に挑戦!番外編(2018年11月15日)
Divergeで日本一周に挑戦!Vol.1(2018年7月19日)
Divergeで日本一周に挑戦!Vol.2(2018年8月26日)
Divergeで日本一周に挑戦!Vol.3(2018年10月20日)

2020/05/08

非日常へ導く究極のグラベルバイク 新型Divergeデビュー

自由、冒険、コミュニティー。舗装路の終点は旅の始まり。これぞ、グラベル。

非日常へ導く究極のグラベルバイク 新型Divergeデビュー

その名を授かるはるか昔から、多くのライダーが楽しんできたジャンルです。全力で取り組むグラベルライド、名もなき土地へのライド、フローなシングルトラックライドのどれにもぴったりなバイクとギアを、スペシャライズドは用意しています。

新型Divergeラインナップはこちら>
新型Divergeスペック比較表>
新型Diverge FAQはこちら>

非日常へ導く究極のグラベルバイク

新型Divergeは、スペシャライズド史上もっとも走破性の高いグラベルバイクであるだけでなく、気ままな散策ライドにもぴったりの性能を持ち合わせています。勝利を追い求めるライダーたちから離れ、日々の単調な仕事から抜け出し、おきまりのルート以外に目を向けつつ、過酷な地形を速く、確実に、そして安心して走破できます。

FUTURE SHOCK 2.0

そもそも、Future Shockは石畳を走るために開発されましたが、荒れた道路、砂利に厚く覆われたグラベル、ガタガタのダートを走るのにもぴったりのテクノロジーであることは言うまでもありません。Future Shock 2.0は調整式の油圧ダンパーを備え、確実な操作を可能にしつつ、手、腕、肩を路面振動による疲労から守ります。

安心感の高さがさらなる速さへとつながる

求めるべきは、「グラベルバイクにふさわしいジオメトリー」ではなく「グラベルライダーに必要なもの」。他社の動向がどうであれ、スペシャライズドはシッティングポジションの多いグラベルライドにとても有効なプログレッシブなジオメトリーを開発しました。「ブレーキレバーから手を放そう。大丈夫だから」。そんな安心感を高めるジオメトリーです。

@ 長めで寝かせ気味
Epicを参考に、ヘッドアングルを寝かせてリーチを伸ばし、コックピットを縮めることによって新型Divergeの安定性を高めました。タイヤが沈んでしまうグラベルや轍だらけのダートでもバイクを確実に操作でき、ペダルをパワフルに踏み込めます。

Aオフセット

オフセットを増やした新型Divergeの新しいフォークなら、高速域でもハンドルバーを切りにくく、あるいはフロントホイールが安定性に欠くと感じることはありません。

BBBは高め、重心は低め

新型Divergeのボトムブラケットを6mm上げ、ペダルと路面とのクリアランスを広げてより機敏な走りを実現しました。さらに80mmのハンガー下がりはグラベルバイクとしてはもっとも低い部類に入り、安定性に優れています。

C優れた前後バランス

新型Divergeのチェーンステー長は425mm。ライダーの真下にリアホイールが位置し、すばやい加速と機敏なハンドリング性を発揮すると同時に、バイクの前後バランスに優れているため高い安心感が得られます。

INNOVATE OR DIE

革新か、さもなくば死を。スペシャライズドにはスーパーコンピュータも風洞実験施設もあり、最近では3Dプリントでサドルを製造しています。しかし、時として自らの手でモノを作ることも大切です。開発チームは新しいプログレッシブジオメトリーを考え出すと、計算式だけでは正しい答えが導き出せなかったため、フレームをノコギリで切断し、カーボンファイバーを付け足して加工しました。こうして実際に乗車できるテストバイクをカリフォルニア州モーガンヒル本社で完成させ、実世界で新たな風を巻き起こすジオメトリーを生み出したのです。

タイヤクリアランスで“ 広がる” 楽しさ


タイヤクリアランスほどライドのバリエーションを広げるものはありません。そこで、新型Divergeでは700c ホイールで47mm、650B ホイールで2.1インチ幅のタイヤを履けるようにしました。太すぎる、なんて声も聞こえてきそうですが、それだけ大ボリュームのタイヤで下り坂を走れるのだから、楽しいことに間違いはないでしょう。

