商品説明

ステム

調節可能で経済的なこのステムは、ステム角度の微調整によって効率と快適性を最適にできます。
■3D鍛造、CNC加工、6061アルミ合金製のロード/MTB対応ステム。
■4本ボルトのオーバーサイズ31.8mmハンドルバーインターフェース。フェースプレート付き。
■トップキャップと4度、2度、0度のシムが付属。
■4度、12度、17度の角度が利用可能。
■4度:10段階の角度ポジション=±0度〜8度、2度刻み。
■12度:10段階の角度ポジション=±8度〜16度、2度刻み。
■17度:10段階の角度ポジション=±13度〜21度、2度刻み。
■複合素材のハンドルバーに対応。
■重量:約188g(110mmの場合)

COMP MULTI STEM

商品番号:20015-1020

¥4,950(税込)

カラー・サイズを選択してください。

カラー:
ブラック/チャコール
サイズ:
31.8X75 17D
31.8X75 12D
31.8X90 12D
31.8X100 12D
31.8X110 12D
31.8X120 12D
31.8X75 17D
31.8X90 17D
31.8X100 17D
31.8X110 17D
31.8X120 17D
31.8X75 4D
31.8X90 4D
31.8X120 4D
在 庫:
4
お気に入りに追加

INSTRUCTION MANUAL/取扱説明

警告!注意事項をよくお読みください。注意事項に従わない場合、重大な事故や死亡事故につながる可能性があります。以下の指示をお読みください。

■自転車の組み付けには、訓練と経験を必要とする複雑な作業です。この製品に関して、あなたの組み付けの知識、技術に不安がある場合はサポートショップのメカニックに作業を依頼することをお勧めします。
■自転車を構成するすべての部品は、組立、保管、および乗車の際に注意が必要です。組立時のトルク管理とともに日常点検を実施し安全を確保してください。外部のへこみ、擦り切れ、深い引っかき傷、打痕、破断、欠け、その他の損傷がある場合、破断する可能性がありますので、交換する必要があります。特にカーボン素材の損傷は、視覚的に認識することは困難です。衝撃を受けた等の損傷の疑いがあれば、視覚的に損傷を認識できる場合もそうでない場合でも、サポーショップにて検査することを推奨します。
■この取付説明書の推奨トルクは、スペシャライズド製品に限定されます。推奨トルクを超えないようにしてください。組み付け相手側の部品に関しては、それぞれの部品の推奨トルクを参照し、常に低い方のトルクでの締め付けを推奨します。
■フォークとステムのクランプ面にバリがないことを確認してください。バリがある場合、接触面が損傷し破損する恐れがあります。バリがある場合は、サンドペーパーを用い取り除いてください。
■スペシャライズド製ステムのステアアチューブ直径は28.6mm、ハンドルバークランプの直径は31.8mmです。ステアチューブおよび、ハンドルバーの直径がステムに適合していることを確認してください。
■クランプ面にグリスなどの油分がないことを確認してください。油分によって、固定に必要な摩擦力が得られない可能性があります。カーボン製ハンドルバー接触面には摩擦力を高めるために、カーボンアセンブリペーストの塗布を推奨します。

ステムのステアチューブへの取り付け(マルチポジションステム)
フォークコラムがカーボン製の場合は、過去のスペシャライズド製ステアチューブプラグ、または現行品スペシャライズドカーボン製フォークコラム用ステアチューブプラグ(別売り)を取り付けてください。図4の形状を参照してください。
ステアチューブプラグのボルト推奨トルクは9.0N・m (80in-lbf)です。詳しくは、カーボン製フォークコラム用ステアチューブプラグの取付説明書を参照してください。
1.フォークとヘッドセットを取り付けます。
2.ヘッドセットスペーサーとステムを取り付けます。(図5)
  ※ステムとヘッドチューブの間に取り付けることができる最大のスタックは40mmまでです。40mmを超えるとステアチューブの強度が不足し、破損する恐れがあります。
  ※ステムの上にスペーサーを取り付けないでください。ステアチューブプラグがステムのクランプ部分に位置しないため、ステアチューブを補強できなくなります。
3.ステムに付属のトップキャップを取り付けます。トップキャップのボルト穴は偏心しているため、ステアチューブプラグのネジ穴に対して一直線上になるようにセットしてください。取り付けるシムの角度によって、トップキャップの取り付け向きが変わります。トップキャップボルトは、ヘッドベアリングにガタつきがなく、ハンドルがなめらかに回転するよう適切に締め付けてください。
4.ステアチューブにステムのクランプボルトを手の力で上下均等に締め付けます。ボルトの締め付けは、上下順番に0.5N・m (5in-lbf)ずつ、規定トルクになるまで締め付けます。
  ※ステム側のステアチューブクランプボルト推奨トルク:5.0N・m (45in-lbf)(ボルト2本)



ハンドルバーの取り付け
1.ステムとハンドルバーの中心を合わせ、取り付けたい角度にハンドルバーを設定します。
2.ステムのフェイスプレートを取り付け、仮止めします。
3.ボルトを手の力で均等に締め、ステム本体とフェイスプレートの隙間がそれぞれのボルト位置上で均等であることを確認します。
4.ボルトの締め付けは、図6の順番で0.5N・m (5in-lbf)ずつ、規定トルクになるまで締め付けます。ハンドル製造者の推奨トルクを参照し、スペシャライズドの推奨トルクを超えないようにしてください。
  ※ステム側のハンドル取り付け推奨トルク:5.0 N・m (45in-lbf)(ボルト4本)



最近見た商品