商品説明

マウンテンバイク エピック

クロスカントリーレースは過去10年間で、全く別者へと変身しました。コースはどんどん激しくなり、昔の面影が一切残っていないのです。このため、ただ軽くて剛性が高いだけでなく、下りも登りと同じだけ走れるようなバイクが求められることに気づきました。現在のXC レースジオメトリーにトレイルバイクのDNAを注ぎ込んだため、最適なジオメトリー選びは簡単でした。トップチューブを伸ばし、ヘッドチューブを縮めてフロントエンドを寝かせ、ダウンヒルでの安定性を大幅に向上させつつ、フィットの幅も広めたのです。そしてもちろん、登りの性能は一切の悪影響を受けていません。やはり大変だったのは、重量面です。すでに十分に軽いフレームをさらに軽くしなければならなかったのですが、それは優秀なエンジニアの腕に頼りました。 これまで、フレームを軽くするには2通りの方法がありました。同じグレードのカーボンで使用量を減らすか、よりグレードの高いカーボンにして使用量を減らすか、です。前者では剛性と強度という肝心かなめの特質が犠牲になりますから、これを選ぶのは賢明ではありません。2番目の選択肢を選んだものの、カーボンのグレードを変えることで削減できる重さは少なすぎて、私たちは満足できませんでした。それ以外に重量をカットできる方法は? 私たちはカーボンレイアップの手順に目を向け、これを改良できないか検討しはじめました。すると、新しい発見――レイアップの非効率性――があったのです。 まず、スペシャライズド独自のライダーファースト・エンジニアード?フレームテクノロジーで、どのサイズのEpic Hardtailもそのサイズに応じて最適に設計しました。そのために、何百時間分ものライドデータに基づいてカーボンレイアップとチューブを入念に選びました。どういう意味かって? それは、あらゆるフレームサイズで剛性と軽量性と反応性の最適のバランスが実現されただけでなく、レイアップの研究を通じてどうやれば軽量化できるかをわれわれが発見したということです。 レイアップを細かく調べ上げた結果、構造と積層方法に手を加えることで、重量を大幅に削減しつつ、トップレベルのXCレースバイクが備えているべき走りの特徴は保てることがわかりました。そこでそれぞれのフレームに、接合部の重複箇所を減らす、複雑にカットされたカーボンの層を採用しました。部品数が増え、フレームの作製はまるで難しいパズルのようでしたが、これら部品を賢く配置することで軽量化が可能になり、接合部は強化され、剛性が大幅に上がりました。次に、12mと名付けた日本製の軍用グレードカーボンを用いて、スペシャライズド史上最軽量のマウンテンバイクフレームが誕生しました。Lサイズで900g未満、これは水で満たした24オンスのPurist ウォーターボトルと同じ重さです。 S-Worksは妥協を一切すべきでないという考えから、 Brain搭載のロックショックス・SID World Cup フォーク、スラムXX1 Eagle?12速シフティング、スラム Level Ultimate 油圧式ディスクブレーキ、手組みのRoval Control SL カーボンホイールなど、一流パーツのみを採用しています。
■剛性、驚異的な軽量性、強度の最適なブレンドを実現するため、フレームはFACT 12mカーボンファイバーで製造。そこにスペシャライズドのXC 29ジオメトリーを組み合わせたEpicは、レースの日ともなれば、どんなコースでも妥協のない猛スピードと機敏なハンドリングでの疾走を保証。
■Brainを搭載したロックショックスSIDワールドカップ29フォークが90/100mmの効果的なトラベルを提供。Brainテクノロジーは路面から受ける力とライダーがこぐ力を識別し、ライダーのパワーを最大限利用。バンプがないところではBrain Fadeがオイルの流れを調整して効率の高いライドを実現。
■ワンバイ・ドライブトレインを制御するのはスラムの名高いXX1イーグル・コンポーネント。このシステムは究極の効率性と直観的なフィーリングを生み、さらにかなりの重量削減と、メンテナンスが最小限で済むというメリットも提供。

S-WORKS EPIC HT MEN CARBON SRAM 29

商品番号:91319-0003

¥1,001,000(税込)

カラー・サイズを選択してください。

カラー:
グロスカーボン/ロケットレッド
サイズ:
M
S
M
L
在 庫:
完売
お気に入りに追加
バイク,注文,受取方法 サイズの選び方

TECHNICAL SPECIFICATION / スペック

GEOMETRY / ジオメトリー


最近見た商品