イチから見直したチェーンステー

タイヤクリアランスは十分に確保したいけれど、チェーンステーを伸ばしたり、重たくてトレイル上の障害物にヒットして壊れやすいドロップド・チェーンステーを採用したりはしたくない。導き出された答えこそ、ドライブサイドのチェーンステーに細いカーボンビームを使うというものでした。こうして、相反する2つを同時に実現できたのです。

必要なものを、必要なときに

取り出せる場所に新型DivergeのSWAT ストレージなら、ポケット内のギアをフレームの下部に収納することができ、ハンドリング性と快適性の向上を見込めます。エイドステーションをそのまま過ぎ去る時でも、あるいは見知らぬ土地でのライドに持っていくギアを増やすことができます。SWATポッドにより、中身を濡らすことなく整理できます。

速さ、走破性、軽さのどれもが最高

わずか1000g以下の新型Divergeのフレーム(S-Worksモデル:サイズ56)は、クリアランスの狭い、余計なものを削ぎ落としたグラベルレースフレームよりも軽量でありながら、走破性に優れています。上り坂もレースも、あるいはパックとフェンダーを付けての長距離ライドも他のグラベルフレームより速くて軽い新型Divergeにおまかせください。

Turbo Creo SL EVOで体験するまったく新しいスポーツ

比類なき軽さ、パワー、航続距離、通信性を備えたTurbo Creo SLの革新的なパフォーマンスを用いて、Turbo Creo SL EVOを開発しました。今まで以上の速さでグラベルのロングライドに挑んでみませんか?

Turbo Creo SL EVOについて詳しく>

GRAVEL GOODS

ビブを履いたままストーリーを共有し、ビールを飲む。そんなライド後のお楽しみにたっぷり時間を費やすと、ストーリー以上にライダーが伝えるのが好きなものが見えてきました。そう、グラベルグッズのことです。

RECON SHOE

世界中で圧倒的な速さを見せつけているS-Works Reconシューズをベースに生まれたRecon 1.0、2.0、そして3.0シューズ。Body Geometryデザインによる快適さとSTRIDE Toe-Flex テクノロジーを備え、すべてのライダーにダートライドの楽しさを提供します。(日本ではS-WorksRecon 2.0を展開)

万人向けのオフロード性能 THE RECON FAMILYについて>


S-Works Reconシューズをチェック


Recon 2.0シューズをチェック

RHOMBUS PRO TIRE

新登場のRHOMBUS PRO TIREは、ガタガタの路面を攻めて走るのに適したアグレッシブなトレッドを備えたタイヤです。最新のグラベルバイクはタイヤクリアランスが広く、高い走破性で、これまで以上に激しく走ることができます。そんなグラベルバイクのライドクオリティーにとって欠かせないタイヤには、Rhombus Proを選べば間違いありません。他のタイヤとは比べものにならないほどトラクションに優れ、コーナーを安心して抜けることができ、シングルトラックに突入しても乗り心地は快適なまま。グラベルバイクで攻めるなら、迷わずRhombus Proを選びましょう。


RHOMBUS PRO TIREをチェック

DEFLECT JACKET WITH SWAT

通気性と耐風耐水性のジャケットで急な天候の変化に備えましょう。Men's Deflect™ Jacket w/ SWAT™はポケットにジャケット自体を畳んで入れ込むことができ、バイクのSWAT ストレージにすっぽり収まるサイズです。
Deflect(ディフレクト)シリーズについて>

Men's Deflect™ Jacket w/ SWAT™をチェック

S-Works

Pro Carbon

Expert Carbon

Comp Carbon

Sport Carbon

Comp E5

Elite E5

BaseE5


*E5 Baseのみ機械式。それ以外のモデルは油圧式

新型Divergeについて詳しく>
新型Diverge開発ストーリー>
スペシャライズドグラベルバイクをチェック>

関連記事
新型Divergeに関するFAQ(2020年5月8日)
Divergeで日本一周に挑戦!番外編(2018年11月15日)
Divergeで日本一周に挑戦!Vol.1(2018年7月19日)
Divergeで日本一周に挑戦!Vol.2(2018年8月26日)
Divergeで日本一周に挑戦!Vol.3(2018年10月20日)

CALENDAR/カレンダー

<< 2020年6月 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

TAG/タグ

TAG/タグ